忍者ブログ
HOME > 介護の記事 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    問題です。
    日本の自殺者は3万3000人を超え、うち60歳以上が36%以上を占めます。
    では、多いのはどっち。
    A、家族と同居している高齢者の自殺
    B、独居老人(一人暮らし)の自殺

    答えは下↓の記事に書かれています。

地域が担う介護のあり方とは -医療介護CBニュース-

    高齢者問題は他人事ではございません。あなたの家族は大丈夫ですか?ご近所付き合いしてますか?お金や有価証券は冥土の土産にはなりませんよ。

(血迷い i より転載)


PR
 インドネシアから受け入れ第一陣の看護士と介護福祉士の候補生。
まるでサハラ砂漠に垂らした一滴の水。
こんな事で人手不足の解消になるんでしょうかね?
即戦力ではなく、これから国家試験を受けて合格してから資格を取り、ただでさえ火の車の事業者に渡航費など負担させる。エリートはバカの代名詞か?
天才バカボンはこんな未来を予測した社会派パロディー漫画だったのですね。
(血迷い i より転載)
    たまにはチベットから離れないと、福祉関連のランキングで上位に定着しているのが心苦しくなります。毒抜きサイトに偽りはないんだけどね。ね。

    最近、裁判官制度が話題ですが、しょうじき誰が決めたの?浮世離れした世界の「センセイ」たちが勝手に決めちゃってさ、俺は嫌だよ。万がいち刑事裁判に呼び出されたら、法廷で開口一番「我が輩は死刑制度に反対である」と厳かに述べようぞ。憲法は尊重するけどね、「法に支配」なんかされてたまるか。冗談じゃねえぞ。
「裁判所は断罪して終わりだ」—。子どもを虐待して死亡させた親の刑事弁護人を引き受け、児童虐待の問題に取り組んでいる岩城正光弁護士はこのほど、厚生労働省が開催した会議で特別講演し、日本の刑事司法をめぐる問題に鋭く切り込んだ。
「加害者を処罰して終わりではない。『どうしたら虐待を防ぐことができたか』という視点を判決文の中に書いてほしいと願って活動しているが、残念なことに、この思いが満たされたことはない」
    厚労省は6月17日、各都道府県の担当者を集めた「2008年度全国児童福祉主管課長・児童相談所長会議」を開き、児童虐待防止対策の推進や障害者施策の見直しなどについて、関係法令の改正点や今年度の方針などを説明した。
    特別講演では、特定非営利活動法人(NPO法人)「日本子どもの虐待防止民間ネットワーク」理事長で、社会保障審議会児童部会の「児童虐待等要保護事例の検証に関する専門委員会」で委員を務める岩城弁護士が登壇。「子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について」と題して、児童虐待が発生する背景や対応策、今後の課題などを解説した。
    岩城弁護士は、虐待による死亡などの検証報告に先立ち、児童虐待の解決に向けた思いを語った。「多くの被疑者(親)は『帰ってください』『わたしには弁護を受ける資格はありません』と言って目をそむける。そこで、『あなたの刑を軽くするつもりはない。第二の悲劇を起こさないために、子どもの死を無駄にしてはいけない』と話すと、ここで初めて目線を合わせてくれる」と述べ、児童虐待が発生するメカニズムを解明する必要性を強調した。
    「加害者を処罰して終わりではない。『どうしたら虐待を防ぐことができたか』という視点を判決文の中に書いてほしいと願って活動している。しかし、日本の裁判所は断罪して終わりだ。『到底許されるべきではない』というバッシングの言葉はたくさん出てくるが、原因は解明されていない。裁判所には多くの情報が集まっているのに、判決という形になると、こんな薄っぺらな表現しかできないのだろうか」
    岩城弁護士は「残念なことに、わたしの思いが満たされたことはない」と嘆きながら、次のように述べた。
    「多くの判決文を集めて分析したことがあるが、何が原因かを突き止めた判決文はほとんどない。『児童福祉はこうあるべきだった』とか、『保健センターがこうしてくれたら』ということを書いてくれたら、司法権が行政に対してメッセージを飛ばすことになる。とても意味のある判決になると思うのだが、いまだにわたしの思いは実現していない」

