忍者ブログ
HOME > > [PR] > チベット > 北京オリンピックの見方 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


う〜ん、日付け変わっちゃったね。

今回は当然のごとくクチャでの爆弾事件。カシュガルであった間なしだからテレビでも結構報道されてました。

 


新疆ウイグル自治区で爆弾攻撃、8人死亡 新華社

クチャ──中国北西部の新疆ウイグル自治区クチャで10日未明、武装グループが爆弾で公安施設などを攻撃し、武装勢力7人と警備員1人が死亡した。国営新華社通信が伝えた。

爆発は十数カ所の政府施設で起きた。最大とみられる爆発は午前2時半頃、武装グループが手製爆弾を積んだ3輪バイクで公安施設に激突したことで発生。警備員1人が死亡、警官2人と民間人2人が負傷し、警察車両2台が破壊された。警官隊は武装グループに発砲し、1人は死亡したが、別の1人は自爆し、残る1人は拘束された。

6時間後、現場付近の市場に隠れていた武装グループ5人が警官隊に発見され、銃撃戦となった。武装グループは警官隊に爆弾を投げつけ、2人が警官隊に銃撃され死亡、残る3人は自爆して死亡した。拘束された容疑者によると、犯行には15人が関与していた。

同自治区では4日、西部カシュガルの国境警備隊施設が襲撃され、警官16人が死亡し、16人が負傷したばかり。中国当局はウイグル人独立派によるテロ攻撃と断定し、同自治区に厳戒態勢を敷いている。外務省関係者が匿名で明らかにしたところによると、現地は戒厳令下同然の状態に置かれている。

西側外国人観光客はAP通信に対し、爆発音や銃の発砲音を聞いたことや、宿泊先からの外出を差し止められたことを明らかにした。また、香港を拠点とする人権民主主義情報センターは、香港出身者2人と英国人2人、オーストラリア人1人が、厳戒体制下でクチャを離れられないとしている。韓国人のツアー団体客20人がホテルにいるとの情報もある。

中国人民解放軍はクチャに部隊を派遣し、警察は現場周辺を封鎖した。 警察は封鎖区域付近で取材活動を行っていたAP通信記者とカメラマンを拘束した。

2008.08.10 Web posted at:  19:53  JST Updated - CNN/AP

http://www.cnn.co.jp/world/CNN200808100004.html


 

これに対して世界ウイグル会議は

 


ウイグル穏健派組織が批判  「事件の責任は中国に」

【北京10日共同】中国新疆ウイグル自治区クチャ県での警察施設襲撃事件について、海外のウイグル人を束ねる穏健派組織、世界ウイグル会議(本部ドイツ・ミュンヘン)は「事件の責任は中国政府の抑圧政策にある」と述べた。英BBC放送が10日、報じた。

BBCによると、同組織のスポークスマンは中国がウイグル人に組織的な抑圧政策を行っていると強調。「中国政府が圧政を即時に中止するよう、国際社会は圧力をかけるべきだ」と訴えた。

世界ウイグル会議は世界の亡命ウイグル人組織を束ねて2004年に結成。新疆ウイグル自治区の平和的独立を掲げている。

2008/08/10 14:25   【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008081001000328.html


 

とても素朴な考えだけど、中国政府はウイグルやチベットの問題をあの手この手ありとあらゆる手段を尽くして隠そう隠そうとしてきた。その結果、少なくとも日本では一般的に知られることなく中国政府の思惑通りだった。だけど今、一般の日本人でもチベット問題だけでなく、更にマイナーだった筈のウイグル独立活動まで知っている。大国としてジャンプアップすべく招致したオリンピックが思わぬ呼び水になってしまった。環境汚染にしても情報公開にしても公約とはほど遠く、北京の空はスモッグに霞み、外国人記者へ現場での対応は紳士的とは言えず…、つまり、墓穴を掘ったという事ですかね。

しかし、墓穴と云うのは簡単で、実際にチベットやウイグルの人たちの状況を思えば、こうして言葉だけ労しているのが歯痒い。北京オリンピックの背後に横たわる重い現実を意識した途端、記録だのメダルだのと騒いでいるテレビにシラケてしまう。国家百年の夢のために、一体どれほどの犠牲が払われたのだろうか…。。。

それにしても、洞爺湖サミットで貧困を話しながら世界の首脳たちが超贅沢な料理を食べていたと批判した同じヒトが、オリンピックに浮かれている。彼らは数ヶ月前に中国政府がチベット人に酷いことをしたと大騒ぎしていたのではなかったの? オリンピックを見るなとは言わないけど、無邪気過ぎません?

 


抗議行動の亡命チベット人200人拘束

ロイター通信によると、ネパール警察当局は10日、カトマンズの中国領事館周辺で抗議行動をしたとして、亡命チベット人ら約230人を拘束、警官との衝突で少なくとも10人が負傷した。

警察当局は中国領事館前などでの抗議行動を禁じているが、亡命チベット人が多く住むネパールでは北京五輪開催に合わせ抗議行動が活発化。開会日の8日は1000人以上が拘束された。

10日に拘束された亡命チベット人らは、3月のチベット暴動を中国政府が武力鎮圧したことなどを非難、「中国政府は恥を知れ」などと叫んで抗議した。

20088102217分]

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20080810-394243.html


 

次に紹介する記事について少し補足します。昔からこのブログをお読みの方はご存知でしょうが、中国ではこの手のことは五輪に関係なく昔からよく起こります。考えてもみて下さい、パンチェンラマでさえ拉致してしまうような国です。なにをか言わんや!です。

 


中国人活動家の妻と子ども拘束か、五輪直前から行方不明

20080810 13:51 発信地:北京/中国

810 AFP】実刑判決を受け投獄中の中国の人権活動家、胡佳(Hu Jia)氏の妻で活動家の曽金燕(Zeng Jinyan)氏が、幼い娘とともに北京五輪開幕前の7日から行方が分からなくなっており、中国当局が拘束している可能性が高いという。弁護士と人権団体「チャイニーズ・ヒューマン・ライツ・ディフェンダーズ(Chinese Human Rights Defenders)」が9日、明らかにした。

今年4月に胡氏が国家の転覆を扇動したとして36月の実刑判決を受けた後、曽氏は警察の監視下に置かれた。そのなかでも曽氏は、夫を投獄した中国当局への批判をブログ上で精力的に繰り広げてきた。

胡氏の弁護士のLi Fangping氏は、著名な活動家の多くは活動を控えるよう警察当局による圧力を受け、すでに所在がつかめない活動家もいると話す。連絡が取れない活動家は、五輪に悪影響を与えかねないとの名目で当局に身柄を拘束されている可能性があるという。

AFPは過去数日間、著名な活動家ら多数と接触を試みているが成功していない。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/politics/2503416/3202567


 

胡佳氏については氏の名前でブログ内検索すれば幾つか出てきますが、こちらを参照すれば十分かな?

http://timayoi510.blog.shinobi.jp/Entry/1143/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1424]  [1619]  [1423]  [1422]  [1421]  [1420]  [1618]  [1419]  [1418]  [1617]  [1616
ブログ内検索
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 北京オリンピックの見方 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com