忍者ブログ
HOME > > [PR] > 介護 > お年寄りを大切にしまひょ Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「協力的でない」と重傷負わせる=介護福祉士を逮捕−大阪
2007/04/02-21:42
派遣先の老人ホームで入所していた女性を殴り大けがをさせたとして、大阪府警鶴見署は2日、傷害容疑で神戸市兵庫区下三条町、介護福祉士大串正利容疑者(47)を逮捕した。「(女性が)介護に協力的でなかったからやった」と容疑を認めている。
調べなどによると、大串容疑者は3月24日午前5時ごろ、大阪市鶴見区の老人ホームで当直勤務中、入所者の女性(84)の左ほおを数回殴り、けがを負わせた疑い。約1時間後、別の職員が女性の異変に気付いた。女性は硬膜下血腫の重傷だが、意識はあるという。

URL=http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007040201008

 同じ介護福祉士としての意見ですが、彼は介護の何たるかを理解していない。だいたい介護に「協力」も「非協力」もありゃせん。老女の「協力的でない」面も含めて介護するのが介護のプロたる介護福祉士。力づくなら誰でもできるわい!と云うのが私の一般論的見解です。
確かに、派遣だから彼の中で老婆に関する情報が不十分だった可能性があるけど、それでも殴ったらあかん。いくらストレスが溜まっていたとて、プロとしての自覚と人生の先輩への敬意があれば絶対に自制できるし、またそうあらねばならない。

とまあ、真面目に書いたけど、介護だの何のと云う前に、そもそも老人を殴る事自体が許せない。確かに腹の立つような場面は多々あるけどね、本当に手を出したら、その瞬間に負けですからね。相手にではなく、自分に対して負けです。手も痛いし、よけいストレスが溜まります。

はい、以上事件の真相を知りもせずいい気で書ききりましたが、どの程度の具合で殴ったのか、本当に数回なのか、他にも色々判らない事があるから、実際のところ、どうなんだろうね。施設や派遣元の保身も絡んで警察への報告が遅れたのだろうし、スキャンダラスな真相が潜んでいるかも。通報するまでの間に、立場の弱い彼に全ての罪をかぶせるシナリオを練っていた___なんて考えすぎかな。

いずれにせよ、老女の容態が心配です。

頭蓋内血腫

頭蓋内血腫は、脳の内部、または脳と頭蓋骨の間に血液がたまった状態を指します。

頭蓋内血腫の種類には、頭蓋骨と、脳を覆う髄膜の一番外側にある層(硬膜)との間に生じる硬膜外血腫、硬膜と中間にある層(くも膜)との間に生じる硬膜下血腫、脳の内部に生じる脳内血腫があります。頭蓋内血腫の原因は、頭部外傷と脳卒中です。アスピリンや抗凝固薬を服用している場合は出血のリスクが高くなっているため、特に高齢者は軽い頭部外傷でも血腫ができやすくなります。

大部分の血腫は急激に発症して、数分以内に症状が現れます。大きな血腫は脳を圧迫して脳の腫れや脳ヘルニアを引き起 こします。血腫は、特に高齢者では、錯乱、記憶喪失、意識消失を起こし、昏睡、体の片側あるいは両側の麻痺(まひ)、呼吸困難、心拍数の減少、死亡の原因 になります。

血腫の部位が硬膜外か硬膜下であれば、早期治療によって脳内血腫よりもより早く、しかも完全に回復します。これは脳内血腫と異なり、硬膜外血腫と硬膜下血腫では血液が脳組織に触れないために、脳に直接的な炎症が起こらないからです。

硬膜外血腫: この血腫は、頭蓋骨と脳を覆う髄膜の外側の層との間にある、動脈や大きな静脈(静脈洞)からの出血が原因です。頭蓋骨骨折により血管が破れて出血すると、 その直後や数時間後に激しい頭痛が起こります。ときには頭痛が治まることもありますが、数時間後にさらに悪化してぶり返します。その後すぐに錯乱、眠気、 麻痺、虚脱、深い昏睡などの意識障害が現れます。中には、頭部外傷により意識を失った後に、いったん意識が戻って一時的に精神機能が回復し(意識清明 期)、その後再び意識障害が悪化しはじめるケースもあります。

早期診断が重要になるため、すぐにMRIやCTによる検査が行われます。永久的な損傷を防ぐには迅速な治療が必要な ため、硬膜外血腫の診断がつくとただちに治療が開始されます。頭蓋骨にドリルで1カ所以上の穴を開け、その穴からたまった血液を吸引し、同時に出血個所を 探して止血します。

硬膜下血腫: この血腫は、脳を覆っている髄膜の外側と中間の層の間にある架橋静脈からの出血が原因です。

硬膜下血腫は、急性、亜急性、慢性に分けられます。重症の頭部外傷後に急速に出血すると、すぐに症状が現れる急性硬 膜下血腫か、数時間以上かかって症状が現れる亜急性硬膜下血腫の原因になります。慢性硬膜下血腫は、それほど重症ではない頭部外傷が原因で、出血は徐々に 始まり、症状は数日、数週間、あるいは数カ月もたってから現れます。症状が現れるのが遅いのは、硬膜下血腫が非常にゆっくりと拡大するためです。

慢性硬膜下血腫は、アルコール依存者や高齢者により多くみられます。アルコール依存者は転倒その他の外傷を起こしや すく、軽度から中等度の頭部外傷に対してむとんちゃくになりがちです。そのような外傷は、慢性になりやすい小さな硬膜下血腫につながります。高齢者はたと え軽い外傷でも、脳の萎縮によって架橋静脈が伸びているため断裂しやすくなっています。また、高齢者は治癒力も衰えているために出血が長びく傾向がありま す。血腫の血液が再吸収された後も、若い人ほど順調に脳が元の大きさまで戻りません。その結果、水分がたまるヒグローマ(水滑液嚢腫)がそのまま残りま す。細い血管が破れるとヒグローマに再度血液がたまったり、血腫が大きくなって出血が繰り返されます。

(メルクマニュアル医学百科 最新家庭版より)

URL=http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/print/sec06/ch087/ch087e.html

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
きょう、プロは協
きょう、プロは協力しないです。
またはぶと大串へ協力するつもりだった。
BlogPetのねる URL 2007/04/03(Tue)14:59:55 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[737]  [736]  [735]  [734]  [733]  [732]  [731]  [730]  [729]  [728]  [727
ブログ内検索
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 お年寄りを大切にしまひょ Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com