忍者ブログ
HOME > > [PR] > 介護 > リハビリ中断 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

法事が急遽入りましたので、ちと時間がありません。前回の記事に頂いたコメントに返しが出来なくてごめんなさい。と云うわりにはこんな記事を見つけました。

2006年10月6日(金)「しんぶん赤旗」

リハビリ中断1542人

診療報酬改定で日数制限

青森


 今年四月から医療保険がきくリハビリテーションの日数に制限が設けられたため、青森県だけで千五百四十二人の患者がリハビリの継続ができなくなっ ていることが青森県保険医協会(河原木俊光会長)のアンケート調査でわかりました。同県内の六十の医療機関からの回答をまとめたものです。具体的な患者数 を調査したアンケートは全国でも異例です。

 今年四月の診療報酬改定では、保険がきくリハビリ医療に疾患ごとに日数制限を設定し、(1)脳血管疾患等は発症から百八十日まで(2)運動器疾患 と心大血管疾患は発症から百五十日まで(3)呼吸器疾患は発症から九十日まで—としました。この結果、長期のリハビリ医療を必要とする患者は、「保険対象 外」になり、全国各地で「リハビリ難民」が生まれています。

 同県保険医協会の調査では、脳血管疾患関係のリハビリで六百五十二人、運動器疾患のリハビリでは八百六十二人にのぼりました。回答した医療機関か らは「リハビリで現状を維持している患者が、さらに動けなくなる可能性が大」「患者の悪化が懸念される」などの意見が寄せられました。

 同保険医協会は「社会復帰をめざす患者の声が無視されている。日数制限は撤廃すべきだ」と訴えています。


時間が無いので、今回は紹介のみでご勘弁を。
なお、青森県保険医協会はアンケート結果を公開してました。下のリンクからダウンロード(PDF形式)できます。

ダウンロード(pdf)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
ねるが、 青森で
ねるが、
青森で形式をコメントしたかった。
BlogPetのねる URL 2006/10/20(Fri)13:50:26 編集
Re:ねるが、
せっかくだから全世界でコメントしたら?
【2006/10/21 17:36】
2
せちがらい
世の中になったねぇ(´ヘ`)
193 URL 2006/10/20(Fri)14:37:40 編集
Re:せちがらい
全くだぞえ。
でもね、呑気にしてる場合ではないんだよ。
もし太郎さんが・・・なんて考えてみれば事の重要性がよく解る。
【2006/10/21 18:01】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 リハビリ中断 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com