忍者ブログ
HOME > > [PR] > 510 > ポックリ寺 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


    60くらいのパートスタッフの話。

    この前、ポックリ寺へ彼女の知り合いがグループのバスツアーに行ったそうだ。

    どうせ死ぬならポックリ逝きたいと願う人が多いのか知らんけど、しかし死ぬことがご利益だなんてアリですか? ま、成仏祈願と思えばいいのかなぁ〜?

    で、ポックリ寺から帰り道、バスの中で別グループの婆さん(八十代)が心臓マヒで急死したんだそうな。救急車呼んだり、なんやかんやで帰宅予定が物凄く遅れたとのこと。
    「いやあ、凄いご利益!」とは他のスタッフの感想だけど、緊急対応の様子を眺めながら知り合いたちもそんな事を口にしていたそうだ。が、ある一人がこう言いだした。

いや、こんなん御利益ちゃうわ。うちこんな所で死にとうないもん。やっぱり畳の上で死なんと御利益とは言えへんわ。

    なるほど、そうか。と思っていると、別の人が「いや、そんなことあらへんわ」と反駁する。

うちは息子が遠くにおるさかい、いくら畳の上でも一人で死ぬのは嫌や。やっぱり息子が帰ってから畳の上で死なな御利益ちゃうわな。

    すると別の人が、

うちは娘もおるから、やっぱり娘も帰って、息子も帰って、それから…

    また別の人が、

うちは孫にもいてほしいさかい、孫も帰って、娘も帰って、息子も帰って、それから…

うちは…

うちは…


    どんどん「ご利益」の条件が多くなり、これでは御利益ではなく誤利益だ! とポックリ寺の神さんが呟いたかどうか、わしゃ知らん。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1091]  [1090]  [1089]  [1088]  [1087]  [1086]  [1085]  [1084]  [1083]  [1082]  [1081
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 ポックリ寺 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com