忍者ブログ
HOME > > [PR] > ひとり言 > 収穫いろいろ Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

よくわからん飯島愛の死因と汚物注入の母の気持ち。あと、判りきった在り来たりなことしか言えないコメンテーターはTVから消え去れ。みのもんたってまだいたんだね。

 今日は親父を退院後初めての外科の診察。
 私は付き添いとして最後まで黙って観ていたが、今日の医者は手術してくださった先生とは違い、老人のスローペースに合わせる「待ち」が出来ない人であった。
 矢継ぎ早に問診し、要領の得ない答え方をするおふくろの言葉に被せて同じ質問を繰り返した。だぁかぁらぁーと吹き出しがでそうな表情で明らかに苛ついた言い方だったが、
どう控えめに見ても年長者への礼を欠いているし、
問診とは医者の質問事項以外は無駄な情報なのか?
あんたの診てるのは単なる胃全嫡した有機体か?
名前があるんだぜ。家族もいるんだぜ。生活してるんだぜ。
高齢の妻の話し方も情報のうちだろ?
老人の説明が冗長になりがちなのは当たり前のことだろ?
答えに行き着かないなら巧く誘導すれば済むことだろ?
10分も20分も喋り続けるわけじゃないし、
自分の問診技術が未熟だとは思わんのか?

勿論そんなことおくびにも出さず、診察が終わるとキチンと「有り難うございました」と一礼して退出しましたさ。
 もしこれを読んでいる医療関係の方がいたら、特に若い方は気をつけて欲しい。診ている医者以上に患者も付き添いの家族も医者の人間を診ていますよ。特に老人を侮ると痛い目に遭います。もちろん看護士さんもですよ。

ま、今日はあまり待たずに済んだからいいけどね。

さて、今日はちまちまと大掃除。
掃除ってするもんサね。
書類の整理もするもんサね。
ゴミ箱が空っぽなのが気持ちいい。
頭の中も整理ついてやるべきことが見えて来る。
そして判ったことは、
今年はいろんなことを中途半端に放置してしまったこと。
お陰でずいぶん宿題ができてしまった。
とはいえ、本日一番の収穫は
領収書関連の束を整理してたら5,000円札見っけ!
ゴミ箱のゴミ(殆ど紙くず)を丁寧にゴミ袋につめてたら図書カード1,000円発見。
ついでに1,500円の領収書もゴミ箱から見つけたけど、これはどうにも使えない。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
馬鹿は死ななきゃ治らない
おはようございます。
はぶさんも結構、からむ人なんですね。
自分が偉い人だと思い込んでいる人に世の中のことを理解させる事ほど難しい事は有りません。
こういう奴はチベットへ連れて行き、つくね工場を見学させる以外に特効薬はないね。
まあ!三角マークか何かに乗って満足してる人間と喧嘩してもつまらないよ!
馬とモンゴル URL 2008/12/26(Fri)03:03:16 編集
Re:馬鹿は死ななきゃ治らない
おはようございます。
いえいえ、からんでなんかいませんよ。
本文にあるように最後まで黙って人間観察していただけで、
色々書いてあるのは後からも含めて思っただけのことです。
医療に限らず人間相手の仕事は難しいですね。
ま、それだけ学ぶことが多くて面白いのですが。

どうやら日本の冬も今日から本気を出し始めた模様です。
気圧図の縦縞が密集しています。

【2008/12/26 08:50】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1801]  [1800]  [1799]  [1798]  [1797]  [1796]  [1795]  [1794]  [1793]  [1792]  [1791
ブログ内検索
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 収穫いろいろ Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com