忍者ブログ
HOME > ひとり言の記事 Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
■カテゴリ「ひとり言」の記事一覧
[2019/09/23] [PR]
[2008/12/27] John
[2008/12/26] 年末の始まり
[2008/12/25] 収穫いろいろ
[2008/12/24] as メモ
[2008/12/24] サンタクロース!
[2008/12/23] ほんとに独り言
[2008/12/23] ブッシュシューズの秘密

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  昔飼っていた犬のことです。
 保健所主催の里親探しみたいなイベントで彼に一目惚れし、抽選になっても当選したので「これは絶対運命的な出会いや」と帰りの車中で騒いでいた。
 名前は前もってジョンに決めていた。カタカナだけど、QUEENのベーシストJohn DeaconのJohnで、JohnLenonのジョンではない。今日からお前はジョンや!と彼に語りかけると、なんと、ジョンは返事の代わりに私の膝の上へ見事な嘔吐。。。私にとっては何ともいえぬ生温かい感触が25年経っても忘れられない想い出であっても、そのとき運転していた姉にとってはシートが汚れる異常事態がさぞショックだったに違いない。
 そんなジョンだが、さすがは子犬だけあって回復力も凄く、車から降ろすと早速庭を探索にかかる。これなら大丈夫と安心して見ていると、お袋が竹輪を持って来た。
「食べよるかな?」
「大丈夫やろ」
「うん大丈夫、走っとる!」
確かに心配するような様子は片鱗もなかった。ただ、その後のジョンの行動は誰にも想像できない意外なものだった。
 お袋が差し出した竹輪を口で受け取ると、そのまま食べずに庭の植え込みの陰へ隠れ、そしてジョンは前脚で地面をもの凄い勢いで掘りだすのである。そして掘れた穴の中へくわえた竹輪を落し入れると、今度は鼻で土を被せはじめた。
「さすがは捨て犬やっただけのことはあるわ」
「うん…」
 竹輪を隠したジョンは何事もなかったかのように庭の探索を続け、マーキング。もしかするとジョンは家に来た時が最も生きることに貪欲だったのかもしれない。オッサン顔で何考えてるのか判らない無愛想だったけど、意外と人懐っこい面をみせる時もあり、甘え下手な犬だった。
john.jpg
ん?
で、
なに書きたかったんだっけ?
PR
  Xmasが終わり、さて、年末です。
おうそうだった!いかんいかん忘れてたと冬が慌てたように雪を降らしました。
みなさん風邪などひかぬよう気をつけて下さいね。
 ちなみに、既に大掃除モード全開だった私は、昨日から中休み的に落ち着いて過ごしましたが、
それでも今日ふいに思い立って見つけたアルバムの写真をスキャンし始めました。原寸サイズで解像度700なんで少し時間かかり気味だけど、保存先のフォルダをアルバム紛失より前に作っておいたから流れ作業的に効率よくしております。なので「チベットの碧い風」のスライドショー更新も年明け早々、もしかすると年末に間に合うかもしれません。とりあえず一枚だけ公開しときます。適当(いい加減の意味で)に補正したものですが、鳥葬を見た後の移動途上でディクンティ寺と鳥葬場のある尾根を撮影したものです。
9496.jpg
よくわからん飯島愛の死因と汚物注入の母の気持ち。あと、判りきった在り来たりなことしか言えないコメンテーターはTVから消え去れ。みのもんたってまだいたんだね。

 今日は親父を退院後初めての外科の診察。
 私は付き添いとして最後まで黙って観ていたが、今日の医者は手術してくださった先生とは違い、老人のスローペースに合わせる「待ち」が出来ない人であった。
 矢継ぎ早に問診し、要領の得ない答え方をするおふくろの言葉に被せて同じ質問を繰り返した。だぁかぁらぁーと吹き出しがでそうな表情で明らかに苛ついた言い方だったが、
どう控えめに見ても年長者への礼を欠いているし、
問診とは医者の質問事項以外は無駄な情報なのか?
あんたの診てるのは単なる胃全嫡した有機体か?
名前があるんだぜ。家族もいるんだぜ。生活してるんだぜ。
高齢の妻の話し方も情報のうちだろ?
老人の説明が冗長になりがちなのは当たり前のことだろ?
答えに行き着かないなら巧く誘導すれば済むことだろ?
10分も20分も喋り続けるわけじゃないし、
自分の問診技術が未熟だとは思わんのか?

