忍者ブログ
HOME > > [PR] > 510 > 絵〜! Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

絵画レンタルの詐欺事件で多くの女性が被害とのニュースを見ながら、バブル期なら詐欺じゃなく合法的にしても成り立った事業かもしれんなあと思った。
でもね、契約した女性たちが送りつけられるまで「レンタルした絵画」を、確認どころか、全く見たことがなかったと聞いて、バブル期でも彼女たちでは商売にならんと思った。いくら金になると言われて信頼おけると判断したとしてもよ、自分が扱うブツを見もしないなんてね。いくらバブルもそこまで甘くはない。ま、だからといって、騙される方が悪いなんて論外だけどね。

ちなみに、その「絵画」を見た画廊の人が「作品と云うより、これはポスターですね」と言っていたけど、おそらく印刷でしょうね。
ちなみに印刷は大きな意味で版画に含まれるし、ポスターと云ってもロートレックのムーランルージュのような芸術作品もあってバカには出来ないけど、そんな物はほんの一握り。
ちなみにのちなみに、私自身は、リヒテンシュタインやアンディがやっちゃったのに今さら単純に印刷媒体で芸術気取りは失笑ものでしかないと思うし、それ以前に無いか。。。
ところで印刷までいかなくても、版画(プリント)と云われる作品形態がある。版画にもいろいろ種類があるけど、一枚あたりの単価は他の油彩や水彩などのドローイングと比べて安い。理由は簡単。版画は何枚でも刷れるから、どうしても一枚オンリーのドローイング程の希少価値が付かない。世界的に有名な売れっ子作家なのに展示即売が庶民相手に可能なのは、版画だからこそ。逆に、一般に有名でない版画家の作品は更に庶民価格と言えるわけ。
ちなみにのちなみにその2、それでも高価なものもありますが、それはすった数が少ない(それだけ納得のいく出来が少ない技術的に難しいもの)からで、よく見ると余白に数字が手書きしてあります。これは大抵すった枚数と通し番号(だったと思う)。でも現実は、情けないことに作家の有名具合が決め手です。

最後に、大きな絵がすんごいビルにもっともらしく飾ってあっても、たまに印刷だったりします。もし、そんな絵を見かけて妙にのっぺりしていたら、たとえ立派な額に飾られていても間近で見て下さい。特に白っぽいところ。規則正しいドット配列が見えましたか?

わっ!こんな時間だ!寝ます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[346]  [345]  [344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 絵〜! Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com