忍者ブログ
HOME > 娯楽の記事 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
■カテゴリ「娯楽」の記事一覧
[2019/11/19] [PR]
[2008/03/01] サル繋がり
[2008/02/25] Animusic
[2008/02/25] Frankenweenie
[2008/02/25] Vincent
[2008/02/24] 「AKIRA」実写版+α
[2008/02/23] monkey farts!
[2007/12/24] the Holiday

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Bananas



Burninng safari


PR
    知っている人は知っている、と書くと、あったり前じゃんと言われるけど、知る人ぞ知る、だとあまりツッコム人はいないですね。
    すいません。また無意味な出だしですが、みなさん、Animusicってご存知? そう、知る人ぞ知るってヤツですが、Youtube巡りしてたら、ずいぶん発展してましたね。それでも個人作品ばかり続けて聴いていると、midiの音が耳障りになってきます。音にも嘔吐くってことがあるんですね。初体験でした。
    とはいえ、そんな作品は紹介しません。捜せばもっと良いのがあるでしょうが、先ほどまで聴いていた中で、これは良いと思うもの一つ、どんぞ。


    さて、こんなものが出ると、やはりYouTube、ありましたね、こんなのが。



    では、最後に極めつけを楽しんで下さい。


    もうひとつティム・バートンの短編映画。こちらは実写版です。
Frankenweenie
+part1+


+part2+


+part3+

    日曜洋画劇場でジョニーデップ主演のスティーブンキング原作「シークレット・ウインドウ」やってましたね。
sw_500_375_a.jpg
お袋はなんやよう解らんと文句いってましたが、ま、しょうがないでしょうな。最初の場面から説明もなく考え込ませるなどと、お年寄りには酷というもの。
    さて、ジョニーデップと云えばキャプテン・スパロウだけど、ここは敢えて「スィーニートッド フリート街の悪魔の理髪師」と書いちゃいます。「チャーリーとチョコレート工場」でもいいや。ま、ここまで書けば映画好きならピンと来ますね。
    はい、ティム・バートンですな。このかたジョニーデップと公私ともども仲が良いらしいですが、ま、ここまでモッテマワッタ書き方をすれば510通さんならピンと来ますね。
    はい、ティム・バートンは短編アニメを作ってたんですな。ディズニーのアニメーターだったとか。だから「ティムバートンのコープスプライド」なんだ。ここでも主役の声でジョニーデップが出演し、つまり、ここまで書いておきながらアレなんですが、結局「ジョニーデップといえばティムバートン」と単刀直入に書いても構わなかったんですね。
    はい、御託はこの辺にして、ティムバートンの短編アニメ「Vincent」をどうぞ。なかなか濃い〜ぃです。

    レオナルド・ディカプリオがアニメ映画「AKIRA」の実写版を製作するとな。監督はRuairi Robinon。監督の考えでは、二部構成で舞台は「ニュー・マンハッタン」。公開は2009年夏の予定。
    どんな作品になるか、取り敢えず監督のRobinson氏が製作した短編アニメ「Fifty Percent Grey」を参考までにご紹介します。ちなみに2002年アカデミー短編アニメ映画賞にノミネートされた作品です。


今回はつづきありますよ。
    あくまで偶然です。それとも、今回は運命と表現しようかな?
    久しぶりにDVDの感想をば。今宵にもってこいの「ホリデイ」です。
002.jpg

    結果から言うと、良かった。期待してなかったけど、少なくとも悪くはない。う〜ん、これでは消極的な表現だな。普通よりは気に入った。何とも微妙な感じ。はい、この手の映画は好みじゃないので上手く評価できません。でも、好きか嫌いかで言えば即答で好きです。解りました?
016.jpg

018.jpg

    正直キャメロン・ディアス見たさに借りたようなもんです。ソフトバンクのCM以来気になる存在ではありましたが、出演作が「チャーリーズ・エンジェル」だの「メリーに首ったけ」ではね、失礼ながら演技してるとこ見たら失望しそうな気がしてました。でも、そんな心配は無用でしたね。
    それより気になったんだけど、英国人のイングリッシュが米国語と区別つかなかったのは、私の耳が錆び付いたせい?
    ところで、ケイト・ウィンスレットがタイタニックのお姉ちゃんだとは知らなかったが、まさかビデオ屋でダスティン・ホフマンがいたなんて。
    そんなわけで、クリスマスイブにもってこいの映画を観ちゃいましたよ。もちろん一人で。
    だって明日仕事なんだよ!
    あと四回で今の職場とオサラバなのよ!
    なのにやらなきゃならん事いっぱいなのよ!げ!もうこんな時間。もっと簡単にしとけば良かった。
    そんなわけで、メリークリスマス!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
ブログ内検索
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 娯楽 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com