忍者ブログ
HOME > > [PR] > 戯れ > おたまじゃくし Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 Wcupを総括しましょうかね? って、まだ終わっちゃいなかった。

 さて、Mickeyの散歩中に近所の田んぼで不思議なオタマジャクシを発見した。
 どこからか「ゲヘヘへ」と云う笑い声にしては嗄れた品のない声がする。周りに人の姿はなく、何となく不気味な気分で、でも気になって声の出所を探してゆくと、田んぼの一角がそのようだった。でも、そこにいたのは、

オタマジャクシだった。
中村玉緒ジャクシ


 ゲヘヘゲヘヘと煩い中に、時おり「マロニーぃちゃん」と云う問いかけのような鳴き声が混じって聞こえる。間違いなし。これは「タマオジャクシ」だ。噂でしか知らなかったが、まさか本当にいるとは思わなんだ。
 へえええ〜。食い入るように暫し眺めているとMickeyが痺れを切らしてワンワン散歩の催促をしてきたが、尚も気にせず眺め続けていると、諦めて傍に腰を下ろした。
 よく見れば後脚の生えたのも、前脚も生えかけたのもいる。試しに一匹捕まえてみると後脚が生えていた。
珠緒ジャクシ

「ほれ、ミッキー、これがタマオジャクシやぞ」
 鼻先に近づけると、Mickeyはクンクン臭いをかいたかと思うと、パクリ!
「ぎゃっぁぁあああああ!!!!」
断末魔は一瞬にしてくぐもり、しかし、暫くMickeyのお腹のあたりから聞こえていた。
「おい、おまえ何すんねん!」
Mickeyは何食わぬ顔をしてゲップを一つした。


 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
・・・
Nooo(T0T)
193 URL 2006/06/25(Sun)00:26:50 編集
2
ごちそうさま
どした?
みっきー URL 2006/06/25(Sun)01:30:23 編集
あらら
アンタだよ。
【2006/06/25 12:05】
3
悲しいけど
なんか面白い(笑)
193 URL 2006/06/26(Mon)00:26:48 編集
Re:悲しいけど
笑ってもらって珠緒ジャクシも胃の中で喜んどるよ。
【2006/06/26 01:03】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92
ブログ内検索
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 おたまじゃくし Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com