忍者ブログ
HOME > > [PR] > 510 > NOと言う庶民 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昨夜は気持ちが落ち着かなくて、何度もブログ書きかけてはヤ〜メタして、ブログを梯子して、んで寝っ転がってTVを眺めていた。もう寝なきゃと思いながら反覚醒。気が付けばヤベッチが喋っとるし、これはいかんなあ。。。でも、気が付けば小田実がこちらを見ていた。アメリカとドイツがどうの、コソボがどうの。あれ?このひと死んでいなかったっけ?2000年8月放映___ああ、そう云う事か。
    最初はボンヤリと、でも気が付けば面白い番組だった。もう小田実が言う言う、インタビュアーのくせにアーダコーだ目も合わせず毒まき散らし、切れた相手が逆上してコーヒーぶっかけるはピストルぶっ放すは、挙げ句の果てには秘書、SP、通訳、番組スタッフも加わって乱闘乱交阿鼻叫喚。
    えーっと、そんな波乱はあるわけなく、意見が噛み合ないアーミテージとも握手してジョークで締めてたし、小田氏にしては行儀よかった。
    で、その番組を半分眠りながら楽しんだのだが、それでも印象に強烈に残った言葉がある。


昔は将が生き残って兵士が殺されたけど、
今の戦争は武器を操作する兵士は死なないで市民が殺される。

そうなんだ。ベトナム、コソボ、アフガン、イラク、スーダン、カシミール、アンゴラ、…死んでいる、いや、殺されているのは誰か?


戦争で死んでいったんじゃなくて、殺されたんだ。

戦争は狂気だ。

敵も味方も大義名分もない。殺される市民にとって、あるのは戦争と云う狂気のみ…。空しくはないのか?人類よ!歴史を繰り返す愚かさが何故判らぬのか。早く寝床に入りなさい!

    それにしても、いつの間に大量の市民が戦争で殺されるようになったのだろうか?そして、その事実に接していながら、なぜ気がつかなかったのだろうか?何かしらの意志がそこに隠れてはいないのだろうか?
    戦争になったら殺されるのは我々庶民です。殺戮の標的は私たち庶民です。何ら抵抗も出来ずに殺されるのです。いくら右翼が勇ましく日本刀を振りかざしても、改造拳銃をぶっ放しても、現代兵器に傷ひとつ付ける事も叶わないでしょう。核でなくても通常の弾頭ミサイルを原発に落とされたら終わりです。それで殺されるのは誰ですか?中央のお偉方ですか?自衛隊員ですか?在日米軍ですか?天皇ですか?

No more HIROSIMA !
No more NAGASAKI !


これこそが敗戦国日本の未来です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[914]  [913]  [912]  [911]  [910]  [909]  [908]  [907]  [906]  [905]  [904
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 NOと言う庶民 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com