忍者ブログ
HOME > > [PR] > 介護 > 介護予防に思うこと Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アラートメール未消化その二、

介護保険料にボランティア制、活動に応じてポイント獲得

 厚生労働省は、介護保険と連動させた高齢者ボランティア制度を考案し、全国の市町村に普及させていく方針を決めた。

 積極的に社会参加してもらうことでいつまでも元気でいてもらい、介護給付費の抑制につなげる考えだ。

 参加を促すため、活動実績に応じてポイントが獲得できるようにし、ポイントで介護保険料などが払えるようにする。大型連休明けに各市町村に通知する。

 制度案によると、対象は原則65歳以上の高齢者。高齢者施設で食器を並べたり、高齢者の話し相手をしたりするなど、様々なボランティア活動に参加 してもらう。ボランティアで得たポイントは、介護保険料や介護サービス利用料の支払いのほか、自分が頼んだボランティアへの謝礼として使えるようにする。

 制度の運営は、介護保険の保険者である市町村が、介護予防事業として行う。高齢者の登録や獲得ポイントの管理は、地元の社会福祉協議会などが担当する。

 市町村によっては、既に地域通貨を使ったボランティア制度などがある場合もある。厚労省では、こうした制度と連動させたり、商店街が発行するクーポンと交換可能にしたりするよう促して、地域の活性化にも結びつけたい考えだ。

 ボランティア活動の対価としての保険料減免について、厚労省はこれまで、保険の原理を逸脱するとして認めていなかった。06年4月の制度改正で、介護予防事業として実施できるようになったため、今回、改めて通知を出すことにした。

 介護予防事業は参加率が低いなど手詰まり感が広がっており、導入する市町村は少なくなさそうだ。

2007年4月29日3時3分  読売新聞)
URL
介護予防の「理念」は認めるけど、厚労省は結果を求めすぎだ。断片的、それもいい加減にしか散見してないけど、データや実感から思うことは、今は介護予防の啓蒙に力を注ぐ時期ではなかろうか。介護保健制度じたい国民全体の理解が充分だと言いきれない現状では、介護予防を謳ったところで「何それ?」で終わってしまう。

介護予防事業の対象になる人は、介護の必要がない人たち。つまり、特に何かしなくても生活に支障のない人たちばかりで、年齢的に年寄り扱いされたくない人が多い。そんな人たちに「さあ、運動しましょう!」なんて一方的に音頭をとったところで結果は見えているし、現実そうだ。

私見としては、介護予防事業は当面啓蒙活動と介護(要支援)卒業組を主な対象とする再介護予防とに主眼をおくべきだと思う。

介護保険のサービスを利用したことがない、つまり要介護要支援の認定をまだ受けたことがない人たちを最初から取り込んで考えるから無理が生じる。そんな元気な人たちは啓蒙にとどめておいて、むしろ介護卒業組の受け皿づくりを確りしてほしいのだ。何故なら、現状では本人も家族も介護状態から脱して良くなったと云う意識より、介護保険のサービスを受けられなくなる不安や不満の方が大きいから。これは介護保険の理念が確り理解されてないからで、これは現場レべルを含めた介護界全体の課題であるが、長い目で見た場合、介護保険制度を学校で教えることも重要になると思う。

さて、前置き?が長くなったけど、ボランティア制って要するに介護予防事業の定義を広くして見かけの参加率を上げる方便じゃないの?ポイント制と簡単に云うけど、その計算は誰がするのさ?財源を守る為の事業を軌道に乗せる為に、その財源を切り崩す。そもそも何の為にしているのか、大義が霞まないよう呉々も気をつけてほしい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
無題
私の周りの介護関係者のお話を聞くと、「自分と歳が近い人に世話されるのはいやだ」との声が多いそうで、それがイヤで施設を変わったり行くのを嫌がったりする方がいらっしゃるそうです
確かにその気持ちはわかる気がします・・・
だからほんとは40代くらいの方に勤めてもらうのが一番無難だとか
ワガママかもしれませんが、そういった現場の声ももう少し考慮した良い案がないものでしょうか・・・!?
よっちゃん URL 2007/05/06(Sun)04:36:01 編集
Re:無題
無難だけど40代ばかりでは体力的に心許ないです。後進も育てないと製造業の二の舞になりますし、年配ならではの心配りも捨て難いです。

それにしても、ポイント対象になるボランティアは介護の世界に限られるのでしょうか?
【2007/05/06 14:57】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[785]  [784]  [783]  [782]  [781]  [780]  [779]  [778]  [777]  [776]  [775
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 介護予防に思うこと Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com