忍者ブログ
HOME > > [PR] > ひとり言 > 灯油切れ〜!!!!! Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

実は土曜日の午後からG5にOS再インストール。もう何度目だか忘れてしまったが慣れたもんで、こう頻繁にしてるとバックアップも必要がない。喜んでいいのかな?
で、OnyXというフリーソフトではMac定番のユーティリティで確り(怖々)とチェックしつつカスタマイズを済ませ、最後にiTunesに音楽データをライブラリーに取り込んだのだが、これが凄いことになった。いつまでたっても終わらない。五時頃から初めたのに日付が変わっても終わらない。仕方がないから未だ4割ほど残っている状態で放置して寝てしまった。もちろんディスプレーがスリープしてもMacがスリープしない設定にしておいた。
で、今朝iTunesで久しぶりのAeroSmithに前回の再インストールで全データを移しきれないまま忘れてしまっていたことを思い出す。ま、それどころじゃなかったからな。ちょっとしたカーソルの動きですぐクルクル夢想花。その間、音楽が途切れ途切れだから、ちょっとでも負荷軽減と無音できたから。ちなみに今はCheap Trickの”Gonna Raise Hell" 中学生だった私にはとってもドラマテックな曲だったはずなのに、今聞くとなんてシンプルなんざんしょ。そういえば昔オーストラリアのバンドでメン・アット・ワークってのがいたけど、ご存じの方います?彼ら「仕事中の人たち」(直訳線でもいいか)のWho cannot it be nowだったっけ?「ふぅきゃなびーなう」ってフレーズがタイトル…ちと調べてみるね…あ、違った、Who Can It Be Now ?(ノックは夜中に)だ。今、ノックは無用と呟いたアナタ、琵琶湖に沈めます。
ちなみにこの曲は全米ナンバーワンヒットというやつで、日本でも連日FMで流れていた。かといってチャラチャラした曲でなく、けっこうシンプルというか隙間だらけの曲なんだけど良いんですわ。だからなけなしの金でLPも買っちゃいました。後でYoutubeで探そ。多分あるだろうな。
あああ限界だ。実は灯油切れでストーブが消えちゃってます。では、今日はこれまで。いったいなに書こうとしてたんだか今回も判らなくなってしまっただ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
無題
チープ・トリックにメン・アット・ワーク・・・


う~~む、時代だあ~♪



今宵はホワイト・ホースで一杯やるかあ~♪



あ、当時のオールドボトルみつけました♪




はぶさんは飲まないかな?
よっちゃん URL 2009/01/27(Tue)21:04:22 編集
Re:無題
うん。好きだけど量は飲めない。下戸まではいかないけど、ある程度飲むと眠くなるのと同時に頭が痛くなってくるんよ。だから放置してくれるヒトとは飲めても、へんに勧めてくるヒトだと却って飲めない。頭痛の訪れが早まるし、吐きやすい。確かに強くはないけど、でも日本酒苦手とかそういうのはない、、、あ、カクテルは今ひとつかな。
で、今ふと思ったんだけど、そんな私がチベットのディスコでビールを喉が渇いて大ジョッキ一気飲みみたいなマネをしでかしたのは、下手すると自殺行為だったなあと、ちょっと反省。もう遅い?
ちなみに、今すごく興味あるのはグルジアワインっす。
【2009/01/27 22:12】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1831]  [1830]  [1829]  [1828]  [1827]  [1826]  [1825]  [1824]  [1823]  [1822]  [1821
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 灯油切れ〜!!!!! Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com