忍者ブログ
HOME > > [PR] > 510 > 自衛隊は人殺し集団? Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どこぞの知事が、公の場で、自衛隊員は「人殺しの練習をしている」と発言した。そんな大変なことをしている自衛隊員を「褒め讃えたい」んだって。
殺傷とか表現の問題として後で釈明してたけど、人殺しの練習などという大変な事をしているのは自衛隊だけではない。アルカイダなどテロ組織もしている。それも公の目から隠れながらしているのだから、より大変である。もっと凄いと褒め讃えなきゃならないね。しかしまあ、自衛隊員が人殺しとはねえ。甥の一人が自衛隊員なんだけど、とても人殺しには見えない。これも訓練の賜物か?う〜mmmm。。。

「赤ちゃんポスト」にしてもそうだけど、いったい日本人は命というものをどう認識しているのだろうか?こんな事を考えるオレは日本人じゃないのかな。オレはなに人だ?


ネットでも関連ニュースを見つけましたんでつづきに紹介しておきます。

自衛官は大変…人殺しの練習」言葉足らず?埼玉知事

 埼玉県の上田清司知事は2日、県の新規採用職員就任式の式辞の中で、仕事に対する使命感の一例として「自衛官は大変だ。平和を守るために人殺しの練習をしている。『国民の生命と財産を守るために頑張って下さい』と褒めたたえないといけない」と述べた。

Click here to find out more!

 式後、上田知事は記者団に「殺傷という言葉を使えば良かったかもしれない。分かりやすくなり過ぎて、きつい言葉となった」と釈明した。

 防衛省の守屋武昌次官は、同日の記者会見で「自衛隊の現場は多種多様で、一つの戦闘場面に限定されるものではないということを理解してほしい」と不快感を示した。

 知事周辺は「地元には駐屯地もあり、自分の命を犠牲にすることをいとわない方々がいるということを言いたかったのだと思うが、言葉足らずだった」と語った。

2007年4月2日19時3分  読売新聞)
URL http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070402i111.htm?from=main1

他にも、防衛次官、埼玉知事「人殺し」発言に反論 ヘリ墜落に触れ(産經新聞)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[736]  [735]  [734]  [733]  [732]  [731]  [730]  [729]  [728]  [727]  [726
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 自衛隊は人殺し集団? Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com