忍者ブログ
HOME > 介護の記事 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
■カテゴリ「介護」の記事一覧

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    いんやーいやー雪降りです。寒いっす。散歩大変冷たいっす。ついランニングしちまうっす。で、調子に乗ってミッキーと競り合ったら脹脛の筋を再び痛めたっす。痛いっす。軽く跛行しながら雪道っす。車道を横断するとき走らんといかん、じゃっどん、痛かばってんバッテンパパ!(若人には判らんとばい)
    はい、これ以上やると九州方面からバカにしとんのかぁ!と抗議がいらっしゃるから止めときますね。
(追記:「バッテンパパ」は「満点パパ」の間違いでした。)

    さて、昨日アボリジニに政府が謝罪予定との記事を紹介しましたが、今日はその記事をGo!勒で紹介しています。

    で、今日は介護ネタですが、たまには爽やかな記事は如何?

男性7割、親や妻の介護生きがい NPOが調査
2008/02/12(火)09:57 最新介護ニュースブログ けあとも
    介護は大変だが、生きがいを感じる。親や妻の介護を担う男性の七割が、自身の体験を「良かった」と感 じていることが、宝塚市のNPO法人「スマイルウェイ」(西山良孝代表)のアンケート調査から浮かび上がった。「親に恩返しができた」「妻を思いやる気持 ちが持てた」などの回答が寄せられ、西山さんは「介護の苦しみを乗り越えた人だけが語れる境地ではないか」と分析している。
    同法人は、介護を担う男性の孤立を防ごうと月一回、男同士で体験を語り合う「のんびり倶楽部 男子 寮」を開催。アンケートは昨年七-八月、市内のデイサービス施設などの協力を得て実施した。約百八十通を配布、二十一人から回答を得た。(2008年2月 11日神戸新聞より抜粋)
    同会は、介護疲れの夫が妻を殺害した事件に衝撃をうけたという西山氏がたちあげたNPO法人。
    21人という母数などを考えると、統計的な精査がなされているとはいいにくいだろうが、男性の介護者にスポットを当てた同会の存在自体に意義がある と思う。いまや、家庭での介護者の4人に1人が男性とされており、家事や育児よりも仕事を優先してきた世代にとって、介護は思った以上にハードルの高い仕 事となる。
    その中で自身の体験が「良かった」と感じている方がいる事実こそが、一服の清涼剤になる。
尚、アンケートには夢・希望を記述する欄もあり、なかには「介護ボランティアをしたい」「介護事業で起業をしたい」との回答もあったらしい。(た) URL

    ついに他人の褌どころか代理相撲してもらったな。いや、盗んだと云われても仕方ないが、だって(た)氏の書かれたことに同意見なんだもん。これ以上書いたら、また気分悪くするのは目に見えてます。実際、他にも紹介したい記事はあるんだけどね。
    介護なされているダンナさんは、本当に、本当に、言葉で安易に表現するのが失礼なくらい、大変な苦労をされてます。それまで仕事一筋にされてきた人が、身の回りの世話をされるのが当たり前だった人が、たとえ妻であれ親であれ、トイレの世話から食事の世話から洗濯からお風呂から何から何までしなきゃならない。要領を知らない分、手抜きせずキッチリする方が多いような気がします。
    でもその体験を「良かった」と思えるなんて、凄いことですよ。素敵ですよ。素晴らしいですよ。さすがは戦後復興、高度成長を下支えしてこられただけのことはあります。もちろん、そこには内助の功がありました。その結果としての日本の現状責任を押し付けられがちな世代ですが、高齢化社会に道しるべをつけて下さっているのも事実です。人として、この道しるべを大切に活かしたいですね。
PR
【断 久坂部羊】介護保険に幻想は禁物2008.1.30 02:19MSN産経ニュース


