忍者ブログ
HOME > 娯楽の記事 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
■カテゴリ「娯楽」の記事一覧

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マザーリシャリーフ(ダリー語 : مزار شريف Mazār-e Sharīf)は、アフガニスタンの都市。近現代におけるアフガニスタン北部の最重要都市で、現在はバルフ州の州都。国内第4位の人口 (300,600人) を擁する (2006年の公式推計)。幹線道路によって、南東にカーブル、西にヘラート、北にウズベキスタンと繋がれている交通の要衝である。住民はウズベク人が多く、優勢な言語はダリー語である。マザーレ・シャリーフともいい、報道等ではマザリシャリフと表記されることが多い。都市の名はダリー語(ペルシア語)で「神聖な墳墓」を意味するが、その名はスンナ派における第4代正統カリフでシーア派における初代イマームのアリー・イブン=アビー=ターリブのものとされる墳墓が所在することに由来し、中央アジア南境における宗教都市として発展してきた。もっとも、一般にイラン以西のシーア派の多くの人々がアリーの墓と考えているのはイラクのナジャフのものである。市域には、イスラムやヘレニズム時代の古代遺跡が多く残っている。(Wikipediaより)

いってみたいな遠〜い国〜♪
でも、今回はちゃいまんねん。亀は専念ひたすら×××!!!

わけ判りませんね。
でも、このカタクチ鰯でp−んときた方、ツーですねえーって、いくら何でも本当に判りませんね。
はい、今宵はこちらの書籍、といっても漫画だけんど、ご紹介。
『妖怪盗賊マザリシャリフ』
内容は詳しく書かないが、魔夜峰央ファンなら知っているでしょう。誰それ?って人でも「パタリロ」作者と云えば判るはず(俺だ)。
復刊ドットコムからコミック全3巻を2巻に再編集した復刊版が今日届いて、本当はもう少し寝かせてから楽しもうと云う魂胆だったが、iMacが不安定で、一時HDDを認識しなかったり、48団の新作作ってる最中にブラウザがフリーズしかけてぬお〜!!!もう止めじゃああ!やってられっか!



で、結局我慢しきれず読んでしまった。
mazari3.jpgとってもおもしろかったです(幼稚園児並みの感想文)。
ちなみに画像↑はもとのコミック本の2巻です。
コメントを読んでると3巻がなかなか手に入りにくいようなので、読みたいって方は復刊ドットコム(恐らく秋田文庫でも)で頼むがよろし。あるいは私に連絡を。2巻まとめて税込み$100ポッキリ。今なら私のサイン入り手形色紙もおつけしよう。それも10枚!更にお年玉企画としてiPhone3Gのカタログ(新品)と(株)玉川オートサービスのカレンダーも出血大サービス!エエイ、ついでだから送料着払いの返品不可!こりゃあ年明け早々縁起が良いや!
PR
雪が降る夜は
蛍光灯で冷えた心を
キャンドルライトとブランデーで温めてみるといい。
たまにはジャズなんかどうです?



何、らしくない?
では、
これなんかいかがですか?

遠藤のFKが好き。

 というわけで、M-1はNON STYLE優勝しましたなあ。紳介も言ってたけど、今年は新顔ばっか(といっても全くの新人ではない)だけどレベル高かった。今まで笑い飯をずーっと応援し続けて来て、今回こそはいけそうな気がしていたけど、NON STYLEを見て諦めた。 ちなみに、U字工事が意外と面白かった。でも、二回目はどうだろう?という気がしないではない。その意味でナイツの決勝戦は不利だったかな。面白いんだけど、一回目が良すぎたせいで自損した感が拭えない。
 それにしても敗者復活組が強いね。去年に引き続き優勝しそうな勢いがオードリーにはあった。そういえばダイアンは同郷出身という事を忘れて応援してなかったな。やっぱ一番目は辛いなあ。

 久しぶりにGo!勒を更新スッかと思ったら、サーバーメンテ。seesaaおもろいなあ。。。
おもろすぎて仕方がないから小ネタでも。

DVC00060.JPG銭形警部はご存知ある?
変な日本語ですが、えーっと、そうルパン三世の好敵手にして至高の名脇役です。
彼を知らない日本人はスパイ容疑で密告されますよ(たぶん)。
では穴埋め問題です。

「銭形警部は銭形○○の□代目である」

答えは「つづき」に

Macの不調もあって、データ移動をしまくるうちにiTunes Storeで「The Clash Tribute」のレビューが目に入った。トリビュート版だから、The Clashが演奏してるわけではない。レビューの中にもあるように、そもそもトリビュート版を買う人はテーマであるアーティストなり人物なりより、演奏しているアーティストに興味のある人で、私はトリビュート版なるものは聴く気にならない。
では、そんなCDのレビューをちょいと紹介。
51wGbZX-GWL._SS500_.jpg
「言わずと知れたロンドンパンクの雄、クラッシュ!どう考えてもトリビュート版ではなくてオリジナル版が良いです。」
そりゃクラッシュ好きなら当然だわさ。

