忍者ブログ
HOME > > [PR] > 介護 > 言葉のからくり__障害者自立支援法 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    いつの世も貧乏人は馬鹿を見るってことですかね。忌々しい!でも、ロシアの話じゃなく、この日本の話をしますね。
    TVニュースで知りましたが、昨日ついに障害者たちが集団訴訟を起こしましたね。それに関係した地方版の記事を目にしましたので紹介します。

障害者自立支援法:集団提訴 自己負担の仕組みに憤り 稲継さんと両親ら会見 /京都
障害者自立支援法を巡る31日の集団提訴で、福知山市の稲継学さん(42)が市と国を相手取り、福祉サービスの1割自己負担の全額免除を求めて京都地裁に提訴した。学さんと両親らが会見し、父親の清秀さん(71)は「他人の力がなければ生きていけないのに、自己負担を取る仕組みに憤りを覚える」と訴えた。
>>続きを読む

    正直私自身が勉強不足で偉そうなことは書けませんが、何故この障害者自立支援法が悪法なのかを簡単に説明したいと思います。
    先ずこの法律ができた理由からして冷酷です。つまり、金がないけど福祉切り捨ては面と向かって言い出せない。だから金を出さずにすむ方便を考えた。それが受益者負担の原則である。つまりサービスを受けて利益を得る人が、そのサービスの対価を払うべしと言うのだが、もっと簡単に言えば、肩揉んでもらった人が肩揉み代を払えというのである。当たり前である。至極当然である。でなきゃ商売が成り立たない。成り立つのはヤーさんと子供くらいだ。
    さあ、ここでお役人の得意な言葉遊びが登場します。「負担」を「自立」と言い換えて、さらにそれを支援すると言う。つまり、障害者の自立を支援しますよ、応援しますよと言うのである。お役人は優しいですね!
    でも、でも、でも、この言葉を逆変換すると、障害者の負担を強います。障害者に支払いを催促します。要するに、いつまでもただ乗りしてんとカネ払わんかい!ってことですね。
    さて、サービス受けた以上はお金を払う。当たり前のことです。ではなぜこれが「酷い!」と言われるのか、分りますか?って、それを説明しているんだった。えーっと、では障害者がなぜ福祉サービスを受けるのでしょうか。それはノーマライゼイション(normalization)___人並みの生活を送るために必要だからです。そしてその権利が障害者にはあります。
    さて、福祉サービスは仕事をアシストするものではありません。もちろん収入を得られるような施設もありますが、一体いくら収入があるというのでしょうか?明らかに能力で劣る障害者を差別せず雇用したがる企業は皆無でしょう。実際はそのことによる補助金や減税などの優遇措置や企業イメージのためだけといってよく、単純作業や責任のない部署に配属されるから賃金だって低い。これは障害が重くなるほどいっそう顕著になる。
    そんな低収入の障害者に人並みの生活を保証する為に福祉サービスが全額公費負担とされてきたのだ(間違ってます?)。障害が重いほど収入が減り、働くこと自体ができない人が大勢いる。でも人並みの生活を望めば、障害が重いほど多くのサービスが必要になる。つまり負担が増える。でも払えない。日本は障害者に人並みの生活すら諦めろと突き放す国なんです。
    これが「自立支援」という言葉のからくりです。ま、障害者福祉に限らず、この国の福祉医療行政はすべからく同じ状況である。いったい我々は何の為に税金払っているんでしょうか?簡単と言いながら、えらい長くなっちまったな。ほんとは産科医についても書くつもりでいたけど、もう今日は止めときます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
同感!
個人情報「保護」、テロ「対策」など、いろいろごろごろ。
いつまで国民をだませば気が済むんでしょうか。
これって障害者を認定する意味がないというか、、むしろ差別につながるような法律ですね。
よその国にボーナス払うくらいなら、ちょっとくらい彼らのために使っても、痛くも痒くもないでしょうに。つーか、うちらのお金;;;;
弱者がいつも泣きを見る世界。どこに行っても一緒かな。
唯一ねきねきが興味ある国はスウェーデン。(さもいけど;;;)
福祉も充実、モノを大事に、「消費」以外で人生を楽しんでる国。
今株を買うなら、という上位2位にもランキング。(買わんけど;;)
世界がみんなこんな風になればいいのになぁっておもいます。
見てきたわけじゃないから、これも情報操作されてるのかもしれないけど。
ねきねき URL 2008/11/02(Sun)06:52:50 編集
Re:同感!
我々はしょせん猿回しの猿なのかもしれない。ボスは猿を騙して働かせようとあの手この手を繰り出し、事務方は経費で落とすことに知恵を絞ってます。怠け猿やケガした猿、五体不満足な猿は金にならないから野垂れ死んで欲しいんでしょう。いったい財政難は誰のせいだと思ってんだか。ね!
うちら猿も、いつまでも不真面目な選挙してる場合やおまへんな。
【2008/11/02 11:59】
2
ノーマライゼーション?
「ノーマライゼイション(normalization)___人並みの生活を送るために必要だからです」
これは間違っています。障害者をまもるという意味ではないです。それと、「人並み」の基準がわかりません。大変失礼なコメントかもしれませんが、障害者の支援事業所に勤めているものとして書かせていただきました。乱筆乱文失礼します
岩下 誠 2011/07/01(Fri)13:57:37 編集
Re:ノーマライゼーション?
>岩下さん、はじめまして。
はい、全くご指摘の通りですね。自分でも何故ここでノーマライゼイションを持ち出したのか今となっては不可解で、赤面の至りです。人並みってコトバも不適切ですね。
とはいえ、とりあえず原因を考えてみると、言い訳めいてはいますが、このブログの特徴として下書き無し無修正の一発勝負で書き切り(つまり行き当たりばったりの書きっ放し)、更にUPしてからも読み返さなかった可能性大です。尤も、検索で直接記事にアクセスした方には、そんなこと判りませんよね。

何れにせよ、このような放置状態のブログの過去記事なんぞにコメントいただけるなんて、とても嬉しいです。ありがとうございます。このブログは放置状態ですが、更新中のHABU's BLoGもありますので、そちらの方もヨロシクお願いします。
【2011/07/01 20:30】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
障害者自立支援法はまちげぇていやがる
障害者自立支援法・・・・・。 名前だけ聞くと、障がいのある人が、少しでも他人に頼
URL 2008/11/03(Mon)00:24:24
[1731]  [1730]  [1729]  [1728]  [1727]  [1726]  [1725]  [1724]  [1723]  [1722]  [1721
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 言葉のからくり__障害者自立支援法 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com