忍者ブログ
HOME > チベットの記事 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
 
001.png
    すごい!なんだこれは!一瞬目を疑い、あっそうかと納得。やっぱ講演会の威力だねえ。ダライ・ラマ法王の著書がTOP3独占してるし、トップ10のうち半分の5冊が法王の本。さらに「ダライラマ式子育て法」なんて凄いタイトル本もある。(画像をクリックすると元サイトに行けます)

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/book/ranking/20081111/20081111_0001.shtml


PR
    冷えてきたとはいえ、ストーブ点け始めたせいか逆にリラックス。おまけに風呂上がり。
    ところで、今日から中国政府が一斉に騒ぎだしましたね。明らかに17日からの会議を意識しての予定的行為でしょう。独立急進派が少しでも暴走してくれないかとの思惑では?そうならなくても、チベット人たちの神経をわざと逆撫でしてダライ・ラマ法王の求心力を弱める算段もあるでしょう。なのでいちいち取り上げません。ただ願うのは、中国側の挑発に乗ることなく叡智をふりしぼってダライ・ラマ法王のチベットからチベット人のチベットへ大きく、少しでもより大きく踏み出すことです。
a5f2a56c.jpeg
PN2008071201000702.-.-.CI0002.jpg
909d2eb1.jpeg
f85e2ae0.jpeg
trd0804132136014-p1.jpg
chn0804131946004-p2.jpg
SEB200804120013.jpg
RTR200804080068.jpg
b9cd11bb.jpeg
699acccc.jpeg
Protest_Beijing_17March08_08.jpg
c891627a.jpeg
byork.jpg
3.jpg


チベット特使、中国政府と2日間協議
2008年11月06日 06:45 発信地:ダラムサラ/インド
 【11月6日 AFP】チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世の特使は5日、中国政府高官とのチベットの将来についての2日間にわたる協議を終えた。
    チベット亡命政府高官によると、特使らは10月30日に北京(Beijing)に向け出発した。しかし、正式な協議が始まったのは4日になってからだったという。

    さて、サボっていたわけではなく「見守っていた」んです!なんて言い訳だれも信じてくれないでしょうが、冗談抜きで気にはしてましたよ勿論。でも、正直期待はしてなかったし、今ここでやいのやいの言っても仕方がない(身もふたもない…)。本音は何をどう書けば良いのか判らなかったんだけど、今回の協議を通して感じたのは、中国は世界中が自分のことで精一杯の今なら少々露骨でも大丈夫と踏んでいること。そして、思った以上に法王の発言に反応したことである。私の認識以上に、中国政府はまだまだダライ・ラマ法王を警戒しているようだ。
 

ダライ側との対話、物別れ  中国、「独立」放棄要求
【北京6日共同】中国共産党は6日までに終了したチベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世の特使との対話で、現行のチベット自治区の統治制度は断固変えないと表明、変更を求めるダライ・ラマ側の要求を拒絶した。国営通信、新華社が同日、伝えた。

e44b592c.jpg他に、
中国高官、「いかなる独立も認めない」 チベット協議で
http://www.afpbb.com/article/politics/2535930/3500935
中国:担当の杜氏「チベット独立認めず」
http://mainichi.jp/select/world/news/20081107k0000m030127000c.html等。
 
    結局今回も物別れで、それ自体は予測のうち。むしろ気になるのは17日からの緊急会議である。この会議では日本の関係団体も参加を検討している。どのような形にせよ、チベット人の未来は最終的にはチベット人の手のうちにある。私のようなちっぽけな存在にできることは、とにかく彼らの悲劇を少しでも多くの人に伝えること位しかない。歯がゆいけれど地道に、それこそ地味に、でも諦めないよ、絶対に!状況は惨憺たるもんだけど、人類文明の未来は民族という壁の向こう側にあるはずだ。
日本も支援会議参加を 枝野氏らにダライ・ラマ'08/11/6
 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200811060211.html
対話路線に批判とダライ・ラマ  チベットに変化なしと
http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008110301000187.html