現場の声で安心できる介護保険を!2008/01/30キャリアブレイン

他人事ではありません。介護の問題は我々生活する者全ての問題です。老後だけの問題ではありません。いろんな現状を聞き知るところからすれば、どう考えても介護保険制度は破綻し始めています。
厚労省がやっている事は中身そっちのけの器だけの維持です。自分たちの無駄を一顧だにせず器保持を言い訳に中身をどんどん減らし(薄め)てきたのに、まだまだ満足いかないご様子です。壊れかけの器でも、お上にとっては打ち出の小槌。溢れ出る甘露に群がる哀れな亡者たちに我々の生活を任せっきりにして、いいと思う人はおられますか?
はい、そうです。たとえイヤだと言ったところで、中身が減り、薄まるのを止める事はできません。亡者退治も大切ですが、それよりも早急にすべきは中身をいかに薄めることなく増やし、かつ器の強度を増すか、我々が考えて行動する事だと思います。介護の関係者だけでなく、皆で考えて乗り切らないと、この難題は解決しません。最良にして最大の解決方法は行政の無駄をなくして天下りの全面禁止だけど、そんな事に期待してたら地球の寿命が尽きてしまいます。
    雪が降ります。雪が降る。
    ミッキーの散歩してたら雪が耳の穴に吹き込むし耳たぶ痛いし鼻水でて来そうやし、ほんま、寒いですね。みなさん風邪にご注意ですよ。帰ったら即うがい手洗い。ちゃんとちゃんと。んでもって寒い時はお鍋でたらふく野菜食べて温まれ。
    さて、身体が温まったら、今度は閣下閣下と頭を熱くしてもらいましょうか。
    高齢化で若い働き手が不足して介護サービスの維持が困難になり、また過疎化により利用する高齢者そのものが少なくなって採算が合わない。だから民間は参入してこない。だから自治体が運営するしかないが、財源が足りない。福田首相はこの現状を理解しているのだろうか?
「社会保障費削減は限界」元厚労相が意見  2008/01/22 キャリアブレイン
    恐らく、日本人の殆どはこの国で暴動が起こることを想定していないでしょう。でも、この国の現状はいつ暴動が起こっても不思議ではない。国民の反発に慌てて無様な失態を繰り返しても尚、官僚と見紛う発言をするところは、もはや鈍感というより不感症です。もしかしてアンドロイド?
    では、最後に意外な話を取りあげましょうか。今や歯医者さんはワーキングプアなんだって!
歯科医に広がる”ワーキングプア” 2008/01/23 キャリアブレイン
    でも、歯医者って苦手。
    はい、ぬくぬくしてますはぶです。←ちゃんと一発で正確に読めたかな?
    今日の出来事ですがね、先ずは自動車事故がありました。うちのスタッフ(40代女性)が利用者さんを迎えに住宅街(センターの近所)を走っていたら、T字路の横合いからクルマが飛び出して来てドカン!こちらは直進していたんだけど、現場は決して見通しの悪い交差点ではなく、どう考えても相手のクルマの不注意。だけど、現場に駆けつけたPT(男)によると、相手の運転手(大正生まれの男)はこちらが女だと思って威圧的な態度だったそうな。何れにせよ保険会社が交渉するから良いんだけど、情けないねえ。ちなみに、この男、以前うちを利用されていた利用者さんの兄だとか。でもオッパッピィ!
    次。
    リハ室で下肢プーリー待ちをしていたHさん(男)の車イスの後ろにゆっくりKさん(女)が近づいて来た。無口なKさんも車イスに乗っておられる。だからHさんは後ろのKさんに気付いてないが、Hさんは何故かKさんを毛嫌いして徹底的に避けている。それは情報として了解済みであったのだが、私はつい言ってしまった
「HさんもKさんも、もうちょっと待っててね」
    私の視線と言葉で気がつかれたのか、Hさんが「ワシあっち行くわ」と車イスをUターンさせながら
ワシ、ホンマ気持ち悪いわ!なんであんな気持ち悪いヤツがココに来よんねんと、悪態を吐き始め、180度廻りきるとKさんの方を向いて「なんでそんな気持ち悪いねん」とハッキリ言った。
    気がつくとHさんの車イスを押していた私は、尚もエスカレートする言葉遣いで同意を求めるHさんの肩をむんずと掴んで立ち止まった。そこに居合わせたPT(前出)もHさんの口を手で塞いだ。
    しかし、それでもHさんの感情的でしかない暴言が続いたので、「Hさん!ちょっと別室へ来て!」と車イスを廊下まで押した。ちょうど誰もいなかったので、そこでブレーキをかけて両膝をつき、下から諭すように「いくら何でも言いすぎです!」「人として、社会に生きる、集団で生きる、最低限のルールでしょう」「それが守れないようでしたらココでの利用を考えさせて貰うこともあり得ます!」
あ〜あ、言っちゃった。。。
    でも、Hさんは「スタッフに説教された」と冗談めいてはいるが大きな声で何回も繰り返していた。もしかして隣室の院長に聞こえるとでも思って? ふん!確かに客は何やっても許される。ただし、リハビリセンターの客である以上、我らスタッフは客のリハビリの為に最善を尽くします。そしてリハビリとは社会的な側面も含まれます。歩けるようになるだけが、寝返りうてるようになるだけが、階段の昇降ができるようになるだけがリハビリじゃ御座居ません。明らかな社会生活上の後退は見逃すわけには参りませんぞ!「金さえ払えば」は、少なくとも俺は認めんからね。だからハッキリ言いました
「Hさん、それはアナタがイケナイことをしたからです」

