忍者ブログ
HOME > > [PR] > チベット > 2009 PEACR MARCH for TIBET @渋谷(文章追加) Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朝、携帯から投稿したメールはいずこに?????

そんなことよりお疲れさまでした。取りあえず画像から。文章は追って編集し直します。
ということで16日になりましたが、当日のこと。
正直なところ、集合前に歩きすぎて宮下公園に向かう頃にはもう歩く気力が失せていた。おまけに一向に雨が止む気配はないし、一部強風で電車運行止めも響いたのか集合場所にはスタッフ以外だれも見当たんない。それに宮下公園の光景が記憶とギャップがありすぎて気分的に凄いダメージ。そりゃ20年も経てば変わるだろうけど、アベックがベンチでいちゃついていた「憩いの場」に税金かけて味気のない広場にし、けっきょく排除しようとした人たちの「憩いの場」にしてしまったんだから、お役人のやることって、ホンマおもろいわあ。。。
で、肝心の参加者は30分前あたりからどっと増え始め、最終的には主催発表で300人。あの天候を考えれば満足のいく集まり。やっぱり渋谷と表参道のど真ん中を通るコースでしょぼい印象は逆効果なんで一安心。後は街の反応だけど、公園から繰り出す頃には雨が止んで空が明るくなったせいか人出が増え、沿道からの視線も何となく好意的な印象だった。(表参道で若いビジネスマンかな?「フリーチベット!」と大声で声をかけてくれたので、嬉しくなって思わず「フリーチベット!」と叫び返したけれど、若干躊躇したので妙に間があいてしまった。ちなみにコールの先導がたまたま途切れていたせいもあって、私の叫びを自発的なコールとして何人かが反応してくれたんだけど、それに被せるように拡声器から公式の?「Free TIBET !」ま、よろしいか…?)大きなトラブルもなかったし、イベントとして成功だったのではなかろうか。

今回は(といっても毎年恒例の定期的行事としては私は初参加なんだけど)ダライラマ法王の甥のケドルーブ・ソンドップ氏が駆けつけて下さり、出発前の決起集会でスピーチされた。
でも個人的に最も印象に残ったのは「中国はチベットから出て行け」と云うコールに対する在日チベット人の考えだった。
これについてはTSNJのスタッフからも難色を示す意見があったのだが、チベット人の気持ちとして外すことは絶対あり得ないことなので、最終的にはチベット人の気持ちを尊重する形で残ったとの説明だった。
確かに日本人にとってはキツい表現だし、ややもすると「漢民族は全て出て行け」との誤解を生み易い表現でもある。しかしチベットを現世地獄にしているのは他ならぬ中国であることも事実である。土足で無理矢理押し入ってきて「私が大家だ」と言い張り好き勝手やり放題の無礼な居直り強盗に、家から出ていけと言うのに何を憚る必要があるというのだ。
要するにチベットを破壊する存在は単に漢民族でも中国人民でもなく、中国共産党であり政府であり軍であり入植者たちである。それがチベット人の言う中国なのである。
ここで入植者たちに罪はないと言いたい人もいるだろうが、たとえそのつもりがなくても結果的にチベットにおけるチベット文化の相対的存在を希薄にし、弱体化に拍車をかける存在である以上、チベット人には許せない存在であることに変わりない。
(蛇足として付け加えるなら、日本人の中には「シナ」と言いたがる者もいるが、勿論チベット人にとっての「中国」は「シナ」ではない。まして「君が代」に何の意味があるというのか?自分たちの主張の為にチベットを利用する輩の存在は、チベサポにとって鬱陶しくも大きな問題である。ちなみに、これは私がわざわざ東京を選んだ気分的な理由の一つでもある。)
むろんその場では”そんな感じ”で直感的に納得をしたのである。
そして私の心を動かしたのはチベット人の熱い心。それはかつてマジュヌカティラで出逢ったチベット人の心と同じだった。そして15年の時を経て同じチベット人の言葉に共鳴したのである。
「ダライラマはみんなの母親であり父親である」「チベット人は一つの家族だ」「そしてチベット人の望みも一つ、自由だ」どんどん記憶から細部は抜け落ちてゆくけれど、あの時の言葉の真意は色褪せることなく胸にしっかりと刻まれている。
FREE TIBET !


6e576006.jpeg 6aecf634.jpeg先頭よりにいたのですが、公園に戻ってくると後続が信号待ち。到着組で気がついた人たちは歩道橋の上へ応援?にbf43556c.jpeg 49c5505a.jpeg鞄の中で行方暗ましていたデジカメをやっと見つけて何とかマーチの写真が撮れた。。。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
お疲れさん
こんにちは、雨に遭わず良かったですね。
多くの参加者でデモ行進は如何でしたか、広尾の
住人を刺激下ですかね。
写真から見ると竹下通りの歩道橋ですか?
渋谷駅ガード下駐車場のようにも見えます。
ついでに岡本太郎も!
馬とモンゴル URL 2009/03/15(Sun)12:53:14 編集
Re:お疲れさん
雨は歩き出しす頃にようやく止みましたが、それまで身体が冷えて震えてました。歩道橋は渋谷駅ガード下駐車場ですが、ニュアンスとしては宮下公園の歩道橋です。
またある程度詳しいこと書きますね。
岡本太郎もちろん見に行きましたよ。
【2009/03/15 13:16】
2
きょうねるは、居
きょうねるは、居直り強盗も入植した。
それでロジャーは携帯したの?
BlogPetのねる URL 2009/03/16(Mon)15:37:26 編集
Re:きょうねるは、居
今回はついていけん。
【2009/03/16 18:54】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1894]  [1893]  [1892]  [1891]  [1890]  [1889]  [1888]  [1887]  [1886]  [1885]  [1884
ブログ内検索
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 2009 PEACR MARCH for TIBET @渋谷(文章追加) Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com