忍者ブログ
HOME > > [PR] > 510 > ShaplaNeer Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    NGOとかNPOとか、私はよく知らない。でも、HPで見る限り、何か力になりたくなるような気にさせる団体がある。熱しやすく冷めやすい私は、今熱しているんだろうから次々賛同しちゃうかも知れませんが、そしてすぐ飽きてしまうかも知れませんが、これから(といっても既に幾つか紹介してますが)賛同したくなったNPOとかNGOとかを見つけたら紹介していこうと思います。

シャプラニール ~ダッカで使用人として働く少女たちの支援事業~
2007年10月25日18:43:東京
シャプラニール=市民による海外協力の会
海外協力NGOのシャプラニールは、ストリートチルドレン支援活動の経験から、過酷な状況で働きながらまったく支援が届いていない子どもがまだたくさんいること、その中でも性的な虐待などを受けやすい女の子への支援を強化する必要があることを感じてきました。
とりわけ、ダッカだけでも数十万人いると言われる家庭の使用人として働く少女たちが、低賃金で長時間労働を強いられ虐待を受けるケースも多いこと、また 外部からの接触が難しく、支援するNGOが非常に少ないことに着目し、2006年6月からダッカで使用人として働く少女たちの支援に取り組んでいます。
私たちは活動の拠点として、スラム内と中流階級の人々が住む集合住宅内に少女たちの支援センターを2つの場所に設置しました。2つのセンターで実施して いるカリキュラムの主な内容は①経験のシェアリング②インフォーマル教育③家事のスキルトレーニング④性教育⑤レクリエーションです。現在では、2つのセ ンターで約60名の少女たちが通っています。
この事業の大きな目的は、少女たちのエンパワーメント、つまり彼女たちが持つ力を引き出し、自信をつけさせ、人生の選択肢を増やすことと、使用人として 働く子どもたちについての社会の意識を変えていくことです。少女たちが働かずに済むことが一番ですが、現状は急には変えられないので、まずは少女たちが働 きながらでも、学んだり、遊んだり、休んだりでき、雇い主と労働条件の交渉ができるような環境を作らなければなりません。 
私たちの試みは小さな一歩ですが、水面に落ちた雫から円い波紋が広がるように、確かな変化を起こしていきたいと思います。
URL
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1019]  [1018]  [1017]  [1016]  [1015]  [1014]  [1013]  [1012]  [1011]  [1010]  [1009
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 ShaplaNeer Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com