ダライ・ラマ法王講演関連記事
「世界平和 対話から」 筑紫女学園 ダライ・ラマが講演
 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/57855
「チベット」解決 世界平和に影響 北九州市で講演 ダライ・ラマ14世
 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/57627

続きでおまけ。
20081031at09p.jpg    まあ、このブログを読んで下さる方はよもやチベットに全く無関心ではないとは思いますが、日本の世間は認知症並みの速さでチベット問題を忘却しつつありますね。何に対しても節操のない変わり身の速さが日本の強みであり弱みであり特質なんだけど、チベット問題は忘れちゃったでは済まされない人類全体の問題でもあるんですよ。それに日本にとって全くの他人事じゃないんです。政治的にも経済的にも文化的にも様々、いや、全ての面で影響を受ける問題なんですよ。マスコミが騒がないからオイラ知らねえでは、これからの世の中生き抜けないかもしれないからね。自分の頭で考えましょうね。なぜ、こんなに重要な問題をマスコミは無視するのか。
ダライ・ラマが来日 成田空港で支援者出迎え
2008.10.31 09:18
    チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世が31日早朝、ニューデリーから成田空港に到着した。
    チベットの民族衣装に身を包んだ支援者ら約20人が出迎え、ダライ・ラマが姿を現すと「フリーチベット(チベットに自由を)」と大きな声で何度も繰り返した。
>>続きを読む


ダライ・ラマが来日
    チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世が31日、来日した。北九州市と東京都内で講演するほか、記者会見も行う。
    同日から北京でダライ・ラマの特使と中国当局者との間で協議が行われる予定になっており、
>>続きを読む


ダライ・ラマ14世:再来日「うれしい」--成田空港 /千葉

    チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世が31日、民間機で成田国際空港に来日した。ダライ・ラマは「再び日本に来ることができてうれしい」とコメントした。
>>続きを読む


    なんですかね、めっちゃ寒くないですか?なんか風邪引きそうなくらいの勢いで冷え込んでます。
    さて、始まりましたチベット・中国の対話ですが、案の定ですね。あと何回か折衝がもたれるから、ま、初日はこんなもんでしょう。大きな期待はもちろん持てないですが、空しくとも絶対はない。投げ出せば世界から注目される機会がそれだけ減ることになる。中国の目論みはまさにそこにある。確かに結果は期待できないが、続けるだけでも意義があると思う所以である。中国系ばかりが大雪報道を連日配信するのも、注意を少しでも逸らす為の方便でしょうね。

ダライ・ラマ特使と中国が対話  自治など原則論で対立
    【北京31日共同】チベット亡命政府を事実上率いるチベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世の特使と中国当局による今年3回目の対話が31日、北京で始まったもようだ。
    これまでの対話でチベット自治区の「高度な自治」を求めるダライ・ラマ側と、拒否する中国側とは原則論でまったくかみ合わず、今回の対話でも歩み寄る可能性はほとんどない。特使は30日に北京に到着、約5日間滞在する。
    かつて独立要求を掲げたこともあるダライ・ラマは1980年代後半、自治権拡大の穏健路線に転換。2002年から昨年まで6回実施した対話でもダライ・ラマ側は同様に主張したが、要求は事実上の独立につながると受け止める中国側が取り合わなかった。
    今年3月のチベット暴動以降に再開した対話では、暴動をめぐり「中国政府による抑圧への住民の不満の表れ」とするダライ・ラマ側と「ダライ勢力の画策」とする中国側が真っ向から対立。
2008/10/31 19:06   【共同通信】


先ずは、お約束の記事から。
本当は一部の画像だけ紹介するつもりでしたが、つい全部アップしてしまいました。なのでキャプションなど文章は元のブログで読んでもらうとして、ココでは画像の羅列のみです。

