忍者ブログ
HOME > > [PR] > チベット > チベット支援企画に難色 三重県、施設の後援取り消し Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008年6月10日 07時26分
    三重県尾鷲市の県立熊野古道センターで市内の男性(48)が企画したチベット支援の演奏会に、県がクレームを付け、許可された同センターの後援が取り消されたことが分かった。
    男性はインド発祥の弦楽器でチベットとも結び付きの強いシタールの奏者。同センターの指定管理者、特定非営利活動法人(NPO法人)「熊野古道自然・歴史・文化ネットワーク」と相談し、14日にチベット支援の募金を兼ねた演奏会を企画、5月初めに後援が認められた。
    しかし、6月に入り、県東紀州対策局職員が同法人に「尾鷲には中国人も多く、特定の主義主張を浸透させる活動は県の施設にはそぐわない」と忠告。同法人職員が後援の取り消しを男性に告げた。
    男性が「政治的な意図はなく、芸術発表や善意の活動を妨げる行為だ」と抗議。同法人は県と協議し、同センター後援ではなく、同法人後援とした。
    男性は「最初は『チベット支援の要素を表に出してほしくない』とも言われ、驚いた」と首をかしげる。一方、同対策局は「県立施設としての後援は問題があり、取り消しを求めた。趣旨の変更は求めていない」としている。
    同施設の利用審査は、県条例で指定管理者の業務と規定。「設置目的に反する場合は利用できない」との取り決めもあるが、募金活動などは禁じていない。
(中日新聞)
    一先ず報告。一旦ここまで。@11:10am

    ただいま。
    件のイベントはTSNJのカレンダーに載ってましたね。以前、MLに三重でコンサート企画するので云々と投稿があったけど、おそらくこのことだったのでしょう。最後にHPを紹介しますね。
    それにしても今頃になって後援外すなんてね。どうせアッチ方面から圧力がかかったのか、変に愚かな気を回したのか、観光収入の銭勘定か。いずれにせよ、小役人の人権意識の低さは哀しいね。情けないね。そのくせ人権宣言出していたりね、するんだよね。ね。
    何故チベット支援の要素を出してはいけないのか、きちんと説明すべきです。非常に困難な状況におかれている人たちを助けようとする利他的行為が、三重県では歓迎されない行為なのですか?中国人が多いからって、なんですか?一部の外国人を優遇(依怙贔屓)するのが三重県の流儀ですか?アナタたちの行政は県民に向いていないのですか?どうなんですか?
チベット支援チャリティコンサート* 天空舞為~バルドトドル *@三重県尾鷲市
日時  2008/06/14 場所  三重県尾鷲市向井12-4
詳細はHPにて http://www.jinkouan.ecnet.jp/
   
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1577]  [1376]  [1375]  [1576]  [1374]  [1373]  [1372]  [1575]  [1371]  [1574]  [1370
ブログ内検索
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 チベット支援企画に難色 三重県、施設の後援取り消し Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com