忍者ブログ
HOME > > [PR] > チベット > 世界のイナカ者 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

35f8fc93.png

多少銭?



    ダライ・ラマ法王の特使が3日に中国入りして非公式ながら協議すると、亡命政府が発表したそうです。中国側のポーズにすぎないとか、猊下も単なる顔見せだけなら無意味だと釘を刺されていましたが、何れにせよ話し合いのテーブルに着かない事には前進しない。一先ずとば口に当事者が並ぶと云う事である。さて、そこから一歩、どんなに小さくても一歩踏み出せるか否か、そこを注目したい。もちろん期待を持つには中国政府への不信が大きすぎますがね。
    89年に中国を旅した時、大理に長期滞在中の日本人小説家の卵が中国を「世界のイナカ者」と揶揄してましたが、私は「世界三大ワガママ国の一つ」と言ってました。さすがに今は垢抜けて羽振りが良くなりましたが、いささか「世界の成金」と言われカネない勢いです。せめて「世界三大ワガママ国」から卒業していれば良かったんだけどね。もちろん世界三大ワガママ国は、91年まで米中ソ。92年からは米中露。はい、変わりませんね。
    何でこんな事を書いたかと云うと、ソウルでの中国人の暴行騒ぎを読みながら、香港での聖火リレーや中国内デモのTVニュースで流れた中国の若者を見ながら、「イナカ者」に逆戻りだなと思ったからです。全て内向きの理屈であり、思考が鎖国しております。もっとも、そろそろ感情的に流されてしまった海外組が冷静になり始めるんじゃないかと期待を込めて思ってもいますが、でもしかし、韓国人はそう簡単には許さないでしょうね。まして中国外務省報道官のことば、あれはなんですか?CNNのコメンテーターは謝罪しても声だかに非難して許さなかったくせに、自国民が暴力沙汰を起こしておきながら聖火リレーを行ってくれた韓国の国民に謝罪しない。それどころか大した事ではないと言わんばかり。バカにすんな!

    この怒りもごちゃ混ぜにして、6日は東京さ行くだ。びわこドリーム号の往復バウチャーもDL済みだ。新幹線?貧乏人には恐れ多いだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1326]  [1325]  [1324]  [1549]  [1323]  [1322]  [1548]  [1321]  [1320]  [1319]  [1318
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 世界のイナカ者 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com