忍者ブログ
HOME > > [PR] > 未分類 > いい事ばかりはありゃしない Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 どーもぉぉです。

 今日は午後から雨が降ると予報されてたけれど、最後の送迎まで降られずに済んだ。あ、ちゃう。最後はちょっとばかし降られたけど、まあ気にしなければOKと云う程度だった。

 最後にお送りしたYさん。センターでは車椅子の生活で、お風呂も食事もトイレも介助が必要なんだけど、これがまた見事に「文句言い」。
 お風呂では何をするにも「早く早く早く」「何やってんにゃ遅いなあ」「要領悪いなあ」「下手くそ」「寒いからもうええ」「熱い!温い!(どっちやねん?!)」「溺れる!」「人殺し!」これが浴室を出て服を着終わるまで続く。
 半年前あたりからは、着終わって作業室に戻ってからも「早よ上げてえな。早う。上げてえな」と訴える事が増えてきたが、「Yさん、目開けてえ〜。もうお 風呂から上がったよ〜」と言っても「嘘や!上げてえな。早よ上げてえな」と訴え続ける。ま、時おり声掛けして適当に「放っておく」うちに治まるんだけど、 たぶん閉じがちな目を開けて状況が確認できたからだろう。はい、これがお風呂バージョン。
 次ぎ、トイレバージョンいってみよう。
 周囲の雰囲気が静かだったりして寂しくなるのか、そうなると絶え間なく「看護婦さん。看護婦さん」「Hさん。Hさん」とスタッフを呼び続ける。 99.99%オシッコがしたいんだけど、たま〜にあるその他の用件があるから、あまり「放っておく」訳にもいかず、また周囲の利用者が「呼んではんでえ」 と悩ましくもお呼びになられる。そして行くと、やっぱりオシッコなんだよね。で、トイレに行くとするよね。でも午前中は出ない。まず出ない。稀に出るけ ど、まず出ない。そこんとこの見極めが難しいけど、出ないことの方が圧倒的に多いから、あれやこれや口先三寸でいると、敵もさるもの、「オシッコ〜。オ シッコ連れてってえな〜。オシッコ〜。オシッコ〜」と哀れな声を出す。コノヤロウ!!サービス業の辛いところで、周りの同情の声には抗えず、「あ!Yさん トイレ空いたから行こか」我ながら白々しいが、なんなんだ、この敗北感は!おまけに、この「オシッコ」攻撃はトイレを済ませて車椅子に座った瞬間から再開 されるのである。せめてトイレを出てからにしてよ。。。
 でも、Yさんの真骨頂はトイレに向かうところからが本番。随分パワーダウンしたものの、「痛い!痛い!」「下手クソ」「アンタじゃ役にならん」「いっつ もそんなコト言うて」「嘘つき!」「あっち行け」「男のくせにごちゃごちゃ女みたいに言うてな」etc.etc.etc.・・・慣れましたけどね。たまに 機嫌が良い時は口応えしたりもするけど、突然不機嫌になったりするから、そんな時は苦笑いするしかない。
 そんなYさんが一度、こんなことをした。便座に移乗させようと、俺が前介助で車椅子から立たせ、その間にもう一人がズボンを下ろしている時のこと、いつ ものように辛辣な言葉を吐いていたのが、立った途端Yさんは黙ってしまった。ここまではよくあること。ただ、妙に顔を俺の胸に埋めてくるなあと思っていた ら、
「あ痛!痛い!痛い!Yさん痛いって!噛むなあ!」
俺の右胸に噛みついていたYさんは、胸元でくすくす笑い、便座に座ってからも黙って「してやったり」って表情をしていた。
 元々Yさんは冗談好きのお喋りで、どちらかと云うと、否、かなりハッキリ誰に対しても言ってしまう人だった。最初の頃は歩行器を使って歩いておられたの だが、進行性の病気で、今では車椅子に座っていても片方に身体が傾き、身体を自分で動かすこともママならず、咀嚼や嚥下などの機能低下が著しく(くっそー 小難しい言葉使っちまった)食事の量が減っている。
 それでも悪態をつく口だけは人一倍元気なYさんだった。みんなから「リハビリの先生」と呼ばれているPTだろうと容赦無し。「痛い、痛〜い。止めんかコ ラ」「人殺し〜」一度、傍を通りかかった院長がやんわりと励ました時も、いつもは院長「先生」の言うことを素直に聞くのに「誰や、そんなこと言うてんの は。誰や!何も解らんくせに偉そうなこと言うな!アホ!」と更に怒り出した。
「Yさん、わしや、Eや」
院長が覗き込むと、Yさんはビックリして目を見開いた。
 そんなYさんだけど、たま〜に、本当にたま〜にだけど「ごめんなさいな、いつも世話んなってゴメンなさいな」なんてことを言う。調子が狂うが、でも、だ からかな、みんなボロクソみそ臭けちょんけちょんに言われまくりなのに笑っていられる。そんなスタッフを「何へらへらしとんねん」とまた怒るYさん、いつ までも悪態をつき続けて欲しいけど、ここ数ヶ月で唯一達者な口がパワーダウンしたような気がする。
 Yさんの病名をここに書く訳にはいかないが、その名前に聞き覚えのある方は多いと思う。福祉施設でも珍しい病気ではないが進行性の難病で、完治は不可能ではないとは言われてるけど、実際は進行を遅らすのが精いっぱいと云う現状では「不治の病」と言ってもいい。









ねえ神さんよ、なんでこんな病気こしらえたん?


 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[456]  [457]  [458]  [459]  [460]  [461]  [462]  [463]  [464]  [465]  [466
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 いい事ばかりはありゃしない Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com