「いくら有名でも、いくら演奏が上手くてもだめなんだ。ジョー・ストラマー率いるクラッシュじゃなきゃ。」
矢張りミュージシャンのトリビュート版はテーマミュージシャンのファンより演奏しているミュージシャンのファンがターゲットなんでしょうかね。そう考えると、企画者は勝手にホザケ!と思っているのかも。

「何でThe Clashの原曲がないの?トリビュートはあくまでトリビュート。なんか知らんグループが真似していても本家本元がやはり一番です。」
そんな事言ったらトリビュート版がトリビュート版でなくなります。

ちなみに私なら、中学の頃にピストルズ、ポリス、クラッシュ、ジャムのパンク〜ニューウウェイブの洗礼をまともに受けましたからね、トリビュートなんか糞!と書きます。
    なんなんなん!なあなんなん?この寒さ。
    何なのです!ねえ何なの?この寒さ。(東ことば)

    う〜ん、我ながらチトぎこちないけど、「アズマコトバ」て響きは「カントウベン」より良いよのう。もちろんワラワは都ことばやけんど。て、こんなホンワカしとらん、めちゃ寒いやんけ!なんやねん。どないしたんや!風邪でもひいてオトッツァンにうつしたら大変やし、しょうがないからストーブスクランブルエッグは要らんけ?ということで、ここんとこオヤジブログしてた反動か、またYoutube著作権侵害開き直りUPいてまうぜ!


    おもろいの見っけたよン。

 
   だぶっても好きなもんは好き!また一週間ドブネズミのようにように生活しましょう。


チャージできたかい?

    こんばんは、おやじブログ全開の血迷い510でございます。
    さて今宵はYoutubeもの。全く関係なく「お気に入りに追加」した三曲だけど、まあ一応すべて恋の終わりと云うことで強引に比べてみると、やっぱ男と女は違いますね。
    先ず男代表ですが、ここでオフコース「さよなら」がくると思った人は、ここがどこか解っちゃいませんね。まして小田和正バージョンなんてね。と言いながら高校時代に友達に誘われて京都公演を観に行ったのは私です。そんな恥ずかしい過去のついでに、しょうがねえからオフコース

    やっぱメメしいなあ。。。
    では、気を取り直して「22歳の別れ」風

    フォークは姉の影響で小学3、4年の頃によく聴いてましたね。ただ、考えてみると、これは男がうたう女の歌。男が男の心理を歌う曲はあまりないんだよね。探せばあるのだろうけど、お前が好きだぁー!!!みたいな歌ばっかりだな。かつて渋谷陽一がオフコースの恥ずかしさは男の本音を歌っているからと言ったことがあるけど、まさにその通り。三船敏郎先生の「男は黙ってサッポロビール」の教えを最初に破ったバンドです。
    では、女サイドいきますよ。
    先ずは「みずいろの雨」八神純子。凄い歌声ですが、ここは歌詞に注目ですからね。

    いきなり「崩れてしまえ」愛の形ですからね、小田和正泣いちゃいます。
    次ぎ、「異邦人」久保田早紀。久しぶりに見ると、久保田早紀ってお人形さんみたいで可愛いなあ。というか、昔旅先で出逢ったあのヒトに少し似ているな。

    当時、ユーミンが表現は違うけど一発屋タイプと評したら、本当にそうなっちゃった。でも、いい曲です。
    さて、さて、ユーミンの名前で「そういえば、あの人は?」とお思いの方もおいででしょう。では、ここは素直に王道「わかれうた」中島みゆき

    私はコアなファンではありませんが、既にバブルの女王へまっしぐらだったイケイケ松任谷由実が「私と中島みゆき以外に個性のある歌手っていない」と言わしめた「裏女王」中島みゆき。別れうた唄うたいですからね。道に倒れてもなお振った男の名を呼び続けるんですよ。おまけに土砂降りでね。しかも土の地面。菅野美穂あたりはいかがでしょうか。怖くて近寄れませんよ。
    男が作るにしても、女が作るにしても、結局中心に存在するのは女ですね。これ以上の結論は、中島みゆきのパワーに押し倒されて思考不能に陥りました。だってさ、「雨」「殺してしまおう」「雪」「生きていくおまえ」なんて取り憑かれたように聴いていたら、もう何も考えられなくなりました。せめて、最後にこんな曲


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 娯楽 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com