忍者ブログ
HOME > 娯楽の記事 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
■カテゴリ「娯楽」の記事一覧

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 は〜。。。アメリカンなOWALAIはお好きですか?

 久しぶりにTVのロードショウを見た。やってたのはEVOLUTION。隕石とともに地球外生命が飛来し、短期間で急速に進化した生命体に地元の町が大騒ぎになるSFコメディー。予告でデヴィッド・ドゥカヴニーが出ているのを知って、興味が湧いたのだった。
 たまに映画館で観る以外は殆どDVDになってしまったので、久しぶりのCMに最後まで苛々しながら、あと暫く慣れるまで日本語の吹き替えに違和感を覚えたけど、最後まで観ちゃいましたよ。でも、これは映画が良かったからではない。CMが適度に退屈を紛らわしてくれたからだと思う。
 そんな訳で、映画の評価はやっぱり芳しくないんだけどね。B級映画をよくもまあカネかけて作ったもんだってのが、正直な感想。下らないことに糞真面目にお金をつぎ込むってのは評価に値するけど、でも、演出が悪い。話もダラダラだらけまくって、まるで緊張観がない。D.ドゥカヴニーも仕事選べよと突っ込みたくなる。ケツ出すな! そうそう、監督ケツ好きだね。
 エイリアン版のゴーストバスターズだな、と思っていたら、この監督、ゴーストバスターズの監督だった。さもありなん。特撮はよく出来ていた。でも、結局この監督は発想がゴーストバスターズ止まり。ゴーストバスターズが大ヒットした時に、映画館に来る人はルーカスの映画ではなく特撮を見たがっている、みたいなコメントをしていたけど、ゴーストバスターズを越える作品が作れないのではカッコワルいよな。ゴーストバスターズが何故良い作品なのか監督が一番解ってなかったんじゃないか?そんな気がする。

 まとめ:モルダー、頼むから仕事を選びなさい。

 
PR



ど!

あまりにも眠く、
眠く、
眠く、
眠く、
眠く、
眠く、
眠く、
眠く、
眠く、
眠く、
眠く、
眠くて、
眠気覚ましにコレ↓↓観ました。

ブレイド3

本当は週末にでもゆっくり楽しむつもりだったけども、
眠気覚ましにしてしまった。
相変わらず無愛想なヤツだけど、
やっぱりカッコいいよな。
出だしからド派手に飛ばしまくっとります。
評価としては、
あの強烈な眠気を見事退治してくれました。
そして今、睡魔大魔王の逆襲。
今日は風呂入って床に入ってしまうつもり。
では、
ごきげんよう。

「まあまあまあ、静まりあれ。ODEBUheadまあまあまあ、落ち着きあれ」


SDみっきーforTOP誰だアンタ?SDマロンDance!S


「血迷いの神さまであるぞ」

神さま?

「宗谷」

・・・・

「あ、いや『そうや』だったね。あは、あはは」


はぶだろ。

「な!なにを言う。違うゾエ」

オダギリ

「ジョー、ぁ…」

絶対はぶだ。

「ち、違う!違う!お、オレは神さま!神さまだあ!!」

はいはい。。。

「はいはいって、おい、どこへ行く?!戻って来んか、こらぁ〜」

フュージョン

オラ、とんでもねぇモノ見つけただ。




悟空の超サイヤ人##

いったい、オラ、どこまで強くなるんだ。




 まったく、マニアッてのは底なしに定向進化してゆくね。俺はどうもダメです。針先を拡大鏡で覗いて一番端っこを探し、更に光学顕微鏡、更に電子顕微鏡、…てな具合に、とことん違いを探してゆく。そんな根気ありません。他人よりもより小さな違いを知る事にステータスを感じているように見えるけど、どうでもエエ。俺はむしろ大きな違いを見出したい。
 ドラゴンボールは俺も好きで、少年ジャンプの連載を最初から読んでいる。別に自慢でもなんでもない。当時大学生だった俺が、当時驚異的な出版部数で怪物と呼ばれていた少年ジャンプを読むのは極当然な事。(今ちょこっと調べてみると連載開始は84年。大学に入学した年じゃん)おまけにDr.スランプの鳥山明が連載開始となれば読まない訳がない。(それだけDr.スランプは凄い人気だったのよ)
 でも、途中から読まなくなったな。純粋にオモシロくて読んでいられたのはフリーザまでで、それ以降はマンガの連載よりTVアニメのZの方が楽しめたけど、それもセルまで。その後の魔人ブウに至っては無理矢理描いてる感じがして痛々しい気がした。だからGTなんぞ見る気もしなかった。まあ、たまに見ることもあったけど、結局超サイヤ人の幾つまでいったんだっけ?あの悟空の姿は気に入らなかった。あれは鳥山明が導いた変身ではなく、ドラゴンボールフリークが作り上げた究極の姿なんだ。そう思った。










