忍者ブログ
HOME > > [PR] > チベット > TibetそしてAmnesty International Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「いつの新聞を開いてみても、世界のどこかで誰かが、意見や信仰を政府から認めてもらえないために、投獄され、拷問を受け、処刑されているという記事を目 にする......そして読者は、うんざりするような無力感をおぼえる。しかし、人権侵害に対するその嫌悪感を、世界中の人びとがひとつの行動へとつなげ ることができれば、必ず何らかの効果をもたらすことができるにちがいない....」(「忘れられた囚人たち」より)

日課になりそうなチベット検索をしてゆくうちにアムネスティー・インターナショナルのHPに流れ着いた。

自由のために!___カフェで乾杯した学生二人が逮捕され、7年の刑を受けた。それは当時軍政下にあったポルトガルでの出来事だが、そんな新聞記事をもしも読んだとしたら、あなたはどうします?
begining_01.jpg 因に、イギリスの弁護士ピーター・ベネンソンさんは英国の「オブザーバー」紙と仏国の「ルモンド」紙に投稿記事を掲載しました。1961年5月28日のことです。
ワタスは、あいにく母国語でしか読み書きできないので英字紙も仏字紙も購読してませんから、などと言う前に投稿なんてしないです。たとえ毎日新聞だろうと朝日だろうと読売だろうと京都新聞だろうと中学生新聞だろうと。恥ずかしいもん。この辺が文句だけで行動しない日本人の面目躍如?なんだけど、ベネンソンさんはさすがは強かに行動するジョンブルです。
amnesty_4.jpg だけど、本人は予想してなかっただろうな。この記事は欧米各国の新聞に翻訳され、一ヶ月に1000通を超える反響が寄せられたそうだ。その記事が冒頭の「忘れられた囚人たち」なんだけど、そこでベネさんは運動を始めました、思想宗教人種出自などで理不尽に囚われた「良心の囚人」たちが無条件で釈放されるよう各国政府にみんなで手紙を書こうと。この運動に「アムネスティー・インターナショナル」という名前がついたのは、その年の終わり。国境を越えた人権運動の誕生です。

改めてチベタン射殺(嫌な言葉だ!)報への反応について書く。
先ず、2ch系ブログのひたすら中国憎しの悪口大会は止めてほしい。もし中国批判をしたいのなら中国の人権問題をきっちり論じればいいのに、表層で熱くヒステリーを起こすだけ。それに皆一様で似たり寄ったりだから、類似商品の氾濫みたいでウンザリする。どうせ死んだチベタンの冥福なんて本気で祈ってやいないだろうけど、チベット問題に無関心でも結構。だけど他国を罵倒するためのネタに使わないでほしい。みんなの目が逆にチベットの問題から遠ざかっていく。
次に、日本のマスメディアだけど、端から期待してません。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スウェーデン保育園実習7日目。(4歳児)
スウェーデンオリジナルの誕生日ソングです!!! 実習のレポート英語版はコチラ。 保育園のアトリエ室レポートはコチラ! 保育園にあるおもちゃのサイトのリンク更新!コチラから。 これまでの保育実習レポートはコチラ! ←これは外にきのこ狩りへ行っ
URL 2006/10/29(Sun)06:16:34
幼児教育とパパ育児
幼児教育情報、英語、あそび、育児、成長記録、育児グッズレビューなどなど。
URL 2007/02/02(Fri)10:16:42
ゴルフ
ゴルフのドライバーはとても重要なクラブです。コースに出れば、ほとんどの人が使うからです。また打って距離が出たときのうれしさはアイアンやパターなどとは違う喜びもあります。ですが、一振りで大きく差がでるのが、ドライバーなので選び方には慎重であるべきです。ゴルフショップへ行って、初心者だからと恥ずかしがらずに、店員さんに相談しましょう。そして「クラブを選びたいのですが、スィングを測定してください。」とお願いすれば、喜んで測定してくれます。ヘッドスピードやあなたのスウィングの特性を測...
URL 2007/02/25(Sun)19:18:43
【幼児教育】英語教育:はじめる時期 その2
リヨン社から出版されている「赤ちゃんからの英語レッスン―絵本で育てるバイリンガル」という本があります。この本では、カセットやCDつきの英語の絵本の読み聞かせで英語を身に付けるという内容です。本の著者中村敦孔さんは、英語教育を始める時期の目安について、こ...
URL 2007/03/05(Mon)14:04:36
【幼児教育】英語教育:はじめる時期 その1
日本人にとって英語教育に最適な時期はいつでしょう。 日本の義務教育では、中学(13歳)から英語を習います。はたして、それが最適でしょうか? なんて考えるまでもなく、残念ながら義務教育によって英語が話せるようになった人を見たことがありません。
URL 2007/03/05(Mon)15:47:00
[262]  [261]  [260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252
ブログ内検索
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 TibetそしてAmnesty International Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com