忍者ブログ
HOME > > [PR] > 未分類 > 自分に対して大人になると云うこと Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 自分が成長する。自分が進歩する。その行き着く最終地点にある者は何だろうか。やっぱり完成した自分だろうか。いやいや、逆に最終なんだから完成してないと何の為に頑張っているのかわからないし、張り合いがなくなる。やはり希望を持って完成した自分であると断定したい。

いや、する。


 では、いつ辿り着けるのだろうか。それとも辿り着けないのだろうか。答えは、たぶん後者だと思う。
 仕事柄、多くのお年寄りを見てきて、人は幾つになっても自分自身に悩み苦しむものだと、つくづく感じる。確かに余命の長さを鑑みれば癌宣告されたのと似たような一面もあるけど、彼の人たちが漏らす反省の弁は、二十歳前後のblogerの悩みと大差ない。自分に悩み、苦しみ、悲しみ、苛々し、嫌悪し。。。ああ、俺もいずれ老いに苦しみ、そんな自分に苛々するのだろうな。

なんかドンドン重くなってく。。

 ただ、若い人たちの自己嫌悪と老人たちの自己嫌悪とには決定的な違いがある。それは自我の強さ。同じ自己嫌悪でも、老人には自己嫌悪する自分をも己として受け入れる強さがあるが、若い人たちには自己嫌悪する自分を受け入れきれない弱さがある。でも、これは仕方ない。実際、自己嫌悪している自分って、重いし辛いし苦しいし。。だから逆説的に自己愛ではないかと解釈してみせたりするけれど、所詮は「コトバのお遊び」、小手先でしかない。中には、自己嫌悪どころか、己の嫌なところから目を逸らしたり開き直るだけの情けない連中もいるけどね。もちろん、こんなのは論外。
 結局、人は幾つになっても不完全ゆえに悩みや苦しみから逃れられない。だから自己嫌悪に陥るのは当たり前の事で、寧ろ自己嫌悪しない方がおかしいのだ。みんな悩み苦しんで、そして、一寸したきっかけか、或いは何なのか、、人によって違うけど、、いずれ、在るがままの自分を素直に受け止めている自分に気付くでしょう。

大丈夫。


ひゃひゃひゃ、エッチテーエムって、思った以上におもろいね。はなるな、こりゃ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
無題
確かにお年寄りは、落ち込んだ時にソレに立ち向かう強さを持っているかもしれませんね。
自分のおじぃちゃんおばぁちゃんを見ても、
やっぱダテに歳食ってないなって思います。
言い方悪いかもだけど。

お年寄りは面白いし色々知ってるし、
何より可愛い(失礼かしら)から大好きです(*゚ω゚)♪
麻衣 URL 2005/06/28(Tue)01:22:19 編集
2
無題
俺は不謹慎な言い方ばっかりするけど、
老人って、ほんっとに面白いし、人間そのものが本当に個性的で、あらゆる意味で目が離せません。
はぶ URL 2005/06/29(Wed)19:27:29 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[622]  [623]  [624]  [625]  [626]  [627]  [628]  [629]  [630]  [631]  [632
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 自分に対して大人になると云うこと Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com