忍者ブログ
HOME > > [PR] > 510 > Free TIBETとMalcolm X Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

461px-Malcolm-x.jpg前回、マルコムXの名前を出して、なんとなく彼の自伝をパラパラと拾い読みした。そしてネーション・オブ・イスラム脱退後の彼がガーナで朝食をとっていた時のアメリカ白人たちへの批難を読みながら、ふと思った___当時のアメリカ黒人の状況は「自治区」内チベット人の状況と似ている___。
彼は自伝の最後の方でキング牧師を非暴力で自分を暴力的だと云っているが、昨今の過激派や国家権力の暴力に比べるまでもなく、マルコムXは決して暴力的ではない。(発する言葉は超過激で挑発的だったけど。)特にネーション・オブ・イスラム脱退後の寛容さは、その先に大きな可能性を秘めた変化だっただけに、早すぎた死が残念で堪らない。もしかするとキング牧師と協力し合う姿が見る事が出来たかもしれない。1992年のロス騒乱は存在し得なかったかもしれない。
忌むべきは違うことではなく、その違いに殊更価値を付けることだ。
敵は憎むべき相手ではなく、救済すべき人である。
そこに暴力は必要か?
憎しみは必要か?
暴言は必要か?
罵る事が必要か?
人は何故考える事が出来るのか?
人は何故感じる事が出来るのか?
叡智とは?
理性とは?
人とは?
sunahukinPop.gif

人種問題と民族問題とは100%イコールではないが、多くの部分で重なり合い、示唆に満ちた関系にある。ホロコーストに遭ったユダヤ人のシオニズム運動はイスラエル建国に至ったが、その後に根深い遺恨が残り、解決の糸口はいまだ見つからない。アフガンやイラクの現状、世界中の内戦も然り。地球人はサイヤ人ではないと信じたい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
きのうねるが、朝
きのうねるが、朝食するつもりだった?
そしてコムと自伝みたいな挑発すればよかった?
BlogPetのねる URL 2007/01/29(Mon)15:40:41 編集
Re:きのうねるが、朝
挑発はいけません。
ところで、キミはいつも何を食べてるの?
【2007/01/29 20:02】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
マルコムX
 公民権運動の指導者としては、キング牧師とマルコムXの二人が有名である。ただ日本では、キング牧師が穏健派であるのに対し、マルコムXが強硬派であるかのように誤解されている。  正しくは、以下の通りである。  マルコムXは強硬派だったのだが、メ...
URL 2007/02/06(Tue)06:27:17
[366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 Free TIBETとMalcolm X Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com