忍者ブログ
HOME > の記事 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
■カテゴリ「旅」の記事一覧
[2017/03/24] [PR]
[2009/05/01] カイラスどうする?
[2008/04/08] FREE TIBET

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども。

ブログとHPの一体化だけど、まず「TIBE TNEWSから」とか書きながら、気がつけば血迷い510とHABU's Guest Houseがいちばん進んでいたりする。既にBlogger版の510も見切り発車。ただし非表示なので皆さんには何も変化がございません。それから、誤摩化しとはいえフレーム表示で既にやっているのはTIBET ROOM のTIBET NEWSだけだと書きましたが、HABU's Guest HouseとTIBET ROOMのWhat's newもそうでしたね。

ところで、最近よく「つづきあるかも」を使います。引っ越し先のBloggerでも何とか使えるようにしたのは前回書きましたが、でも、なかなか上手くいきませんねぇ、BiNDでHPの中に組み込んだら「続きを読む」にならない…。あーれー?と首を傾げたところで手に負えるレベルじゃないので諦めました。まあ、無いなら無いで何とかしましょうと云うことですが、すると今度は、あ!TIBET NEWSの「続き…___ということで、どうしましょ?
とまあ、そんなこんなで超えなければならない問題が芋づる式に出てくるので、発表までもう暫く待たれよ。
PR

なんと、
「チベットの碧い風」の登場人物「戸上さん」にインドで出逢ったという方から
掲示板に書き込みがあった。
こう云う繋がりって、
なんか好いです。
公開してよかったな。

それにしても
戸上さん、
今ごろ何処でどうしてるんだろうか。

彼の話を聞いて以来
FREE TIBETのTシャツを素直に着れなくなりました。
旅人にありがちな過剰な感傷もあったでしょう。
でも、当時の僕にはチベット問題に関する知識は殆どありませんでした。
あるのは風太さんの話からの先入観くらいで
あとは旅の最中に見聞きした事がほぼ全てでした。
デプン寺の予期していなかった廃墟が文革の破壊跡だとは気がつかなかった。
アリで出逢った男は、インド(おそらくダラムサラ)にいる弟を追って亡命しようとして国境で捕まり10日間投獄されたけれど、きっと必ず亡命してみせると言った。でも、捕まったらどうなるかなんて私は知らなかった。
初めてのチベットは、ほぼ純粋に楽しんだ。


続きはまた後日
(血迷い i より転載)

ブログ内検索
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 旅 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com