忍者ブログ
HOME > > [PR] > チベット > Rギアの活動 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昨日の記事と関連していますが、再び北京五輪ネタです。今回は落ち目の大統領ではなくハリウッドのスターです。
この人→23a1bde0jpeg リチャード・ギアですね。
R・ギア、北京五輪へのボイコットを呼び掛け

 [ニューヨーク 2日 ロイター] 熱心な仏教徒としても知られる俳優リチャード・ギア(58)が新作映画の記者会見で、人権問題で中国を追及するため、来年開催される北京五輪へのボイコットを呼び掛けた。

 この会見は映画「The Hunting Party(原題)」の全米公開を7日に控えて行われたもの。旧ユーゴスラビアでのボスニア・ヘルツェゴビナ紛争(1992─95年)の戦犯をめぐる同映画では、ギアは戦地で取材を行う記者を演じている。

 ギアはロイターに対し、北京五輪は中国政府がチベットで行っている人権侵害を終わらせ、自治を認めることを促す良い機会であるとコメント。大会のボイコットについて「たぶん現実的ではないが、感情的にはまさに意味のある行為」と述べた。

 ギアはチベットにおける人権の向上と民主的自由を求める団体「International Campaign for Tibet」の会長を務めており、中国への入国を禁じられている。

    URL

*本文中の表記を一部修正して再送します。

 

追記
   同じ記者会見の記事だけど、次はAFP。微妙にニュアンスが違います。

リチャード・ギア「中国は人権侵害にもっと正直に」
【9月4日 AFP】ダライ・ラマ(Dalai Lama)を熱心に信奉する米映画スターのリチャード・ギア(Richard Gere)が3日、中国に対して2008年北京五輪の前に人権侵害の歴史を「オープンに」するよう訴えた。同オリンピックのボイコットには反対する意を表した。

第64回ヴェネチア国際映画祭(64th Venice International Film Festival)で行われた記者会見でギアは、「私はボイコットではなく、真実を公表することを求めています。中国がオリンピック開催国を引き受けたいのなら、いま国内で一体何が起こっているのかを公開すべきです。」と話した。また、チベット文化の破壊、マイノリティーや法輪功(Falun Gong)の人権侵害を例に出しながら「人権のひどい状況は話し合われなければならない。」と中国に向けて発言した。
ボスニア紛争で戦争犯罪を犯して逃亡中のラドバン・カラジッチ(Radovan Karadzic)被告の追跡劇を描いた作品『The Hunting Party』に主演するギアは、「私は誰かを孤立させるのは正しいと思わない。それは非生産的だと思います。」と語った。
ギアは数千人の亡命チベット人が住むインドのダラムサラ(Dharamsala)を頻繁に訪れている。同地は中国の支配に対しての蜂起失敗後、1959年にチベットから亡命してきて亡命政権を樹立した。
1993年以来ギアには中国訪問の際ビザが許可されていない。ギアは中国の裁判制度の腐敗を描いた映画『Red Corner』(1997年)にも主演、同映画は中国では公開禁止になった。(c)AFP

URL

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[928]  [927]  [926]  [925]  [924]  [923]  [922]  [921]  [920]  [919]  [918
ブログ内検索
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 Rギアの活動 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com