忍者ブログ
HOME > > [PR] > 未分類 > 列車とテーマパークと戸惑いと Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 それにしても、目に優しくないなあ。。。


 はい、blog、始めましょ。



 とはいうものの、今日はネタがない、、いや、あった。昨日の朝だけど、スんゴイ夢を見た。
 どこへ行くのか判らないけど、山間かなあ? ハッキリしないちょっと暗めの景色の中を進む電車の先頭車両。ローカル線の寂れた雰囲気が漂っているが乗客はそこそこいて、立っている人もいる。
 本当はこの前に別の場面の夢があり、場面が切り替わって何かあったんだけど、いつの間にか忘れてしまった。
 途中でおばちゃんに席を譲り、通路に立って前方の景色を眺める。どことなく観光バスみたいな感じで、手摺の向こう側が低くなり、そこにも乗客がいて、外 壁のないような、あるような、あやふやな電車(機関車だったりもしたけど)は、やがて谷間で行き止まりに差しかかる。両側は急斜面の森で、レールは何故か 青い蛍光色の岩壁で消え入るように途絶えている。
 すうっと減速して今にも止まりそうになった時、FMの男性DJのような口調で妙にハイテンションな声がした。

ようこそ○○へ!

 すると、目の前の岩壁がハッチバックのドアみたいに跳ね上がった。そこに現われたトンネル(洞窟?)に見えないレールが続いているかのように電車が進み入ると、またもや前方に岩壁。またもや男の声がする。

さあ、あなたも参加○×△!!

 呼応するかのように最前列の低い所にいた乗客たち(全て男性で何故か西部開拓時代のよ うな恰好)が電車から飛び降りて岩壁に駆け寄り、全員で押し始めた。すると岩壁が動きだし、また例の声が突破したようなことを叫ぶけれど障壁は次々に現わ れ、例の声が騒がしく実況しつつ鼓舞しつつ、いつの間にか投影された夥しい坑夫たちも加勢し、何故か投影された坑夫を先ほどの乗客の一人が助けたりして、 一致団結大騒ぎで障壁を「突破」してゆく。それに合わせて電車も進む。
 唐突な感じはしないが、突然終着。停車している。そこはテーマパークの敷地の中でもあり、かなりの人混みであった。手摺の無い所から下の段に降り、そこ から飛び降りると、そこは屋根付きの大きなバス停みたいな所で、更に人の密度が高く、すぐそばで「○○○(テーマパークの名前)へ行く人は手を上げて」と 言う声があり、その辺りにも人だかり。
 どうしようか考えていると、いつの間にかその人だかりの中に自分もいて、慌ててパートナーを探す。みんな次々と見つけて手を繋いで高々とあげている。ふとみると高校からの友だちのIとT(あ、今思うと先日葬式で出逢った二人だな)が手を繋いでいる。
 わ、わ、わ。焦っていると「はい、あなた、(これ?)ね」と黒服の男(頭部があやふや)が私の(胸?)にワッペンのようなものをペタンと貼付けた。パートナーに金髪碧眼のスカートをはいた少女。彼女も訳が分からず戸惑っているようだけど、広告写真みたいに微笑したまま。
 何が何だか解らず角を左に曲がると、次の角で左から別の少女(東洋人)と出くわす。彼女も戸惑った表情で、ふと周りを見渡すと、表情のない入場者たち(さりげなくいて不気味ではない)に紛れて、困惑顔の人がちらほらいる。
 振り返るとパートナーがいない。気になって角まで戻ると少女はいたが服装が変わっている。おや?もう一度先ほどの所へ戻ろうとすると、自分の服装も変 わっていて、周囲の景色も微妙に変わっている事に気がついた。東洋人の少女も服装が変わっていたが、戸惑いの様子はそのままだった。

わーかった。

 声に出さずに呟く。戸惑った表情の人はこの「ゲーム」の参加者で、要はこの人たちと目的を探してゆけばいいんだ。
 で、何故か私はパートナーも東洋人の少女も見捨てて(存在そのものが無くなっていた)「戸惑っている人」を探そうとして次の角を左に曲がる。
 そこにも少女(日本人)がいて、座り込んでいる。困惑した彼女の見上げる先に、優しげに明るく彼女に「話しかけ」ている男女二人、女二人だったかな?  がいる。でも二人の声は聞こえないし、私が少女の前に屈んで話しかけているのに気がついてない(気にしてない?眼中にない?)様子で、ずっと同じ調子で笑 顔で静かに「話しかけ」ている。
 音の無い声で私は彼女に「ゲーム」の事を説明しようとしているが、彼女は「戸惑いの少女」のまま反応しない。そのうち彼女の持っていた筈の犬のヌイグルミの鼻を壊してしまい、その事を彼女に知らせようとムキになって音の無い声を張り上げる。

 で、そのうち目が覚めた。


 あれ? こうして書くと、それほど大した夢でもないな。


 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
無題
目に優しくないというより、心臓に
悪いですwww
こう、ページ開いた瞬間ビックリ。
・・・小心者ですんません。

夢って心理状態?がでるんでしたっけ?
はぶさんの心理状態は・・・今・・・?
氷月 URL 2005/11/28(Mon)18:17:46 編集
2
無題
心臓に悪い、、、確かに、それはあるかな?
こんなド派手なスキンを選んだ心理状態って、専門家はどう捉えるんだろうか。

夢の中で目的さがしてた。パートナーをさがしながら。
もしかして、新しい事がしたいのかなあ?
刺戟?
・・・
わかりません。
はぶ URL 2005/11/28(Mon)21:48:28 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[488]  [489]  [490]  [491]  [492]  [493]  [494]  [495]  [496]  [497]  [498
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 列車とテーマパークと戸惑いと Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com