忍者ブログ
HOME > > [PR] > 510 > 中国とのつきあい方 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以前、中国人をこき下ろす為にチベタン亡命者射殺事件を利用していたブロガー(全てほぼチャンネラーに間違いないけど、気持ち悪いくらいに似通った考えと表現だったな…)に苛つたことがある。確かにチベットの現状を考えると中国政府に苛つくし腹立つし、中国に嫌みの一つ二つ三つ四つ…言いたくもなる。

でもね、抗議すべき相手は中国人ではない。中国政府である。ここんとこを見失えば、まともな大人からは相手にされなくなる。

それでなくても今の中国人に対するイメージは、あまり良いとは思えない。経済的軍事的政治的に、あらゆる面で台頭めざましい中国への不安や警戒感の現れだろうか?北朝鮮の陰で表立ってはいないけど、その裏にいる中国への不信感や苛立がないだろうか? たとえ答がYESだとしても、日本も中国も互いに競争しながら上手くやっていかないといけないと思うんだけど、さて、あなたは如何なものか?


これからの中国と付き合う総合的視点
2007/02/22(木) 21:50:02更新
サーチナ論文大賞2006受賞論文−特別賞・高橋信行

1.改革開放は、中国をどう変化させたか

「黒猫でも白猫でも、鼠を取ればよい」という実利主義と、「開放政策」という名の「欲求の開放」と「外資の開放」は、わずか20年で、中国を激変させた。「市場的社会主義」と言う木に竹を接いだ国是は時折矛盾を爆発させるが……

何よりも、ここ数年の10%前後の経済成長は、人々の行動と街を変貌させている。女性の服装は、人民服の単色からカラフルなデザインになり、交通手段についても、自転車から自動車の溢れに変わった。高層ビルは林立し、マクドナルドやスターバックスも進出している。名所・旧跡の休日や祭日は、観光客でごったがえす。チベットへの鉄道は開通し、シルクロードの脇を光ケーブルが敷設されつつある。街の広告は、政治スローガンから、健康・美容・保健とその内容を一変させた。

だが、早すぎて、大きすぎる「成長」の歪と基底の意識のギャップも目立ち出した。
(全文を読む)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
無題
片方の手で殴りあいのケンカをしていても、もう片方の握手は決して離さない離してはいけない・・・
どこで読んだか失念しましたが、そんな言葉がありました
まこと外交とは難しい・・・!
よっちゃん URL 2007/03/05(Mon)00:49:37 編集
Re:無題
私もそのコトバ知ってますが、同じく失念。今の若者は海外旅行をあまりしないそうだけど、勿体ない話です。外を知らずに内に籠っていると心の力が衰えて自我がどこまでも肥大します。もしかすると若者の右傾化はその辺りからも影響があるのでしょうね。安倍坊ちゃん内閣は大丈夫でしょうか?
【2007/03/06 18:33】
2
きょうはぶの、相
きょうはぶの、相手っぽい抗議したかもー。
BlogPetのねる URL 2007/03/06(Tue)14:53:06 編集
Re:きょうはぶの、相
相手って誰だー?
【2007/03/06 20:21】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[706]  [705]  [704]  [703]  [702]  [701]  [700]  [699]  [698]  [697]  [696
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 中国とのつきあい方 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com