忍者ブログ
HOME > > [PR] > 510 > ネパールの行方#2 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    チベットへは必ず行く。そうなると当然訪れるであろうネパールなんだけど、せめてオレが訪れている間だけでも平和で安全を願いたいが、そんな自分勝手はヒマラヤの神々が許すわけ…ないよな。

毛派が反発、ネパール制憲議会選が再び延期
2007年10月05日19:12 カトマンズ/ネパール
【10月5日 AFP】ネパール暫定政府は5日、11月22日に予定されてた制憲議会選挙を無期限延期すると発表した。王制の存続や選挙制度について、暫定政府とネパール共産党毛沢東主義派の間で合意に至ることができなかったため。
ラム・チャンドラ・ポーデル平和・復興相はAFPに対し、「(暫定政府の)7政党の代表が選挙の無期限延期で一致した」と語った。
今回の選挙は、恒久憲法の制定のため議会を発足し、王制の存続可否を決定するためのもので、1996年から続く紛争を終結させた昨年の政府と毛派の合意のなかでも焦点となっていた。
毛派は王制の即時撤廃と選挙制度の変更を求めており、ポーデル氏は「毛派の要求について協議するため、特別議会を召集する。会期日程は5日に発表する」と述べた。
毛派は当初、小選挙区比例代表並立制で合意していたが、後に完全比例代表制への移行を要求。この要求が聞き入れられない場合は選挙を妨害すると表明していた。
毛派の方針転換は、強硬路線と南部での武力闘争による支持率低下を背景に、選挙での勝敗を懸念したためとみられる。(c)AFP URL
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
無題
 ネパール的といえば、あまりにネパール的ですね。暫定政府が出来て、早2年、すぐにも選挙を行って、新しい政府を作ると約束していながら、2年も居座っています。座り心地がよほどいいのでしょう。
 国民は、政治には、何一つ期待などはしていません。誰が、政府を作ろうが、何一つ変わっていかないことを知っているからです。
 ここ250年、国民のための政治など、1度もなく、騙され続けてきたのですから。
hikaruno URL 2007/10/06(Sat)01:01:31 編集
Re:無題
NHKで世界遺産としてパリを紹介してましたが、いずれカトマンズでもフランス革命が起こるかなと、ふと思いました。もちろん当時のパリの状況にカトマンズの現状をそのまま当てはめることはできません。中国やインドの介入もあり得ますし、hikarunoさんのブログを読んでると、ホント、キッツイですね。
【2007/10/06 22:08】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[981]  [980]  [979]  [978]  [977]  [976]  [975]  [974]  [973]  [972]  [971
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 ネパールの行方#2 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com