忍者ブログ
HOME > > [PR] > チベット > チョモランマの頂きにFREE TIBET ! Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    チベットNOWで知って、Phayulとばなな猫さんので確認したらなんと

チョモランマの頂上でチベット国旗が!
f85e2ae0.jpeg
Tibetan flag on top of Mount Everest
Phayul[Wednesday, June 04, 2008 17:18]


更に
20080602xwir.jpg
May 20, Namgyal Sherpa, with Jamie's Project-Himalaya team, and Pemgya Sherpa, with Arun Treks summited Everest at 3:25 pm. MountEverest.net

もひとつ
20080602scott.jpg
Dark Wader of Everest? Scott Mortensen with a Free Tibet message on Everest summit.
Image courtesy of Peak Freaks.


    残念なことは、英文の記事なので内容をまとめることができないこと。でも、こうでなくっちゃね。見つかったら強制退去のリスクをはねのけた彼らの行為に拍手喝采やんややんや!!!!
    それにしても、これらの写真を見ていて何か気がつきませんか?
中国の聖火隊の写真では背景がガスって判りません。当分延期で天候回復を待つなんて発表しておいて突然の登頂というのも日程的に不自然でしたが、あんなガスだらけの頂上の写真など(少なくとも私は)見たことがない。あれはホントに頂上?本当は、どこで撮影したのだろうか?

    ところで、これはホントに残念と云うか、なんていうか…
TPUM[Wednesday, June 04, 2008 21:40]
    チベット帰還行進は、やはりインド警察に止められ、265人が逮捕されました。
    個人的には、ほっとしています。うまく強行突破に成功しても中国軍が待ち構えています。即射殺か拘束、拷問。いずれにしても自殺に等しい行為です。彼らの気持ちには敬意を払いますが、他にやれることがきっとあるはず。もちろん彼らの行為は無駄ではない。チベットの歴史に名を残すことになろう。我々がすべきことは、この歴史が消滅しないよう最善を尽くすことです。私も微力ながら応援します。命あってのものだね。死に急ぐなかれ。

FREE TIBET !

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1365]  [1364]  [1363]  [1362]  [1361]  [1360]  [1573]  [1572]  [1359]  [1571]  [1358
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 チョモランマの頂きにFREE TIBET ! Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com