更新:2008/06/19 11:35   キャリアブレイン

    罪を憎んで人を憎まず___残念ながら世間の傾向はどんどん逆方向へ向かっています。マスコミも何もかもが被害者救済を合い言葉に勢いづいてさ、第三者が知る必要のない情報まで曝してね。でも、それで世の中安全になったのかと云えば、ますますわけの解らん犯罪が増えている。なぜでしょうか?
    馬鹿げた野次馬根性を捨てて問題だらけの社会に真面目に向かい合わないと、その場その場の小手先が延々続くだけ。誰が悪い、こいつが悪いと大騒ぎする前に、その「犯人」に自分もなっていたかもしれないことを自覚しないと、いつまでたってもこの世は進歩しません。
    CO2削減しましょう!なんていいながら政府関係の施設にエコ対策はほとんど皆無に等しい。そのうえ公務員の無駄遣い。倫理観を疑うような行為。後を絶ちません。
    タクシーの問題にしても、もらった職員に触れず、タクシー会社に出入り禁止とかきっついことを平気でちらつかせるし、いつだってそう。民間の業者は必死なのだ。要は職員の倫理観の問題。今後は一切貰いませんと断れば済むことだ。なのに、何故タクシー会社に全ての罪をなすり付ける?一流大学出のお利口さんが「くれるんだもん、しょうがないじゃん」ですか?いい加減にしろ!である。
    さ、気分が盛り上がったところで、更に血圧あげましょうか。
レセプト審査効率化に最低評価—規制会議
    政府の規制改革会議(議長=草刈隆郎・日本郵船会長)は6月5日、同会議が昨年度中の規制緩和措置を各省庁に求めていた事項のうち、対応が不十分なものに対する見解をまとめた。抜本見直しを求めていた社会保険診療報酬支払基金(支払基金)の診療報酬明細書(レセプト)の審査・支払い業務については、「見直しが全く行われていない」とし、最低ランクの評価を下した。医療関連の規制緩和を検討する「医療タスクフォース」の松井道夫主査(松井証券社長)は、「これで国民が黙っていると思うのか」と不満をあらわにした。
    見解は、各省庁に昨年度中の規制緩和措置を求めていた95項目のうち、対応が不十分なものとしてピックアップした20項目についてまとめた。医療関連では、支払基金の業務効率化のほか、「医師と他の医療従事者との役割分担の見直し」や「医療従事者の派遣拡大」など3項目を挙げている。
    医療機関からのレセプトは現在、原則として支払基金や国民健康保険組合連合会(国保連)によるチェック・審査を経て各保険者に請求され、保険者は、審査結果を踏まえた医療費を医療機関に支払う仕組み。支払基金でのチェック・審査業務は、5000人以上の職員らによる“人海戦術”で実施されている。同会議は、支払基金と国保連の審査・支払い業務では、人件費などの予算は年間2000億円規模に達すると推計している。
    医療機関からのレセプト請求は2011年度までに完全オンライン化されることが決まっており、同会議では、これを前提に審査業務などの抜本改革を行えば、支払基金だけで人件費などを大幅に削減できるとし、数値目標を明示した業務効率化計画を昨年中に提出するよう厚生労働省に求めていた。
    5日にまとめた見解の中で同会議は、厚労省による計画について、「人員計画については退職による自然減以上の減少を見込まないというもの」「業務フローの抜本的な見直しは全く行われていない」などと指摘。松井主査は「後期高齢者医療を含めて国民の負担が上がる中で、誰が考えても効率化できる部分を無視している。これで国民が納得できると思うのか」と怒りをあらわにした。
    草刈議長は社会保障費の伸びの年2200億円の圧縮に触れ、「大変だろうが、こういう(無駄な)部分がもっとある。国保連はこれ(支払基金)よりスケールが大きいから、両方を合理化すれば相当程度、無駄を排除できる。財政のプラスにもなる」と述べた。

更新:2008/06/05 23:05     キャリアブレイン
人件費削ってあまった分、何に使いましょうか?
何か調査でもするか?
研修旅行は?
そうだなあ、後期高齢者医療のQ&Aビデオでも作るか?
課長、それをいうならDVDですよ。
両方作ろう。

まあ、実際は
「____」

無反応?!
    頭の中、チベットでちべっとでTibetでぐるぐる渦が巻いています。カード会社から電話で引き落としができなかった旨、5万いくらを○○BKへ振り込めと若い姉さんの声。手慣れた口調は丁寧だけど、手間トラセンジャネエYOこの貧乏人!と云うエッセンスが、やや低音部に漂っていた。
「ああそう!そうですか!スミマセンねえ!そうですかあ!」
妙に大声で脳みそ空っぽな受け答えをしたものの、なんてこった。。。何でこんな買いもん誰がしたんや___それでも、頭の中にはチベットがぐるぐるぐるぐる。昔読んでポカラのアニルモモ・レストランに寄付したチベット本を図書館で借りて、参考になる情報・参考になりそうな情報を抽出する作業に再び没頭する。さすがにお袋も愚痴りだしてきたし、でも、頭ん中でマニ車が回っちょります。
    そういえば急激にアクセス数が回復し、510にしては凄い勢いだったので解析記録みてみたら、どうもBjorkの記事とチベットの記事の相乗効果のようだった。それで今日はBjorkの声明を採り上げようかと思っていたけど、こんな記事を見て気が変わった。全文引用しますね。

