忍者ブログ
HOME > > [PR] > チベット > ダライ・ラマ法王、再入院→手術無事終了(追記) Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    一先ず、速報的にあげときます。


ダライ・ラマ14世、胆石の摘出手術へ
2008.10.10 13:42
    AP通信によると、インド北部ダラムサラにあるチベット亡命政府の報道官は10日、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(73)がニューデリーの病院で胆石の摘出手術を近く受けることを明らかにした。
    報道官は7日、ダライ・ラマに異常はないと発表していたが、ダライ・ラマは10日早朝、入院した。(共同)


ダライ・ラマ14世、腹痛で入院 手術の可能性も
2008年10月10日 12:46 発信地:ニューデリー/インド
【10月10日 AFP】チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世は9日、腹部の痛みを訴え、インド・ニューデリー(New Delhi)市内の国立病院に入院した。10日に手術を受ける可能性もあるという。病院の医師が匿名でAFPに明らかにした。
    これに先立って、メディアがダライ・ラマの腹部の痛みが再発したと報じていた。ダライ・ラマは8月、同様の症状でムンバイ(Mumbai)の病院に4日間入院している。
    手術を行うとの情報については、地元メディアも情報源は秘して報じているが、ダライ・ラマの報道担当者のTenzin Takhla氏は「通常の検査」を受けているだけだと述べ、報道を否定した。
    病院長はダライ・ラマの健康状態や、病院で受けている処置などについて一切のコメントを拒否。病院側は、これらの情報はすべてチベット亡命政府から発表されるとしている。(c)AFP


(追記)
手術、無事終わりましたとです。良かった、良かった。


腹痛で入院のダライ・ラマ、胆石手術に成功
2008年10月10日 18:48 発信地:ニューデリー/インド
【10月10日 AFP】チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世(73)は10日、インド・ニューデリー(New Delhi)市内の病院で胆石を取り除く内視鏡手術を受けた。

ダライ・ラマの代理人、 テンジン・タクラ(Tenzin Takhla)氏によると、手術は簡単なもので、滞りなく無事に終了し、数日以内に退院できる見込みだという。

ダライ・ラマは前日、腹部の痛みを訴え同病院に入院していた。ダライ・ラマは8月にも同様の症状を訴えムンバイ(Mumbai)市内の病院に入院し、海外訪問などの予定をキャンセルしている。(c)AFP



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1705]  [1704]  [1480]  [1703]  [1479]  [1478]  [1702]  [1477]  [1701]  [1700]  [1699
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 ダライ・ラマ法王、再入院→手術無事終了(追記) Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com