が、

違いましたね。まったく、マニアの飽くなき探求は留まりませんな。たぶん、マニアがいる限り、どこまでも、どこまでも、銀河鉄道999のパス期限と同じです。

 ところで、最初のリンク元のTOPページはこちら→Doragon Fever

では、また。
許されざる者クリントイーストウッドの気迫には脱帽いたしました。彼が最後に馬上から街の連中に啖呵きるところなんか、正に鬼神です。スんゴイです、この映画は。いやDVDで観たんだけどね。何となく西部劇を幾つか観たくなって借りた一枚なんだけど、正直言って期待はしてなかった。だってさ、ビッグスターがさ、自分で書いて監督して主役なんだもん。公開当時も「大したことないでしょ」と斬りすてていた。しかし、さっきエンドロールでじんわり涙がね___。こんなの初めてサ。反省しまくりです。
 そりゃね、家族が商売で成功して幸せになんて、いくら噂でも何じゃそりゃ?って違和感を覚えたよ。私ゃてっきり馬上で去り際に後ろから撃たれて死ぬかと思ったから、早く場面が切り替わらないかとスんゴイ緊張した。だから、それだけにラストの物語に「何じゃそりゃ」感が強かったんだけど、あれはもしかして余計だったのかもね。単に家族がそこにいなかったと云うだけで充分な気がする。そこまで観客を救済する必要は無い。
 う〜ん、こう云う事は下書きしてから書くべきだな。どうも変な日本語になっているんではないかな?
 とまあブツブツ文句をたれたけど、最初に書いた通り、この映画は凄く良い。ああ、なんかダーティーハリーが観たくなってきたな。それとスティング!ああ、書いちゃった。ああ、もう流れてますよスティングのあのメロディーが、現実に流れているTalkinguHeadsを押しのけて。

 ところで、一度バーナーでも作ってみようかな?と思って作ってみたけど、結局ボツにした。でも、その過程の思いつきでHPの扉を変えました。いかがかな?

 では、
ごきげんよう。

注目!!
▼ ▽ ▼
HABU's Guest House更新しました。
久しぶりにミッキーモノです。







チャーリーとチョコ工場


 見ての通り、チャーリーとチョコレート工場のDVDを観ました。ネタばれしないから未だ観てないって方、安心して読みなされ。で、結末なんだけど、嘘だよ、書かないよ。
 で、感想はですね、いや〜良かった。想像以上に良かった。未だ観てない人は観て損はしません。私の評価は殆どが褒めてますが、微妙に表現が変わってますんで、そこんとこ神経尖らせて読むべし。あ、気に入ったキャラをGo!勒で紹介するつもりなので、ネタばれ気にしない人はどうぞ。

追記>はてなDの状況が悪すぎてログをアップするのを断念しました。連休だからしょうがないけど、みんなインターネットやり過ぎ!よゐこは早く寝なさい。
追記2>書きました。(5/5)
 ここんとこ、blogの引っ越しやら何やかやで、人が読んでオモシロいと思えるようなものが書けているのだろうかと少し心配です。元々オモシロくねえよって言われればそれまでだけど、いくら権限が有ると云っても公開するからには読んで頂けなければ意味が無いし、幸いランキングにポイントが入っているって事は興味を持ってくれた人がいるって事なので、そう云った人たちの気持ちに応えていると胸を張れるものが書けているだろうか?

 気がつけばblogを始めて(4/21で)一年が経った。つまり「はぶ」としてネットデビュー一周年ってわけ。ま、そんな事はどうでもよいが、それ以前からいろんなblogを観察していたが、やはり実際にやってみるとblogに限らずwebサイトの観方感じ方も変わるもんですね。
 さて、皆さんはランキングについてどう考えておいででしょうか?
 サイトによっては「ランキング命!」「ランクアップこそ我使命!!」みたいに必死にバーナー並べてたり、一番多いのはサイドバーにバーナー貼っているのに記事の最後に必ずランキングの投票を頼んでたりね。
 ついでに言うと、そんな最後になって「ポチッとな」タイプを批難してるblogも見かけるし、言いたくなる心情も理解できるけど、私はそれはそれで構わないと思う。それよかバーナーをこれでもかと云わんばかりに並べているサイトの方が、逆効果だし、みっともないよと言いたくなる。それに、これは声を大にして言いたいけど、バーナーを騙しリンクにしてまで投票させるのはよしなさい。突然現われたランキングサイトを目にして気分悪くなるから二度と訪れない。

なぜ、そんなにランキングに投票して欲しいの?


 アクセスアップに決まってんでしょ。そんな答えが聞こえてくるようですが、それ以前にランキングが上がるのが嬉しいみたいなblogもわんさか在りますね。何たら部門で何位だのなんだのと嬉々とした記事やPRを見かけると、それはそれで本人が嬉しけりゃいいんだけど、それだけでは虚しくないですかね?
 ランクアップしてどうなんの?それこそアクセスアップでしょ__今度こそホントに聞こえてきそうだけど、確かにアクセスは増えますね。で、アクセスが増えるということは、それだけより多くの人に自分のしている事(Webサイト)を伝える事になる。つまり、ランキングに投票して欲しい、つまりランクアップしたい、つまりアクセス増やしたい、つまり少しでも多くの人に自分のサイトを見てもらいたいんだよね。何を分りきった事をコイツはぐだぐだと書いておるのだ!とお思いでしょうが、はい、ここで質問です。

少しでも多くの人に何を見せたいのですか?


 即答、それも明確に応えられた方がいれば、拍手です。凄いです。ちなみに、私は即答も明言も出来ませんが、それでも何となくコンセプトめいたものはあります。それにキーワードなら今まで何度か書いた事もありますし、HPのサブタイトルとか先代HPの挨拶文なんかも、やりたい事の輪郭を一部なぞっています。仕事じゃないのできっちり煮詰めて明確になんかしませんが、それがHABU's Guest Houseをやっている源です。
 そりゃあね、ランクが上がると悪い気がしませんよ。でも、結果的に本来の目的を叶えていたとしても、本来の目的を見失って手段が目的になってしまっていたのでは、たまたまという外ない。そこから先が無い。

 気がつけば、方向修正する前に結論めいたものが出てしまいましたね。ホントはリピーターを増やしたいってところへ持っていきたかったんだけど。ま、ええか。で、せっかくなんで、最後のくっさい締めと行きましょうか。

私がやりたい事はHABU's Guest Houseという名前の中に在ります。


では、ごきげんよう。
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
ブログ内検索
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 娯楽 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com