忍者ブログ
HOME > > [PR] > 510 > エントロピーって何だ? Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日、二本目も社会派。
では、

発展は少数民族置き去り 人権団体が中国批判
2007年4月25日 22時14分 東京新聞
【北京25日共同】ニューヨークに本部を置く国際人権団体「中国人権」などは25日、中国で少数民族に対する人権侵害や差別が幅広く存在し、少数民族は中国の急速な経済発展から取り残されているとする報告書を発表した。

報告書は、中国人権と、ロンドンが本部の人権団体「少数民族の人権を擁護する国際グループ」(MRG)が作成。チベットなど全国に5つある自治区で、トップの共産党委員会書記は漢民族が独占、少数民族は名目的な政治的地位しかない、と指摘した。

さらに、少数民族による言論活動は「分裂主義」の名目で厳しく規制され、中国の政治犯のうち9割を少数民族出身者が占めるとした。また、新疆ウイグル自治区の就職説明会で「ウイグル族お断り」の表示がしばしば掲げられるなど差別の実態があり、言語教育も実質的に中国語が優先、宗教活動にも厳しい規制があるとした。

MRG:Minoirty Rights Group International
中国人権:Human Rights In China(HRIC)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007042501000949.html
中国はある意味、日本以上に単一民族国家である。確かに様々な少数民族がいて、広大な民族自治区などがあるけれど、人口でみれば殆ど漢民族。米国などを他民族国家と呼ぶのと比べれば、実に形式的な多民族国家である。中国を旅していても実感として感じるけれど、やはり中国は漢民族の為にある国なのだという証ですね。

漢民族の為の国といえば、もう一つ台湾があるけれど、この小さな国でも少数民族の問題がある。ただ、台湾の場合、少数民族と云うより先住民族と言った方が解り易い。先住民についてはSurvival International Japanのサイトに詳しく、世の中にはまだまだ知らない世界がいっぱいあるんだと気付かされる。だけど、確実世界は狭まってきている。つまらないことだけど、これも事実。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[773]  [772]  [771]  [770]  [769]  [768]  [767]  [766]  [765]  [764]  [763
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 エントロピーって何だ? Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com