忍者ブログ
HOME > > [PR] > 戯れ > キャプテン賢明のお尻について Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

えー、今夜は別のことを書くつもりでいたけど、再び80年代のちょいマニアックな世界へ。だってこんな懐かしいのん見つけたんだもん。

Captain Sensible がソロとして初めて全英No.1をとった「Happy Talk」です。懐かしいと云っても、実はこの人よく知りません。前回出てきた昔のFM番組サウンドストリートで渋谷陽一が紹介した曲や、そうとは意識せずエアチェックして聴いていた曲など数曲のみ。だから今回も調べてみようとしたらWikipediaでも日本語版には項目がなく、あまり参考になるサイトが見つからない、というか探す気もないんだけど、とりあえずUK版Wikipediaの自動翻訳を読んでみると、こんな感じ
___賢明 ( ) レイモンドバーンズは、 1954年4月24日生まれのキャプテン歌手 、作曲家、 ギタリストのクロイドン、イングランドとの共同で育った(そして時にはベーシスト)です 1976年にパンクロックバンド、呪わ設立。バンドを離れた後、彼との代替のポップ歌手としての地位を再発明は、反抗的、自己を意識した画像です。彼の署名の帽子に赤いベレー帽です。___

キャプテン賢明・・・自動翻訳恐るべし!
どうやらキャプテン賢明はDanmedというパンクバンドのギタリスト(そして時にはベーシスト?)らしいですが、ここでは「代替のポップ歌手」としてのキャプテン賢明に注目です。

さて、キャプテン翼じゃなくて賢明(そういやカメラマンで、あれは加納天明か)ですが、イギリス人のどこか泥臭い反骨精神が私好みでして(なんか表現がおかしいかな?)、続く二曲は反クリスマス、反フォークランド戦争のシニカル・ソングでございます。


では、最後に血迷い510らしいセレクトで〆たいと存じます。特に女性の方のコメントを期待してますよ:):):)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1852]  [1851]  [1850]  [1849]  [1848]  [1847]  [1846]  [1845]  [1844]  [1843]  [1842
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 キャプテン賢明のお尻について Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com