忍者ブログ
HOME > > [PR] > Mac、IT > キッパリ優柔不断 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

草薙くん、なかなかヘビーな気分転換やね。
へべれけで真っ裸になったらあかんのんか?放っといたりぃな。
でも、小室哲哉は実刑10年くらいでもかまわん。
ま、どうでもいいこっちゃ。
チベット旅行記のSlideshow「鳥葬」途中まで写真追加しましたえ
これはどうでもよくない。



なるほど、相場を見る気分とはこんなものか。

価格.comでiMacの価格変動を眺めながら現在タイミングを計っている。どうやら現在は4月上旬に一度ピーク的な値上がりのあとの値下がり局面にあるのだが、一体どこまで下げるのか。在庫をなくす為の安値なのか、何だろうか。最低価格の更新記録を見ていると数秒単位で下がり続けている。うーむ…。
価格.comはデジタル一眼を買う際にも参考にしたけど、今回ほど丁寧にチェックした事はなかった。案外こんなデータものせているのかと云う発見もあり、なかなか楽しいのだが、考え込むとどこまでも深く沈下して複雑にこんがらがってしまう。そのうちヤマダ電機のポイント加算とか考え出すと収拾がつかなくなってきた。

こんなことは以前なら考えられなかった。だってね、iMacは殆ど値引きされないのが定石で、たいていメモリー増設などセットモデルの値段に差があるくらいだったんよね。それで大抵一番安い店も決まっていたんだけど、いやはや、変わるもんだね。
確か4、5年前にG5買った時は、ネットで調べても殆どアップルの店で買うのと変わらないから結局いつもの店が一番安かった。だから先週ネット上では価格.comが最安値だと気づくまで、いつもの店で購入するつもりでいたのだった。ほんと、今回は優柔不断で良かったさ。
とはいえ、このままでは埒があかないので、買う事を前提に頭を切り替える事に今決めました!本当にたった今でごわす。どのみち買わなきゃならない状況がヒタヒタと迫ってもいるのである。たとえばFirefoxが最近アップデートしたでしょ。気のせいかG4がやや辛そうに感じるんよね。それに普通のYoutubeですらスムーズに再生できない。G5でも辛いHDの動画再生は端から考えてませんがの。他にも端々で不安にさせる挙動が増えてきたりで、やや心許なさを感じている。G5がまともに使えない状況で、もしG4がアウトになったら、ハイ皆さんさようなら!である。無精者の私がネカフェに行ってまで更新するなんてあり得ないからね。携帯から更新?イヤです。で、なに書いてるんだっけ?

なわけで、iMac買います。やっとintel。懐が厳しいけど、買わないとヤバい。べつに無けりゃ無いで生活に困らないが、インターネット無しは今さらキツいものがある。それでもG4はWeb限定ならサブとして十分つかえるから大事に使う。さて問題はG5。ちゃんと動いてくれるのなら買い取ってもらうんだけどね。ネットで調べたら買い取り価格は3万ちょいが上限だけど、更にメモリー増設の上乗せがある筈。だけど査定検査でちゃんと作動しなけりゃ話にならんから、取りあえず起動ディスクから修復して理論的に問題ない状態にしたうえで、そっと査定に出す。でも、やっぱり判っちゃうんだろうな。ま、家に置いといても邪魔になるだけだし___と書きつつ、ほんとは愛着が…。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
無題
おはよございまうす。
写真見ました。前回見たとき、うまく読み込めなかったんだけど、今度はしつこく粘ってみた。見れた。^^
とてもよかったです。美しいです。
人々がとても穏やかで、いい顔。93年なんだ、、とちょっとしんみり。
あの写真見たら、はぶさんが行きたがるの、わかる気がするなぁ。ほんとに美しいところですね。いや、はぶさんが愛する国だから、あんないい写真が撮れるのか。
ねきはチベットのことあまりわからないけど、あの人たちの笑顔は、取り戻したいなぁと思いました。うまくいえないが、じんときた。
写真ってやっぱり素敵ですね。^^
ねきねき URL 2009/04/24(Fri)08:22:22 編集
Re:無題
ねきねきさん、おはようございます。
コメントありがとう。嬉しくてむせび泣く、いえ、泣きそうになりましたよ。
でも、ほんと、そこまで感じ取っていただけると私もやり甲斐を感じます。
あの旅行記は93〜95年のもので、もちろん当時もチベット人たちは弾圧のもと不自由な暮らしを強いられていたけど、去年から伝わってくる更に過酷な状況から比べれば、まだマシだったのかも知れませんね。
あれから15年ほど経ち、写真の子供たちは今頃立派に成人している筈です。もちろん何事もなければの話ですが。
【2009/04/24 10:59】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1940]  [1939]  [1938]  [1937]  [1935]  [1934]  [1933]  [1932]  [1931]  [1930]  [1929
ブログ内検索
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 キッパリ優柔不断 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com