ライオンみたいなチベットの犬「チベタン・マスティフ」

では,ご存分に堪能めせばせ。

3cca9107.jpg
3ac3d674.jpg
dcfe100c.jpg
0322084b.jpg
さらに…
    オヤジの検査は思ったより早く終わり、暇つぶしに携帯から投稿することなく(それでも)午後1時前に終わった。相変わらずガンの可能性は否定できないとのこと。とはいえ出血は無くなり、無事生検(生体組織の検出)ができたので、来月に検査報告。大した事なければいいんだけど。

    さて、チベットねた。
    チベット中国の協議について中国当局からの発表を新華社通信が伝えたようです。

中国、ダライ・ラマ特使と対話へ  7月以来
    【北京29日共同】中国国営通信の新華社は29日、中国当局がチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世側の特使と近く再び対話すると報じた。実現すれば、双方の対話は北京五輪前の7月初め以来となる。

    他の記事でもダライ・ラマ法王の発言と絡めて報道してますが、ぶっちゃけ実りは少ないだろうな。ただでさえ世界的金融危機でひっくり返り、どの国もそれどころではないという状況だし、中国にしても輸出低下が見込まれるいじょう内需拡大と景気維持に向かうしかなかろう。つまりチベットに無理して外国人観光客を呼び込む危険を冒すより、中国人観光客をチベットに呼び込んだ方が安全かつ理にかなっている。また成都で商談会を大々的に開いて外国企業にチベットでの事業を売り込んでいる。少なくとも、今の中国政府にチベットを手放す気配が微塵もないどころか、どんどん産業開発して金儲けしようとしている。ま、何にせよ元々資源に乏しい国土に於いて、とにかくチベットなど「西部地区」は宝の山なのだ。おいそれと手放しはしないだろう。もともとヤクザなやり方で奪い取った土地だけに外国からの批判を最も警戒しているが、しばらくは金融危機で外圧の心配はない。ことチベット問題に限れば、オリンピックでの窮地から救い出してくれた金融危機様々なのである。逆にチベットにとっては、金融危機は思わぬ貧乏くじになってしまった。こんな状況で中国が誠実な対応をするとは思えない。
    ただ、中国にとっても、チベットが中道路線を今のタイミングで放棄されては経済状況からいって好ましくはないだろう。中国は、兎に角どんどん経済で切り込んでチベットを骨抜きにしてガッツり中国経済に組み込んでしまうまで、それまでダライ・ラマ法王を時間稼ぎに利用したいだろう。法王の発言は、恐らくそれを見越しての恫喝ともとれる。独立運動になれば、産業開発どころではなくなるぞ。それでもし本当にチベットを滅ぼせば中国人は永遠に重い足枷を引き摺ることになるぞ。いい加減、よく考えろと。

    は〜。。。何れにせよ、前途多難だなあ。

    最後に大雪の続報です。

    チベット自治区民政庁によりますと、ナチューやロカ、シガツェなどチベット東部地域の15の県が大雪の被害に見舞われ、28日午後6時までに、ロカ地区で被災者は1666人に達し、3人が死亡しました。
    26日から降り続けた大雪や雪崩れの影響で、多くの地区で被害が出ています。ボメイ県では、一部の送電線が切断され、電気が止まりました。またメードク県では、住民が避難する中で2人が行方不明となりました。数ヶ所で交通が遮断され、救出活動に遅れが出ています。
    チベット民政庁は被災地に大量のテント、布団、衣料品、食品などの物資を送ったほか、緊急資金として920万元を用意しました。(翻訳:トウエンカ)

000cf1bdd0220a720c9802.jpg    大雪報道は今のところ中国筋ばかりで、写真で見ても大雪って感じがしないんだけど、やっぱり大雪なのかなぁ。そりゃまあ震災避難民は未だテント生活で確かに大変なのはわかるけど、でもねえ、もしかして大騒ぎしてんのは入植組だけだったりしてね。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
ブログ内検索
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 チベット Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com