勿論そんなことおくびにも出さず、診察が終わるとキチンと「有り難うございました」と一礼して退出しましたさ。
 もしこれを読んでいる医療関係の方がいたら、特に若い方は気をつけて欲しい。診ている医者以上に患者も付き添いの家族も医者の人間を診ていますよ。特に老人を侮ると痛い目に遭います。もちろん看護士さんもですよ。

ま、今日はあまり待たずに済んだからいいけどね。

さて、今日はちまちまと大掃除。
掃除ってするもんサね。
書類の整理もするもんサね。
ゴミ箱が空っぽなのが気持ちいい。
頭の中も整理ついてやるべきことが見えて来る。
そして判ったことは、
今年はいろんなことを中途半端に放置してしまったこと。
お陰でずいぶん宿題ができてしまった。
とはいえ、本日一番の収穫は
領収書関連の束を整理してたら5,000円札見っけ!
ゴミ箱のゴミ(殆ど紙くず)を丁寧にゴミ袋につめてたら図書カード1,000円発見。
ついでに1,500円の領収書もゴミ箱から見つけたけど、これはどうにも使えない。

「 おんなじ、おんなじ俺達は先に頑張る場面があったから頑張っただけだよ

おまえにもいつか頑張る場面が来るから、そのときまで

頑張って自分を生きているつもりだけど、
そう、つもり。
思い違い
勘違い
思い上がり
独りよがり
色々あるかもしれない。
でも俺は俺でなければ幸せになれない。

 向こう一年間でいい、不死不傷不病の身体をくれ。
くれたら信じてやる。
くれなかったら
くれなかったら
くれなかったら
な、なんかするぞ。
いつも何か書きたいんだけど、
でも書けないんだなあ…
○○さんのブログのコメント。

  あ〜今しがた自分の鼾でうたた寝から目が覚めた。何か夢を見た気配は残っているが判らない。それより運転免許とって以来初めてスタッドレスタイヤを購入したのだが、いろいろ迷いに迷って通販でYOKOHAMAのIG20にホイール付きを頼んだら先ほど(9時頃)着いた。それにしても扁平率が高い(45%)と高くつくね。年が明けたら本気で働かんとヤバい。
 TVも新聞も就職難、派遣切り、正社員も解雇、ホームレス、これでもかこれでもかと畳み掛けてきますね。確かにとんでもないけど、何となく報道してる人たちが他人事の不幸を楽しんでいるようで不快感がある。少しは冷静に騒げないものかと無理な注文をしたくなるが、どうせ出来ないのだから無駄な注文でもある。いくらヒブワクチンでご立派なコメントを語っていても、東京で人気の商品が関西「初上陸」というだけで1Kmも行列に並ぶ馬鹿げた現象に皮肉の一つも出ないのではね。たかがファーストフードじゃん。何がひと味違うだよ。大阪食い倒れの看板に泥を塗んな!
 ところでGo!勒でも取り上げたけど、ブッシュめがけて記者が投げた靴だけど、その製造元であるトルコの靴メーカーに注文が殺到しているとか。
 で、その靴、靴底がポリウレタンとあった。ポリウレタンといえばトレッキングシューズのミッドソールに一時よく使われていたけど、山中で歩いている最中に突然パカッと剥がれる事故が多発して問題になり、今では国内で流通するメーカーでは殆ど使わなれないようになった。でも海外では今でも使われている製品が一部あり、国内でも普通の靴に使われていたりする。靴底の素材として優れてはいるのだが、加水分解による経年劣化が密かに進み、3〜5年である日突然ボロボロに崩れるのである。
lothse1.jpg  昔、アジアを2年ほど放浪した際に履いていた登山靴もポリウレタンのミッドソールを使っていて、帰国して犬の散歩に履いていたら突然パカッと靴底が剥がれてしまった。買ってから4年目。その時はポリウレタンの名前も知らなかったから、4万円の結末の呆気なさに「さすがはイタリア製」と変なところで感心していた。まあチベットからインドからネパールから、ヒマラヤから都会の雑踏から南国の島から、かなり使いまくったから十分元はとったけどね。(写真はzamberlanの現在のモデルで一番見た目が似た感じのLothse GT)
 そんなポリウレタンの靴底が今でも廉価な運動靴などに使われているようで、以前の職場でも、今回親父が入院した病院でも、ボロボロと崩れるのを目撃している。恐らく中国など外国で製造されたものではないだろうか。ある日突然終わりを告げるので要注意です。と思っていたら、おふくろの履いていた靴もそうだった。
 投げつけた記者はそんな事を知っていたのだろうか?そろそろソールが駄目になる靴なら投げちまえ!!!なわけないか。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 ひとり言 Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com