忍者ブログ
HOME > チベットの記事 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨夜は何となくMacに向かう気がせず、ひさしぶりに寛いでゆっくりTV見た。
「K-1のKはコスプレのK」ってタイトルにするかと思いながら、でも、強かったねえ。右の「たて拳」とやらがばんばん入ってたしな。

で、チャンネルをコロコロ変えていたら、不意に中川元大臣の問題になった記者会見のビデオが目に入った。TVタックルなんだけど、見た瞬間失笑してしまった。やっぱりあれはダメだね。
PR
十何年ぶりに本気でエアチケット探しをしてみて思ったが、
燃油サーチャージってバカにならんの。石油下がったのに、何でこんな高いの?(特にJALとANA___と書いたところで、最初から対象外だけど。。。)
だから春の旅だちは船にします。一度は乗ってみたかった鑑真号、いや、今は新鑑真号だった。でも金節約の為になろうとは、ちょっと情けない気もするが、この際マジで贅沢いってらんないから気にしない。

でも、ネットの向こうから「チベット人地区は入れないんじゃないの?」と聞こえてきそう。
気になるニュースです。

Internet Explorer 7 ( IE7 )の脆弱性を悪用する攻撃が限定的ながら確認されたとのこと。
繰り返される脆弱性の悪用、またもIE7が攻撃の的に 2009年02月18日 Computerworld


この脆弱性は専門家から「攻撃や攻撃プログラムが出現する可能性が高いとされていた」もので、既に日本でも確認されている。

IEの脆弱性を突く攻撃が「予想通り」出現、日本国内でも確認 2009/02/18 ITpro

それにしても気になるのはコンピューターワールドの記事のこの部分___
どぉうもぉ!天才はぶです。

TIBET NEWS にもありますが、中国ではチベット「民主改革」50周年記念として中国中央新聞映画製作所製作の「チベットの今と昔」が、15日公開の北京、上海、天津などを皮切りに中国国内をロードショーされます。といっても、ガチガチの官製映画では内容は観るまでもなく判りきっている。それでも打算強制による観客動員数は凄いんだろうな。いや、既に多いことは決定事項か。


左腕が今日になってじぐじぐ痛みを増してきた。どうも上腕三頭筋も痛めた感じがするけど、とにかく昨日いためた上腕の筋と四十肩がタッグを組みやがったことは確かだ。
強がってはいるが、元々左利きの矯正右利きだと云うのが単なる思い込みで、実はかなりの日常生活の動作を左手でしていのだと、文字通り痛感している。ドアノブを掴むのも、蛇口を捻るのも、お尻拭くのも、ものを持つのも投げるのも、全部とにかく最初に動いてしまう左手でやってしまい、おかげで声にならないプチ悲鳴の連続である。服の袖を通すのは右からだけど、これは左手で服を持つから。同じく歯ブラシに歯磨き粉(研磨剤?どうもしっくりこない)を付ける時は右手で歯ブラシ持つけれど、磨くのはやっぱり左。
ついでなんで、右手ですることは、文字を書く、絵を描く(集中すれば左も使うこともある)、ペンタブのペン、マウス(少し前まで左)、オナニー、電卓、テニス(左もできなくはない)、箸(左もやればできる)、えーっと、えーっと、これだけ?!

自業自得とはいえ、斯ように利き腕を半封印されてスッキリ晴れてくれない気分でTVを見ていると、偽装米だの脱税だの殺人だの麻生だのと気分の悪いニュースばっかり目につくけど、これって気のせい? 不謹慎だけど、唯一北京のビル火災がやけにキレイだったのが目に鮮やかだった。はい、不謹慎です。
でも、これとて人が一人死んでるんだよね。中央電子台は謝罪をしたらしいけど、たしか最初は打ち上げ花火が屋上に落ちて火がついたなどと発表していたはず。その時は文字のみで画像では見ていなかったから、そんなに高い建物とは思っていなかったけど、責任逃れの感が拭えないな。

