忍者ブログ
HOME > > [PR] > チベット > ダライ・ラマ、カナダ首相と会談 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    オーストラリア、ドイツ、USA、そしてカナダも。どうせなら台湾と外交競争している南太平洋諸国なんかをご訪問して下されば面白いんだけど、それはさておき、さすがはカナダ政府。これまでUSAと対等にやり合って来ただけの事はあります。私的な面会などと変に媚びず、天晴れなコメント。

カナダ首相がダライ・ラマと会談、中国政府は反発
2007年10月30日23:51 カナダ/カナダ
00.jpg【10月30日 AFP】カナダのスティーブン・ハーパー首相は29日、中国政府の警告を無視して、同国首相として初めてチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世と公式会談を行った。
ジェイソン・ケニー多文化主義・カナディアン・アイデンティティ担当閣外相は「歴史的な会談だった」と評価し、「チベットの人々のために文化的自治だけを主張している72歳の平和主義者の僧侶を攻撃することは逆効果だというメッセージを全世界が受けとってくれるよう期待する」と述べた。
同相によると、会談は約40分間、人権問題、チベットの歴史、チベットの人々の窮状などについて「十分かつ率直な意見交換」が行われたという。
ダライ・ラマは、カナダ名誉市民の地位を与えられたことに感謝の意を示した。
先にダライ・ラマから懸念が表明されていたアフガニスタンにおける北大西洋条約機構軍主導の多国籍軍による戦闘任務については、会談では触れられなかった。
この会談を受けて中国の劉建超外務省報道局長は30日、「こうしたカナダ側の行為は中国人民の感情を著しく傷つけ、中国・カナダの関係を大きく損なわせた」として激しく非難した。
さらに会談が「中国の内政問題へのはなはだしい干渉」だと主張し、チベットが中国の一部だとする政府の立場をあらためて表明した。
中国は、ダライ・ラマを中国からのチベットの独立を主張する危険な「分離主義者」とみなし、各国首脳に対して会談に応じないようこれまで再三にわたって警告を発しているが、今年に入ってから米国のジョージ・W・ブッシュ大統領、ドイツのアンゲラ・メルケル首相、オーストラリアのジョン・ハワード首相が相次いでダライ・ラマと会談している。(c)AFP/Michel Comte URL
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1035]  [1034]  [1033]  [1032]  [1031]  [1030]  [1029]  [1028]  [1027]  [1026]  [1025
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 ダライ・ラマ、カナダ首相と会談 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com