忍者ブログ
HOME > > [PR] > 介護 > まやかし Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日、お婆ちゃんが送迎の車の中で怒ってた。12月から利用回数を週二回から週一回に減らされるのが気に入らなかったご様子。センターでは要支援1の方の利用は週一回を上限にさせて頂いているのだが、それが承服できないでいた。
要支援1と要支援2の介護予防通所リハビリは、報酬が月額で算定されるから一月に何回利用しても報酬が変わらないし、その報酬自体が低い。裏を返せば、週に何回も利用されればされるほどセンターが損をするのだ。
でも、お婆ちゃんからすれば、今まで週二回のリハビリで「身体の動きば落ちんで済んじょったのに」週一回に減らされてしまったら「もうおしまいじゃ」と言いたくもなる。もっともだ。確かにもっともだ。現場スタッフとしても手がかからないので週二回来ていただいても正直かまわない。が、そんなことを言っておっては経営が成り立たなくなる。

そんな訳で、利用回数が減るのはセンターの事情によるもので、要支援1になった事が直接の原因ではない。でもお婆ちゃんは「なんでこんなこと(介護予防)しよるんかね」ともの凄く怒っていた。普段は温厚な方なので妙に怖くて、つい「ホンマやねえ。お役人はせんでいい事ばっかりしょおるねえ」と責任逃れの弁をしてしまったが、でも、口からでまかせではない。本当に、お役人はしなくていい事ばっかりやっている。

介護予防で介護からの卒業を果たそうなんて老人に言ったところで嗤われる。老人が何を思って何を感じて毎日を暮らしているのか、お役人たちの頭には無い。
爺婆はいつ死ぬやもしれぬ不安と共に生きている。平均寿命を越えていれば尚のこと、その深みは計り知れず重くのしかかっているのではなかろうか。
どうせ死ぬ。
早よ死にたい。
こんな身体要らん。
この手(腕)切り取って。
この脚アンタにあげるわ。
もう死んでしまいたい。
・・・
いっそ死んで楽になりたいと思う程に重い生への執着を、自分の身体が嘲笑う。思い通りに動かないポンコツでも、爺婆にとっては最後の砦である。回復を望むには時間が足りない。だからせめて現状を維持したい。今以上悪くならないようにしたい。そんな切実な願いさえ介護予防という制度は一蹴する。

原点はどこへ行った?

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
切ない
今まで必死に働いてきた人に、なんって酷い仕打ちをするんだろうねぇ。。

193 URL 2006/11/25(Sat)00:59:47 編集
Re:切ない
医療保険のリハビリ打ち切りもそうだけど、理念は立派。でも思惑が露骨で現実と乖離しすぎているのが問題なんだよね。介護費を減らす必要はある。けど、その為の方策が、長い目で見たら新たな負担を増やすだけのような気がします。その為に翻弄される者の気持ちを、これ以上踏みにじらないでほしいですよね。
【2006/11/25 14:09】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[289]  [288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 まやかし Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com