忍者ブログ
HOME > > [PR] > 未分類 > Canon Autoboy2 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 my HPのHABU’s Guest Houseのアンナプルナ内院のトレッキング写真だけど、これから本番と云うところでネガが見つからない。仕様がないのでアルバムから選んだ写真をスキャンして使った。元々セレクトしてある中から選んだから厳選と言いたいところだが、ま、当時既に8年もののキャノンAutoboy2で素人が撮ったものなので何も言うまい。
 でも、このAutoboy2は、当時の所持品の中で最も付き合いの長いものである。大学二年の夏に北海道旅行を企てた時にキャノンAL-1のサブとして購入した(生意気)のだが、二度目の北海道、その他の国内旅行、友だちの結婚式、卒業旅行の中国、二度目の中国(帰国後引っ越しを機にAL-1引退)、社員旅行のハワイ、そして1993年2月からの長旅で再びキャノンEOS(ネパールで購入)のサブとして、いつも側にあった。だからもの以上の思い入れがあった。敦煌の砂丘で野宿した時にレンズの保護シャッターが砂を噛み、それ以来開閉がぎこちなくなったが、一度も故障らしい故障は無く、ラサで出会ったプロカメラマンに「普通プラスティックボディーだとどこかしら歪みが出て、そう何年ももたないけどなぁ」「買ったのがたまたますっごい当たりの一台だったんだよ」と言われた。AL-1と同じく、Autoboy2も引っ越しを機に隠居生活を送らされている。そういえば、今何処にしまってあるんやろ。久しぶりに弄ってみたくなった。ちなみにEOSは去年に調子が悪くなってから休止状態が続き、今のメインはキャノンIXY50、サブはドコモN505i。................................ごそごそ.............................あれ〜え???ない!カメラ、どこいったんや。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[669]  [670]  [671]  [672]  [673]  [674]  [675]  [676]  [677]  [678]  [679
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 Canon Autoboy2 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com