介護職の「普通の生活を」 160万人が署名
2008/03/06 10:20     キャリアブレイン

    全国老人保健施設協会(全老健)の川合秀治会長は3月4日、舛添要一厚生労働大臣と額賀福志郎財務大臣に対し、介護職員の生活を保障してほしいとする約 150万人分の署名とともに、職員の給与を保障できる介護報酬改定を求める陳情書を提出した。川合会長は同日の記者懇談会で、「日本の人口の80人に1人 が署名したのはすごい数字。今後、(地方議会の)代議士の方などにも働きかけて現場のことを理解してもらいたい」と述べた。(熊田梨恵)


    川合会長は同日、全老健の各都道府県支部から集めた154万8,934人分の署名を財務大臣と厚労大臣宛てに提出。介護職員の給与水準が他産業に比べて低 いことなどから職員の確保が将来的にも難しいとして、職員の給与を保障できるような介護報酬改定を求める内容の陳情書も併せた。阿曽沼慎司老健局長に、給 与が低いために仕事を続けたくても現場を去ってしまう職員がいるなどの現状を訴え、「普通の生活」を介護職員に保障できるように介護報酬を改定してほしい と求めた。

    川合会長は記者らに対し、「埼玉県で実施していた署名活動を全国でやろうということになった。署名は施設職員からだけでなく、職員の家族や入所者の家族からの署名が多かった」と、地域も巻き込んだ署名活動だったと述べた。


■きっかけは職員の1枚の手紙

    「今の給料のままでは子どもを養うことができません。家のローンも払うことができません。介護職員の給与を保障してもらえるように署名活動をすることはできないでしょうか」—

     昨年7月に全老健埼玉県支部に届いた、老健で働く男性からの1枚の手紙が署名活動のきっかけだったと、同県支部の吉田昇事務局長は語る。「どんな小さな火 の手でも上げていかなければ変わらない」。すぐに介護職員の生活を保障するための介護報酬改定を求める署名活動を開始。理事たちから「無理だ」と言われな がらも10万人分を目標に集め始めた。

    「施設職員だけでなく、地区の医師会や学校の先生方、地域の人たちなどが『私たちの大事な両親を預ける人たちの生活を保障してほしい』との思いのもとに動いてくれたことはありがたかった」。

     署名活動は地域に広がり、県を超えて北海道や九州などからも集まった。地区医師会の働きかけにより診療所や病院の患者などのほか、生徒の社会体験で施設に 出入りする学校の教師たちも署名した。施設職員らも家族ぐるみで地域に活動を展開。父親は自分が勤める会社に、母親や妻は近隣住民、子どもは学校などに訴 えかけた。

    9月に始めて2か月後、集まった署名は当初の目標を超える10万4,945人分になった。

    「一般の人も関心を持ってくれて、みなが一つの方向に向かって進んだことがこの数字になって表れた」と吉田氏は話す。県知事から国に働きかけてほしいとして、11月末に知事に署名を提出した。

    埼玉県の活動は全老健に波及した。署名活動を全国で展開することに全支部が賛成。2月末までに、すでに知事に提出している埼玉県や沖縄県なども合わせると、166万3,501人分の署名が集まった。

    全老健は地域の支部長に対し、党派を問わず議員たちに訴えていくよう求めるなど、集まった署名を全国的な動きにしていく構えだ。

    厚労省は今回の署名と陳情書の提出に対し、「次回の2009年度の介護報酬改定のため、現在介護サービス事業所の経営実態を調査している。今後、実態を把握して分析した上で、介護給付費分科会で議論してもらいたい」と話している。

    一人の介護職員が願いを託した手紙が160万人の署名になった。国が現場の思いに応えるかどうかは09年度に実施する次回の介護報酬改定にかかっている。


■介護職の平均年収は211万円に減

     厚労省の調べでは、現在介護福祉分野で働く人は328万人。高齢者分野197万人、老健施設19万886人が働いている。介護職員の月額平均給与は 20.8万円などで、全産業の33万円に比べて低くなっている。福祉施設職員に決まって支給する現金給与の年額の推移を見ると、02年の232万 2,000円をピークに減少、05年には211万3,000円に落ち込んだ。老健の離職率は22.7%と、全産業の17.5%に比べて高く、介護現場職員 の厳しい労働実態がうかがえる。