    でもさ、本当は説教なんてしたくないんですよ。説教したがるヤツにろくなヤツいませんからね。でも、まあ、主任に褒められたからええか。
   
    うちのPTが利用者のTさんのズボンが前後ろ逆になっているのに気付き、直そうと声をかけたら、これで良いんですと、断られた。そして終礼時に、Tさんが固辞した理由が判った。
    前にも書いたけど、今週は中学生が体験実習に来ている。そのうちの一人が風呂上がりのTさんの着衣を手伝ったのだが、その時にズボンが前後ろになってしまった。その場でTさんが気付いていたかどうかは判らないが、昼すぎにPTから指摘されてもTさんは今のこれで正しいのと言い張り、直そうとはしなかった。いつもならブーイングして牛みたいにモーモーモーモー煩いところなのに、どうしたん?
    で、帰りの送迎車の中でTさんはこう言ったそうな。
中学生の女の子が一生懸命やってくれたから、これで正しいの。間違いなんて言いません。私は嬉しかったの。だからこのままで良いの。
    情報公開しまひょ。
    第三者機関の調査を受けまひょ。
    これこれの記録は取っときまひょ。
    参加者全員の氏名を記録しまひょ。
    回覧した記録もとっときまひょ。
    記録。
    記録。
    記録。
    記録。
    記録。

キロクハタイセツ!



ほんまに?

    なんかお役所の言いなりなんですが。
    役所の仕事の下ごしらえのような気がしますが。
    どのみちやらされるから
    役所に睨まれるから
    利用者に向かうエネルギーを書類に向けろってことですか?
    本当に必要不可欠なら黙っててもやりますけどね。
    でもお達しだからやるしかない。

    恐るべきは批判精神の欠如。
    見つけ出せ常識を。
    まことしやかな常識こそ疑うべし。
    鵜呑み盲目は滅びの調べ。
    ちょっとお!奥さん、聞いたあ?1000万だって、1000万!なんやねん、こいつは?!

[社会] 「介護は金稼ぎ」公言する経営者
2007/10/08(月)人民新聞
    「さぁ、稼ぐぞ!」。この夏、アルバイトとして東京都板橋区にある訪問介護事業所で過ごした私は、毎日この言葉を聞かされた。浜松市から上京してきた事業所責任者は、「介護は金を稼ぐ方法だ」と私に囁き続けたのだ。
    「介護業界で有名な人物が携わっている面白い事業所」だと私が紹介されたのは、三洋電機が新規に介護事業に乗り出すための子会社だ。今振り返っても正に「介護でお金を求めるだけ」の事業所だったと思う。
    六月中旬、私は板橋区にあるその事業所を訪た。「介護事業所」というには最初から違和感があった。面接に現れた責任者は、日本拳法で鍛え上げたという体格 でありながら、頭髪が薄く皺の深い顔立ちで、とても私と同世代とは思えない。聞けば、これまで一家で静岡県内に多くの介護事業を立ち上げたという。その実 績からセントケア社など介護サービスの大手企業から一〇〇〇万円近い給与の提示があったが、「もっと稼げるかもしれない」とこの会社に入社した。「介護で 金を稼ぐ」と宣言した彼は、私に介護業界の暗部をまざまざと見せつけた。
    特に印象深かったのは七月の参議院選挙だ。彼は勤務中にもかかわらず選挙活動をした。応援していたのは、自民党候補・ かわせ(河瀬)葉子だ(注)。投票日が近づくと彼は、スタッフに「介護保険のために、介護業界にいるなら、河瀬さんに入れて欲しいなぁ」と言い続けた。
    同じ介護業界にいる彼の父親がかわせ葉子の後援会幹部らしく、父親からというより、業界人として選挙活動を強いられていた。彼は、私にも 『かわせ葉子』の名前を言い続けたので、思わず「介護保険制度の問題を考えるのは大事です。しかし、それ以上に憲法九条の問題を深く考えたいと思います」 と切り返した。すると彼は、二度と私に語りかけることはなくなった。
    仕事も選挙も忙しい日が続き、深夜まで残業していた私に、突然彼が話しかけてきた。「コムスンは法に触れたからいけないんだ。ギリギリで 法に触れなければいい。介護保険制度はこのまま続けばいい。制度が存続しないと事業者が稼げなくなっちゃうからな。お前もそのことをよく考えろ」。

※注)自民党比例区から出馬、落選。ニチイ学館のケアマネージャーとして勤務しつつ、事業者連合団体の日本在宅介護協会の活動に従事。介護保険制度の堅持と団体活動の発展が立候補の趣旨であった。ちなみに文中の責任者の父親は日本在宅協議会の幹部である。 URL


   責任者氏もさることながら、そんなヤツに高額な報酬を与えてでも金儲けしたい企業の節操のなさが情けない。そんな金があるのなら真面目に頑張ってる介護スタッフの報酬あげろ!

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
ブログ内検索
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 介護 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com