忍者ブログ
HOME > > [PR] > 510 > 笑いは関西に在り。 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近は関西二府四県と云うコトバを関西ローカルのニュース番組なんかで耳にするけど、滋賀は関西に入れていいのかなあ?
若造だった頃は関西の仲間に入れて欲しかったから、島田紳介が「滋賀は、、」首を傾げて「う〜ん(ちゃうんちゃうか)」と唸っていたのが哀しかった。
今はどうでもいい。というか、琵琶湖を牛耳ってる強みっていうの? 偉そうなこと言うてたら水やらへんぞ!宇治川に水銀流すぞ!近江米やらへんぞ!って感じ。

冗談はさておき、これ読んでる方の中には当然関東の方が居るわけでして、でも、関西の方も居ると思います。でね、関東、特に東京の人は気分悪いかもしれませんが、今まで東京のお笑いがオモシロいと思ったことが殆ど無い。古典落語くらいかな?あとは「ゲバゲバ90分」とか「欽ちゃんのどこまでやるの」とか流行りのTV番組くらいで、芸人としては思い当たらない。ツービートも立川談志も林家三平もコント55号も、今のTVでは「物凄くオモシロかった」or「物凄くおもしろい」存在と云う前提が疑いもなくあり、またそれを鵜呑みにしてるバカが世の中に蔓延しているけど、現役時代を知ってる人に問いたい。そんなにオモシロかったか? ツービートは漫才としては二流も良いとこだし、談志は歳くっても相変わらず毒舌だけど毒舌のまま笑いになんないし、林家三平なんて「どーもスイマセン」以外にしょーもないという記憶しか無いし、コント55号は煩くて苛々した。
東京発のお笑いがオモシロくない理由はハッキリしている。それは笑う対象への眼差しが関西(上方)と違うから。関西(上方)が水平なのに対して東京は上から見下してるのよん。







続きはまたのお楽しみ。
ナンジャソリャ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
きょう、コントっ
きょう、コントっぽい存在すればよかった?
でもはぶは蔓延すればよかった?
でも琵琶湖で蔓延しないです。
ではぶで介したかもー。
できょうは古典とか記憶された!
BlogPetのねる URL 2006/08/27(Sun)12:02:33 編集
Re:きょう、コントっ
おまえの表現、益々難解になってきたな。
いえ別にコントしなくていいですよ。私も蔓延しなくて結構。共食いになるから気が休まらない。
あと、での後には句読点をつけといた方が読み易いぜ。
【2006/08/28 00:19】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 笑いは関西に在り。 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com