忍者ブログ
HOME > > [PR] > チベット > 日本の仏教僧、起つ Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008年06月06日 16:15 発信地:カトマンズ/ネパール
【6月6日 AFP】ネパールの首都カトマンズ(Kathmandu)で5日、チベット人活動家が中国大使館前で抗議デモを行い、少なくとも250人が地元警察に身柄を拘束された。(c)AFP
    ネパール当局、頼むから不当に過剰な暴力は止めなさいよ!

    さて、タイトルの通りです。
臨済宗など6宗派の全国の僧侶有志が「宗派を超えてチベットの平和を祈念する僧侶の会」(代表=川原英照・蓮華院誕生寺貫主)を発足させ、6日記者会見した。

会は福田康夫首相らに郵送した声明を発表。「慈悲の精神を持ってチベット問題の平和的解決に取り組み、チベットにおける真の平和と自由を実現するため、日本における直接対話を中国政府、日本政府に求める」などと訴えた。会は「国際世論に訴えるとともに海外の支援活動と連動したい」としている。

会は18日午後5時、東京都港区芝の増上寺光摂殿で設立会を開き、慰霊を実施。広く僧侶の参加を呼びかけている。問い合わせは川原代表(artic@uproad.ne.jp)まで。

毎日新聞 2008年6月6日 20時23分

北京五輪の聖火リレー出発地を辞退した善光寺(長野市)など各地の寺院の僧侶が「宗派を超えてチベットの平和を祈念する僧侶の会」を結成、東京都内の日本記者クラブで6日、記者会見しチベット問題の平和的な解決を呼び掛けた。

同会には、現時点で仏教の6つの宗派から僧侶が参加。代表を務める熊本県玉名市の蓮華院誕生寺の川原英照住職(56)らが「チベット問題は人類全体が直面している慈悲の危機を象徴している」などとする声明を発表した。

中国政府に対し、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世との直接対話を求めているほか、日本政府に7月の北海道洞爺湖サミットなどで対話の場を用意するよう呼び掛けている。

18日には東京都港区で設立会を開く予定で、多くの僧侶の参加を訴えている。
2008/06/06 18:09   【共同通信】
    ひとまず!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1370]  [1369]  [1368]  [1367]  [1366]  [1365]  [1364]  [1363]  [1362]  [1361]  [1360
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 日本の仏教僧、起つ Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com