忍者ブログ
HOME > > [PR] > 娯楽 > 悟空は何処へ? Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フュージョン

オラ、とんでもねぇモノ見つけただ。




悟空の超サイヤ人##

いったい、オラ、どこまで強くなるんだ。




 まったく、マニアッてのは底なしに定向進化してゆくね。俺はどうもダメです。針先を拡大鏡で覗いて一番端っこを探し、更に光学顕微鏡、更に電子顕微鏡、…てな具合に、とことん違いを探してゆく。そんな根気ありません。他人よりもより小さな違いを知る事にステータスを感じているように見えるけど、どうでもエエ。俺はむしろ大きな違いを見出したい。
 ドラゴンボールは俺も好きで、少年ジャンプの連載を最初から読んでいる。別に自慢でもなんでもない。当時大学生だった俺が、当時驚異的な出版部数で怪物と呼ばれていた少年ジャンプを読むのは極当然な事。(今ちょこっと調べてみると連載開始は84年。大学に入学した年じゃん)おまけにDr.スランプの鳥山明が連載開始となれば読まない訳がない。(それだけDr.スランプは凄い人気だったのよ)
 でも、途中から読まなくなったな。純粋にオモシロくて読んでいられたのはフリーザまでで、それ以降はマンガの連載よりTVアニメのZの方が楽しめたけど、それもセルまで。その後の魔人ブウに至っては無理矢理描いてる感じがして痛々しい気がした。だからGTなんぞ見る気もしなかった。まあ、たまに見ることもあったけど、結局超サイヤ人の幾つまでいったんだっけ?あの悟空の姿は気に入らなかった。あれは鳥山明が導いた変身ではなく、ドラゴンボールフリークが作り上げた究極の姿なんだ。そう思った。










が、

違いましたね。まったく、マニアの飽くなき探求は留まりませんな。たぶん、マニアがいる限り、どこまでも、どこまでも、銀河鉄道999のパス期限と同じです。

 ところで、最初のリンク元のTOPページはこちら→Doragon Fever

では、また。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
無題
私も全く同じ感想ー。ナメック星さいこうだったのにね~。幽々白書みたいにスッパリ終れば良かったのに、、とか当時も思ってた。
193 URL 2006/05/23(Tue)10:54:30 編集
Re:無題
鳥山明って、もともと終わり方が下手なんだよね。でも、もう一つ出版社に泣く泣く続行させられていたという状況もあった筈。その意味では北斗の拳も同じだわさ。
【2006/05/23 19:44】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 悟空は何処へ? Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com