忍者ブログ
HOME > > [PR] > 介護 > 介護のモノづくり Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    私の職場に、物凄く高価な「物干し台」がある。ただし物干し台として作られていないので、やたらでかくて使い勝手がすこぶる悪い。正直邪魔で仕方ないのだが、院長によれば物干し台ではなく特別浴の機械だから本来の目的で使うようにとのこと。でも、スタッフとしては、却って人手をとられるから意地でも特浴にしたくない。他で特浴している方でも何とか工夫して一般浴で対処してみせる。院長はお気に召さないが、現実として、現場が廻らないから仕方ない。
    さて、国際福祉機器展(Home care and Rehabilitation Exhibition)が東京で開催されているとな。
d79bc31ajpeg 介護の新兵器登場、「パワーアシストスーツ」で重い人もラクラク
2007年10月04日18:52 東京
10月4日 AFP】高齢者や病気の患者を介護する人が着用すると、空気圧力を利用して重い人でも軽々と持ち上げることができる「パワーアシストスーツ」が、東京で開催中の国際福祉機器展(で3日、公開された。神奈川工科大学が開発した。(c)AFP URL
    スーツの着脱は素早くできるの?腰への負担も軽減してくれるの?スーツ自体の重さは?メンテは?値段は?

    どのみちゴツすぎる。

    こういった開発を否定するつもりは毛頭ないけど、せめてもう少し現実味のあるカタチにならないものか?

    次の補助具は、その点では合格かな?

2631eed3jpeg 国際福祉機器展にホンダの歩行補助機
2007年10月04日18:48 東京
【10月4日 AFP】ホンダが開発した歩行補助機の開発モデルが、東京で開催中の国際福祉機器展で3日、公開された。高齢者などが腰と太ももに装着して使用する。角度センサーと2つの作動装置が歩行を容易にする。総重量3キログラムの軽量型。(c)AFP URL
    やはりメーカーと大学とでは最終的なカタチの仕上げに大きく差が出る。機能の為のカタチを、機能を使う為のカタチに昇華させて初めて商品と呼べるものにな る。更に「使う」を「使える」に、「使える」を「使い易い」に、「使い易い」を「使ってみたい」に、「使ってみたい」を「使いたい」に、最終的には「欲し い」にしなくては売り物にはならない。

    なんか話が脱線してきたので、この辺んで切り上げよう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[977]  [976]  [975]  [974]  [973]  [972]  [971]  [970]  [969]  [968]  [967
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 介護のモノづくり Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com