中国は、ことしも年明けからケチがついちゃったなあ。チベットでロサールを強制させて従わないと逮捕なんて弾圧すっから、負傷者や死んだ方や遺族には申し訳ないが、罰当たったんだと思ってしまうのも人情。同じ日にダライ・ラマ法王がローマの名誉市民になられたのも、皮肉な偶然である。
やはり、今年はいろんな意味で覚悟が必要な年になるのかな…。左腕を痛めている場合ではない。

ところで、何だこの増え方は!TIBET NEWSまた更新しとかないといけない。それにしても気になるタイトルがあるので、今回はここまで。では、また。

追記:
後で気になって確認したところ、一部に不適切な表現がありましたので訂正しました。また、事実と違う部分もあったので、訂正しておきました。(22:30)
国は民間人にミサイルだのロケットだの爆弾や銃弾を遠慮なしに見舞う。
民間人は靴を投げただけで暴力行為と断じられる。
そしてこの日本では、チベットの旗を掲げて自由を叫んだだけで暴力行為と政治家に非難される。その方は無責任に職務を途中で投げ出して辞めちゃったけどね。
靴を投げた学生が紛れ込めた分だけケンブリッジ大は早大よりましとも言えるが、両大学とも対応の仕方に本質的な変わりはなかったのでは。
ぜひ「トニー・ブラウン」氏にその辺りをご説明願いたいもんだ。

私は今まで国民あっての国だと思ってきたけど、どうも現実は違う様相を示し続けている。私は思い違いをしているのだろうか? 私のような馬鹿を煽てこき使って、殺さず生かさず、搾取し続けるのが正しい国の姿なのか? もしそうなら、ロヒンギャを公海上に捨てたタイを擁護して日本から移民難民排斥を訴えるブロガーは正しい国の正しい国民の姿であり、そんなブログに腹を立てたり不快になる私の方がおかしいのである。
でも、私は納得も理解もできない。

わかった風な口をきくな、若造ども。そんなことは現実に立ち向かってから言え。分厚い安心の楯に隠れたメタボな自我を、少しは逆風に晒してみやがれ。てめえらその歳で腐れ腰巾着は早すぎるぞ。

あ〜あ、けっきょく最後の最後で脱線した。今回こそはと思ったんだけどな。ま、いっか。


その昔、といっても10年前、当時の中国総書記江沢民がスイスを訪問した際に、フリチベ活動家のデモに激怒してスイス大統領に「あなたには国家を統治する能力が本当にあるのか」と言ったそうな。無礼にもほどがある。

しょせん札束の言うことと大統領が意に介さなかったかどうかは知らないが、この話から判ることは、中国では無理矢理言論を封じ込めて蓋をすることが国を統治することのようだ。さすれば、なるほど国賓に恥をかかせるような言論の自由を認めているようでは統治能力を疑われても仕方あるまい。また、中国政権の動きも理解できる。さらに遡ること十年前

こんな事があったんだもんね。

もっとも、元首たる者が無闇に激昂しては貴国の品格を貶め、また、だからといって相手国のそれも大統領を無能力呼ばわりするとは如何なものか。あなた方こそ友人を数知れず失ったのだ。去年の聖火騒動はその証である。

さて、TIBET NEWSでも紹介した通り、欧州歴訪の温家宝首相は今スイスを訪問中だが、今回も抗議行動が起こり、逮捕者も出たようだ。
人の行動を力でねじ伏せたところで心までは変えられない。中南海の「あなた方」も、いくら口汚く罵られたところで分厚い面の皮はびくともしない。そのせいか民衆の心からどんどん離れてゆく。解っているのか解っていないのか。。。
pekin2.jpg
photo1988.jpg
3.jpg

経済ばかり気にしていると時代のうねりが判らなくなるよ。

追記:
後からちょこっと編集し直しました。それから、20年前の今日1/28パンチェンラマ10世が入寂されました事を付け加えておきます。

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
ブログ内検索
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 チベット Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com