忍者ブログ
HOME > > [PR] > チベット > ポ ランツェン !をとりまく感情 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

d8529cbd.jpeg
    ビョークの叫びは、欧米のマスコミが反応し、中国政府の非難を呼び、それで日本のマスコミが騒ぎ、それに対する反応がチベット側から出て欧米のマスコミが伝える。ほぼいつものパターンだけど、今回はビョークと云うことで若者の関心もけっこう集まったような気がする。チベット問題をより多くの人に知ってもらえた事は良かったけど、チベット云々よりとにかく嫌中という二者択一のオリコウサンたちには単なる嫌がらせとしか思えなかったのではなかろうか。彼らの頭の中ではアイスランドが1944年まで植民地だったと云う歴史は役に立ちそうもない。
    そんなバカげた連中と同じような反応を示す人たちがいる。尤も、こちらの連中は権力争いの中での強かなパフォーマンスなので、放置することは黙認に繋がるから質が悪い。ダライラマ猊下も大変である。

ダライ・ラマ、改めて北京五輪支持を表明 2008年03月09日20:08 ダラムサラ/インド

ダライ・ラマ、中国のチベット「弾圧」を非難 2008年03月10日16:37 ダラムサラ/インド

    プラハの春には及ばないまでも、チベットの春のような季節をぶち壊したのは1989年に胡耀邦を辞任に追いやった北京の長老たちとラサの胡錦濤であることは、前にも書いた。だから今回のオリンピックに備えた強権の乱発は、さもありなん。20年前の天安門事件を知らない人は、逆に今の状況から想像してみて下さい。
    ただ、今回と当時との違いは、政府レベルでの批難の有無です。当時の中国は、まるでサフラン革命を弾圧したビルマの軍事政権でした。非難囂々、国際信用がた落ち。ところが、今回はどうでしょう。一応人権弾圧に対する批難はありますが、民間レベルであって、政府レベルでの国際的な圧力は一向に感じられません。
    日本のテレビでは何の疑いもなくオリンピック開催を朝から晩までズバズバ言ってますね。スポーツ選手も誰一人として問題発言しないし(しろとは言いませんが、なんも感じないのですかね?)、環境汚染や強制立ち退きで大騒ぎした人たちは何処へ消え去ったの?餃子の問題もどうなったの? ねえ? 誰か教えて。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1215]  [1214]  [1213]  [1212]  [1211]  [1210]  [1209]  [1208]  [1207]  [1206]  [1205
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 ポ ランツェン !をとりまく感情 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com