忍者ブログ
HOME > > [PR] > 未分類 > The Longest Night〜その時、はぶの腹は震えていた〜 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 大の大人の男が我慢しきれずヒ〜ヒ〜悲鳴を漏らして半べそかいてる様を、貴方は見たことがありますか?
 前回に書いたが、昨晩、正確には日曜から月曜の朝にかけての一夜、私は一睡もしていない。理由はと云うと、歯痛である。そろそろ寝ないとなぁ と思いつつネットを彷徨っていると、いつの間にか右の奥歯が痛みだしていた。ずうぅん という鈍痛で、じ〜んわりと、でも確実に痛みを蓄積してくる。


これはやばいな。。。


 最初、冷水で神経を麻痺させる?対処療法??でもって乗り切れそうな気がしていたが、予想外の強敵で、暫くは治まりかけるのだが、すぐズドオオオオオんと地響きのごとき痛みに唸り、慌てて氷水を頬張り、頭痛を起こしそうになりながらピキーーーーンと来る痛みに耐えて、ひたすら神経を麻痺させようとしていた。


あ、


 たぶん思考中枢も麻痺しかかっていたのだろう、沈痛薬の存在に気付くまで何時間かかったか、、忘れた。でも、これで大丈夫。いそいそと薬箱を開けると、ない。。。胃腸薬と傷テープと、、、この役立たず!死にものぐるいで探しまわった。
ガサゴソガサゴソ ガサゴソガサゴソ ガサゴソガサゴソ ガサゴソガサゴソ
ガサゴソガサゴソ ガサゴソガサゴソ ガサゴソガサゴソ ガサゴソガサゴソ ガサゴソガサゴソ
ガサゴソガサゴソ ガサゴソガサゴソ ガサゴソガサゴソ
ガサゴソガサゴソ
ガサゴソガサゴソ
ガサゴソガサゴソ ガサゴソガサゴソ ガサゴソガサゴソ ガサゴソガサゴソ
虚しい敗北感に浸る間も、痛みは与えてくれない。
 そうだ!とにかく気を紛らわせばいいんだ!ではどうすればいいんだ。。。と、考え続けた答えは、風呂だった。
 気持ちいいから大丈夫。急いで浴槽にお湯を貼って、湯船につかる___ダメじゃん!まるで沸騰しかかっている二トログリセリンのような歯痛に慌てて湯船から飛び出し、仕方なくシャワーを浴びる___んんんんぐぅわぁぁあああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
いーーーーーーーーーーーーーーーーたーーーーーーーーーーーーーーい!

拡張した血流に神経が覚醒してしまった。
 そのまま台所へ駆け込み冷蔵庫を開け、急いで冷えたお茶を頬張る。冷蔵庫の前でペットボトルを握りしめて首を傾げ、固く両目を閉じて佇むびしょ濡れた中年男の裸体が暗闇に浮かび上がる光景が、如何なものかなんて、微塵も頭になかった。
 何も出来なくなり、あと残された希望は睡眠だけであった。でも、結局ダメだった。暗い中、蒲団に胡座して痛みが無くなった隙に横になったが、すぐぶり返すのであった。我慢できず起き上がり、また冷水を頬張る。ほんと、本当に情けなかった。悔しかった。痛かった。辛かった。眠りたかった。ほんと、切実だった。そして冷水が無くなる度、台所との往復。ちなみに、頬張った水は温くなると飲んでいたので、そのうち水腹が苦しくなり、トイレも近くなってきた。胃がグルグルいい始め、余計落ち込んで。。。
 やがて空のコップを用意して水を飲み込まずにそこへ吐き出すアイデアが浮かび、ようやく苦痛が半減した頃、新聞配達の音が、、、
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[588]  [589]  [590]  [591]  [592]  [593]  [594]  [595]  [596]  [597]  [598
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 The Longest Night〜その時、はぶの腹は震えていた〜 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com