忍者ブログ
HOME > > [PR] > チベット > マジュニカティラMajnu Ka Tillaマジュヌカティラ Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    軽佻浮薄というか、おっぱっぴぃなブログを目指しているのに、何でかな。チルーだの東トルキスタンだのソマリアだの集団自決だのサフラン革命だのチベットだの・・・

    でもね、少し前に思ったんだけど、軽〜い私がこんな重いことをムキになってああだこうだ言うのって、まさしく血迷い510だよね。そっか!いいんだ。じゃあ今日もいってみよっか!
hitoshi_ueki.jpg

で、

    そういえば、ずっと前の記事なんだけど、ちょっと目を通してくんなまし。

    結局、その後どうなったんでしょうか?まったく情報が見当たらない。俺の探し方に根性が足りないのかも知れないが、このことを取りあげていた他のブログなどを探しても、その後の情報はない。
    そんな事を考えながら、昨夜「チベットの碧い風」に入れる地図を作ろうとGoogleEarthで久しぶりにマジュニカティラを眺めた。
Maj_NewDelhi.jpgMaj_NewDelhi2.jpg
Maj1.jpg
    中央の幹線道路の上側が「インド人地区」で、道路の下側がチベタンキャンプ。

Maj2.jpg 文字が読めない時はクリック!
    以前にも航空写真に書き込みをしたのをアップしたけど、書き込みの位置が少し違う。たぶん今回の方が正しいと思う。それから気になるのが黄色い不細工な斜線部分。以前にもあったような気がしなくもないが、公園計画に備えた整地かなあ。。。ほんと、知ってる人がいたら教えてほしい。

    ところで、私はマジュニカティラと表記しているが、他のサイトは全てマジュヌカティラと表記しているのな。チベタンキャンプでは確かMajuni Katilaって綴ってあったんだけどな。カタカナ表記だからどうでもいいけど。
<追記>11/13 21:05
    ローマ字表記はMajnu Ka Tillaが正解でした。でも、ヒンドゥー語で書かない限り公認であっても正確ではない。ましてカタカナ表記。現地でインド人にもチベタンにも通じたんだからOKです。だから私は慣れ親しんだマジュカティラを通します。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
無知
レーからの帰り、バスターミナルへの途中、高架道路が登って行く途中、2日間隣に座っていたラダッキ(今はシッキムで国境警備をしてる)がここで降りたんだけど…15・6前に訪れたその場所がどうにかなるなんて意識さえしてなかった…もっと別の感慨を持っていたのかもしれない。知らないことばっかりだ…
没関系 URL 2007/11/13(Tue)00:04:00 編集
Re:無知
本当にキレイサッパリキッパリ続報が手に入らないんです。
ただ、色んな状況から立ち退きは回避されたような感じはします。でも、不安です。
【2007/11/13 20:53】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1058]  [1057]  [1056]  [1055]  [1054]  [1053]  [1052]  [1051]  [1050]  [1049]  [1048
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 マジュニカティラMajnu Ka Tillaマジュヌカティラ Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com