忍者ブログ
HOME > > [PR] > 介護 > 後期高齢者医療 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    医療費抑制と言えば何でも罷り通ると思っているのかね?厚労省の連中は。医療抑制もやむを得ズですかね?お年寄りをどこまで虐待したら気が済むのでしょうか?
『後期高齢者医療』来年4月から導入 75歳以上はみな保険料負担
2007年9月14日

 七十五歳以上を対象とした新しい医療保険「後期高齢者医療制度」が来年四月から始まる。高額な高齢者の医療費を抑えることが目的だが、一方でこれ まで家族の被扶養者として医療保険料を支払っていなかった高齢者にも負担が課される。敬老の日を前に仕組みを整理した。 (杉戸祐子)

 「脳こうそくの後遺症で右脚が動かない。糖尿病だし、耳鼻科や眼科にも通っている。薬代だけでも月に六千円。介護保険料も五千円払っているのに、国民健康保険(国保)よりも負担が増えたらつらい」

 「おばあちゃんの原宿」東京・巣鴨のとげぬき地蔵で近所の女性(81)はこう嘆く。別の女性(81)は「私、息子の扶養家族なのに私も保険料を払うの?」と驚いた。

 同制度は「後期高齢者」と呼ばれる七十五歳以上の高齢者を現行の医療保険制度(国保など)から分離し、独自の新医療保険制度に加入させる。約千三百万人が対象で、昨年の医療制度改革に盛り込まれた。

 導入目的は医療費抑制。高齢者は慢性疾患が多く、一度に複数の医療機関にかかっていることが多い。別々に同じ薬をもらっているケースがあり、投薬 の重複を避ければ医療費は抑えられる。また在宅医療にも目を配ることで長期入院を減らし、医療費削減を狙う。そのため世話役となる「かかりつけ医」的な医 師をつくり、対応する。

 一方で、対象となる高齢者には負担が増える。現行制度では保険料を世帯単位で負担し、子どもや配偶者の被扶養者になっている高齢者は保険料を負担 せず、窓口負担だけで医療を受けられる。だが新制度では介護保険同様、個人単位で加入するため、対象となるすべての高齢者が保険料を支払う。年金受給額が 年間十八万円以上の人は年金から天引きされる。保険料支払いが滞ると保険証が使えなくなる。

 保険料は都道府県によって異なるが、厚生労働省は一人当たり月額平均六千二百円程度と試算している。これは国保の保険料とほぼ同水準だが、将来的には対象高齢者の増加で増額が見込まれている。

 被扶養者で初めて保険料を負担する人や低所得者には、制度導入から減額措置がある。患者の窓口負担は従来通り、所得に応じて一割か三割となる。

 問題点もある。東京都老人医療センターの井藤英喜院長は「後期高齢者の医療費負担の内訳が明確になる」と利点を認めるが、「保険料負担で年金生活者は生活が苦しくなり、必要な外来治療さえ受けられないという医療抑制が起こる恐れがある」と危惧(きぐ)する。

 NPO法人「医療制度研究会」副理事長を務める埼玉県済生会栗橋病院の本田宏副院長も「治療をあきらめる患者が出る」と懸念する。新制度についての問い合わせは、各市町村の高齢者医療担当窓口へ。(URL)

Copyright © The Chunichi Shimbun, All Rights Reserved.

    これに対する反応の記事を紹介します。
後期高齢者医療 各地で対応”模索”
 来年4月から始まる「後期高齢者医療制度」に関し、東京都の三鷹市議会は9月12日までに、同制度に関する意見書を全会一致で可決した。同制度をめぐっては、岩手県で半数近くの議会で〝見直し〟を求める請願が採択されるなど、中止・撤回を求める動きが広がりを見せている。

 三鷹市議会では、同制度の対象となる75歳以上の高齢者の多くが年金生活者であることを指摘。意見書では、医療給付に対する国庫負担の拡充を求めている。同様の動きでは、岩手県で県議会を含む県内36議会のうち、半数を上回る19議会で制度の〝見直し〟に関する請願が審議され、17議会が採択。国や県に意見書を提出している。

 新制度では、対象者となる75歳以上の高齢者と65歳以上の一定程度の障害者が新たに保険料を支払うことになる。厚生労働省の推計によると、保険料は月平均6,200円 で、毎月の年金が一定額以上ある場合には年金から天引きされる。保険料を滞納すると、国民健康保険と同様、保険証が取り上げられて資格証明書の発行など制 裁の対象となるため、「収入が低いために保険料を支払いたくても払えない高齢者が医療を受ける権利を奪われかねない」という医療関連団体の指摘もある。

 宮 城県保険医協会では反対を前提にしながらも、同制度の保険者となる同県の後期高齢者医療制度広域連合に対して、保険料改定は後期高齢者の生活実態を踏まえ て支払い可能な保険料額とする▽保険料支払いで生活保護水準を下回る高齢者からは徴収せず、不足分は国と県に独自の補てんを求める▽保険料滞納者に対する 保険証の都利上げ・資格証明書の発行は絶対に行わない▽国に対し、後期高齢者への別建ての診療報酬を導入しないように強く要望する−ことなどを求めてい る。

URL 更新:2007/09/12   キャリアブレイン

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
きょうは投薬っぽ
きょうは投薬っぽい中止しないです。
だけど、けいちゃんは定着された!
BlogPetのねる URL 2007/09/16(Sun)14:33:38 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[944]  [943]  [942]  [941]  [940]  [939]  [938]  [937]  [936]  [935]  [934
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 後期高齢者医療 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com