忍者ブログ
HOME > > [PR] > 介護 > money,money,money ! Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんかね、腹立ちますね。

先ずはこちらから。

さて、コムスンは本当に反省しているのだろうか?
介護保険制度を小馬鹿にしたような態度を、いまだ改めようとしていない。
所詮は金儲けだけですか?
本当に、同じ業界に働くものとして、こんな会社を許して良いのでしょうか?
コムスンが事業廃止届 県が受理 処分逃れか
05/08-13:26

 岡山県は8日、訪問介護最大手「コムスン」(東京都港区、樋口公一社長)から、同社が経営する「コムスン訪問看護ス テーション岡山」(岡山市さい)の廃止届(2日付)を受理したと発表した。同社は虚偽申請で不正に看護事業所の指定を受けたことが判明しており、県では 「指定取り消しの行政処分を免れるために、処分に先駆けて届を提出した可能性もある」とみている。  同社は05年12月、訪問看護事業所の指定を受ける際、常勤勤務できない看護職員を常勤とする虚偽の指定申請書を作成。また、昨年2月にも同様の虚偽申 請を行い、介護予防訪問看護事業所の指定を受けた。  県が昨年8月に行った実地指導で当該職員の勤務実態がないことが判明。さらに今年1月に行われた事業所の監査で、関係者の事情聴取で不正が明るみに出 た。  同社が不正に得た介護報酬は400〜500万円に上り、県では同社に返還するように指導する。同社が展開する県内19事業所についても虚偽申請がないか 監査する予定。  県では指定取消処分のため、7日に聴聞を予定していた。処分逃れとも取れる廃止届提出に県長寿社会対策課では「介護保険制度全体への信頼に背く行為。大 部分の業者が熱意を持って取り組んでいる中、業界最大手の業者が不正をはたらいたことは誠に遺憾」と話している。(岡山日日新聞 URL


「舌が乾かぬうちに」とはこのことか。いやちょっと違うけど、まあそんなとこだな。尤も、舌が乾いてもダメだけどね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[792]  [791]  [790]  [789]  [788]  [787]  [786]  [785]  [784]  [783]  [782
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 money,money,money ! Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com