URL
    厚労省だけが考えてする問題じゃなくなってます。具体的に責任を負うのはもちろん国や地方の自治体です。でも、コレは決して他人事ではないという問題意識が日本人にはまだまだ不足しています。お金があっても、制度があっても、それを担う人がいなけりゃ何も無いに等しいんです。
雪が降ってきましたよ。去年からずっと思っているのですが、日本の気候は帳尻合わせだけ確りするようになったのでしょうか?まるで駆け込み乗車のような雪降り。いい加減にしてほしいですね。就職活動も侭ならぬではないか!え?豪雪地でもないのにって、あなた、何が言いたいの?だって今日は寝違えて首が痛いンだもん。。。

    はい、どんどん怠け癖が根付く今日この頃ですが、クチだけは達者でございます。ええ、言いたい放題いきまっせ。

介護報酬大幅アップを要望 事業者団体ら厚労相に
2008/02/14 キャリアブレーン
  民間の介護事業者らでつくる介護保険制度研究会は12日、舛添要一(ますぞえ・よういち)厚生労働相に対し、介護職の人手不足や事業者の経営悪化を改善するため、2009年度の介護報酬改定で報酬を大幅に引き上げることなどを求める要望書を提出した。
「低賃金による離職率の高さが訪問介護の質の低下をもたらしている」「現状の介護報酬では賃金を上げることが困難」などを理由に挙げた。
このほか、介護職が魅力ある専門職種となるような社会的な意識をつくり出す施策の推進や、地域支援事業と居宅介護支援事業への一般財源導入の検討などを求めた。
報酬引き上げに伴う保険料アップについて、研究会の座長を務める白沢政和(しらさわ・まさかず)大阪市立大教授は記者会見で「一般財源導入などいろいろな議論があるので、国民の声を聴いて社会保障審議会で話し合ってほしい」と述べた。
一方、引き上げられた介護報酬が適切に介護職の人件費アップなどに使われるかどうかなどの懸念に配慮し、研究会に参加する事業者団体と全国社会福祉協議会は共同で、労働条件の改善やコンプライアンス(法令順守)の確立など、事業者側が進めるべき取り組みもまとめた。(共同通信社) URL
日本医療「崩壊」から「立国」へ
帝京大学医学部名誉教授・大村昭人氏
2008/02/15 15:33 キャリアブレイン
 「医 療が経済にもたらす波及効果や雇用創出効果は大きく、EU(欧州連合)のように医療の多様な分野に積極的に投資することが経済の活性化につながり、国を豊 かにして国民を幸せにする」—。少子高齢化の進展とともに社会保障負担が増大すれば経済を中心に活性が失われるとする1983年の「医療費亡国論」に端を 発する日本の医療費抑制政策に対し、「医療による立国」へ転換すべきと訴える現役医師がいる。
「医療立国論−崩壊する医療制度に歯止めをかけ る!」を著した帝京大学医学部名誉教授の大村昭人さん(同大学医療技術学部臨床検査科主任教授)は、ダイナミックな理論のイメージからは想像もできないほ ど、親しみやすい笑顔と柔和な雰囲気を持つ人だ。「世間では医療が崩壊すると叫ばれているが、どうすればよいのか提案することが大事だ」。医療崩壊ではな く、医療立国へ—。大村氏が世間に一歩先行く展望を語るに至った背景には何があるのか。人物像に迫った。(熊田梨恵)
全文

     役人(もう”お”なんて悠長につけてる場合ではない)は真剣に考えるべきです。既に破綻は始まっているのです。口先だけの政治家も無関心無反省の官僚も要りません。今、日本で一番時代遅れがどこなのか、もういいかげん気付きなさい。せっかくの有能を保身や権謀に浪費している場合じゃないんです。バブル崩壊で潰れそうになった大銀行を大盤振る舞いで支援した時と比べたら、ずいぶん悠長にしていますね。当時、大銀行を潰すわけにはいかないとよく耳にしましたが、医療や介護は潰れても構わないんですか?既に潰れ始めてますけどね。わかってます?
    ひるがえって、われわれ庶民も暢気にしていられません。他人事のように思っていたらホンマ大変ですからね。ストレスと飽食の時代だなどと大きく構えるまでもなく、いつどこで医療や介護が必要になるかも知れないのに、いざその時になって自分が医療(介護)難民になってしまったら、どうします?もないでしょう。もともこうもありません。決して大袈裟なことじゃないのです。入院やリハビリは高齢者や重症の生活習慣病の専売特許ではなく、交通事故もそうだし、子どもの病気、ケガ、それから妊娠、出産、等々。特に貧乏人は真剣に考えないと見殺しにされますよ。今まではモノが溢れていましたから何とかなりましたが、これからは違います。食料品の値上がり(つまり供給不足)は世界的な潮流です。日本だけではございません。これ以上は恐ろしいので、皆さんが考えて下さい。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
ブログ内検索
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 介護 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com